初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

確定拠出年金(DC)の運用商品はどうやって決めればいい?

確定拠出年金(DC)の運用商品はどうやって決めればいい?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

税制面で大きく優遇される確定拠出年金ですが、投資初心者が取り組むにはハードルが高いと感じる部分も少なくありません。

今回は、順を追って確定拠出年金での運用商品の決定をどのように進めるべきなのかを見てみましょう。

運用商品の前に目標金額を決める

運用商品を決める前に、まずは目標金額を決めることからはじめましょう。投資のリターンを決めるのはポートフォリオであり、目標金額が決まらなければ、ポートフォリオも考えられず、運用商品も選べません。

年金収入をはじめとして安定した収入が期待できるならば、リスクの高いポートフォリオで上値を目指すのもアリですが、そうでなければ老後資金をしっかり確保したいところです。このような場合、値動きが大きくなりがちな株式主体のポートフォリオは避けるべきです。

目標リターンは将来受け取れる年金額から逆算する

基礎年金である国民年金に加えて、厚生年金や企業年金の制度が整った企業に勤めていれば、将来の年金受取額も多いと想定されます。対して、フリーランスや自営業などの第1号被保険者や配偶者に適用される第3号被保険者は、上乗せ部分がないため将来の受け取り金額は少なくなります。

目標金額を設定するときには、将来期待できる年金の受取金額から逆算して不足分を求めることが鉄則です。

基本は分散投資。債券主体の運用でも一定のリターンは得られる

資産形成を目的とする投資の基本は分散投資であり、リスク管理を重視したポートフォリオがセオリーになります。

基準価額の下落を心配するのであれば、国内債券ファンドで脇を固めましょう。仮に半分程度を国内債ファンドで固めたとしても、国内外の株式に一定のウェイトを確保していれば、値上がり局面でもある程度の恩恵を受けられます。

インフレヘッジには先進国債券

現時点で想定される主なリスクとしてはインフレリスクがあり、リスク資産でポートフォリオを埋め尽くしても、リスク資産をまったく持たなくてもリスクになります。

株式や外貨資産に投資することでリスクヘッジが期待できますが、先進国債券は為替レートでの差損を考えても一定の利回りも確保でき、比較的値動きも少ないのでおすすめです。

高いリターンを狙うなら米国株式がおすすめ

将来的なインフレリスクを考えるなら、株式にウェイトを置いたリターンを狙うポートフォリオもおすすめ。

特に、世界経済を引っ張る主要な米国企業に投資するNYダウやS&P 500に連動するインデックスファンドは、高いリターンが期待できます。先進国債券のリターンだと物足りないと感じる場合には、米国株式も検討してみましょう。

米国市場は国際優良銘柄の宝庫

仮にダウ平均に連動するインデックスファンドに投資をすれば、IT大手のアップルやマイクロソフト、世界最大の航空機メーカーのボーイングに間接的に投資することになります。

誰もが知っている世界的な企業に直接・間接に投資できる米国市場は、中長期的な値上がり期待も大きく、海外への分散投資を考える上では外せない市場と言えます。

まとめ

確定拠出年金のポートフォリオを考えるときには、安定運用を念頭に置くなら債券をメインに、上値を狙うなら米国株式を中心とする株式のウェイトを高めたポートフォリオになります。

いずれにせよ、投資商品の決定には、将来の年金額に対して不足する金額をもとめて、不足分に足りるだけの金額を運用で埋めることが基本になります。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。