初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品はどうやって決めればいい?

個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品はどうやって決めればいい?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

2017年から加入対象者が大幅に拡大した個人型確定拠出年金(iDeCo)や、企業型確定拠出年金を導入する企業の増加により、確定拠出年金に対する注目度は日ごとに高まっています。国も"貯蓄から投資へ"の流れを推し進める一環として、確定拠出年金制度改革に力を入れています。

税制面でも大きく優遇される確定拠出年金ですが、投資初心者にはハードルを感じられるかもしれません。今回は、運用商品決定のプロセスをどのように行うべきなのか詳しく説明してみます。

運用商品を決める前に目標リターンを定める

ポートフォリオの前に目標リターンを決めよう

確定拠出年金への加入者は、運用商品を決める前に目標リターンを決める必要があります。投資の成果を決めるのはポートフォリオの構成です。目標リターンが決まらなければ、ポートフォリオの構成を考えられず、運用商品選びも始まりません。

個人型・企業型の別を問わず、確定拠出年金加入の際は、目標リターンを考えることからはじめます。

目標リターンは将来受け取ることのできる年金額から逆算する

人それぞれ、将来受け取ることのできる年金額は異なります。企業年金の制度がしっかりしている場合には将来の年金受取額も多いと想定されます。しかし、フリーランスや主婦などの1号加入者は、将来受け取ることのできる年金は少ないと想定されます。目標リターンは将来の受け取り年金額から逆算することが鉄則です。

ある程度安定した収入があれば、リスクの高いポートフォリオで上値を目指してもよいかもしれませんが、そうでなければ老後資金をしっかり確保したいと言う思惑が働くでしょう。このような場合には、リスクの高いポートフォリオは避けるべきです。

基本は分散投資。債券主体の運用でも一定のリターンは得られる

分散投資でリスクヘッジ。安定した値動きには国内債券が見逃せない

確定拠出年金における基本は分散投資です。老後受け取ることになる資金ですから、リスク軽減を重視したポートフォリオがセオリーになります。

投資初心者で基準価額の下落を心配するのであれば、国内債券ファンドで脇を固めることをおすすめします。仮に、50%程度を国内債ファンドで固めたとしても、株式のウェイトを20%程度確保できれば、十分相場上昇時の恩恵を受けられます。

外貨資産でインフレヘッジ。先進国債券がおすすめ

確定拠出年金に加入するということは長期投資をすることであり、将来のリスクに対応するポートフォリオを作成する必要があります。

現時点で想定される主なリスクとしてはインフレリスクが挙げられます。インフレリスクに備えるためには、株式や外貨資産でリスクヘッジを行うことが鉄則です。

しかし、リスク資産でポートフォリオを埋め尽くしても、リスク資産をまったく持たなくてもリスクになります。あまりリスクを取りたくない方は、先進国債券なら為替での目減りを考えても一定の利回りも確保でき、比較的値動きも少ないのでおすすめです。

高いリターンを狙うなら米国株式がおすすめ

リターンを狙うなら株式投資を中心にする

将来的なインフレリスクを考えるのであれば、株式にウェイトを置いたリターンを狙うポートフォリオもおすすめです。特に世界経済を引っ張る米国株式の大部分を買い付けるNYダウやS&P500に連動するインデックスファンドは魅力的。

円安・ドル高が進めば為替差益が期待できるだけではなく、値動きの安定性が安定している点も見逃せません。

先進国債券のリターンだと物足りないと感じる場合には、米国株式も検討してみましょう。

米国市場は国際優良銘柄の宝庫

スポーツメーカーのナイキや製薬会社のファイザー、日本でもおなじみのディズニーを運営するウォルト・ディズニー。これらの銘柄は、すべてダウ平均の構成銘柄です。

その他にも、銀行業ではJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど、業界を代表する世界的企業がニューヨーク市場には上場しています。仮にダウ平均との連動を目指すインデックスファンドを購入した場合には、間接的にこれらの銘柄に投資できる訳です。

誰もが知っているこれらの企業に直接・間接に投資できる米国市場は、中長期的な株式の上昇恩恵を受けられる可能性が高いと想定されます。

まとめ

確定拠出年金のポートフォリオを考えるときには、安定運用を目標とする場合には債券メインの投資を考えるべきです。一方で、上値を狙う投資を目標とする際には、株等のウェイトを高めた投資を心がけるべきです。

いずれにせよ、投資商品を決定する際には、自身が目標とする投資リターンがよりどころになります。資産配分に迷ったら、国際分散投資を行うことが鉄則です。

投資対象資産を分散する観点から、不動産投資信託(REIT)に投資するのもよいかもしれません。あるいは、貴金属や資源等の商品(コモディティ)も選択肢になりえるかもしれません。欲を出しすぎずに、バランスのよいポートフォリオ作りを心がけましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。