初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者がチャートに慣れるにはどうすればいい?

初心者がチャートに慣れるにはどうすればいい?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

投資家にテクニカル分析の知識は必要不可欠。特に時価総額が小さい新興市場は、テクニカルで買われたときのインパクトも大きいことから、ファンダメンタルズ分析を上回る値動きを見せる銘柄も存在します。

一方で、テクニカル分析は覚えることが多いことも事実。何から手をつけてよいか分からない方も多いのではないでしょうか。今回は、初心者がチャートになれるためのポイントを見てみましょう。

チャートの基本はローソク足

チャートの基本はローソク足であり、ローソク足の仕組みを知らずしてテクニカル分析を行うことはできません。最初にローソク足の形状を確認しましょう。

ローソク足の形状

真ん中にある赤塗りや青塗りの四角い部分は本体と言います。赤塗りの場合は底辺が始値で、上の辺は終値を表し、青塗りの場合はその反対となります。底辺が終値で、上の辺が始値になります。

また、ローソク足ではヒゲも重要な意味合いも持ちます。上に伸びる線を上ヒゲ、下に伸びる線をした下ヒゲと呼びます。それぞれ長い程、売買の圧力が強かったことを表し、短ければ売買の圧力が弱かったと言えます。このように、ヒゲからトレンドの強弱を読み取ることもできるのです。

事実の集合体と言えるローソク足

ローソク足で期間中の始値、終値、高値、安値の四本値を確認できることは上述した通りです。つまり、ローソク足は事実の集合体となり、ローソク足を見るだけでその日の投資家心理まで垣間見ることができます。

例えば、上ヒゲを引いた場合は取引時間中に買いが集まったものの、その後高値警戒感からはね返された状況を示唆します。上ヒゲ一本だけでもこれだけの情報が集約されているのです。ローソク足はテクニカル分析の基礎であり、チャートを知る上で最も重要と言えるのです。

移動平均線との組み合わせで、信頼度を高める

ローソク足はそれ単体でも一定の効力を発揮しますが、移動平均線と組み合わせることで、より正確性の高いテクニカル指標に変化します。

移動平均線は上昇トレンドでタッチしたらリバウンドするライン(サポートライン)、下落局面では上抜けを阻止する抵抗線(レジスタンスライン)として機能します。この二点は基礎知識なので必ず覚えるようにしてください。

ローソク足の位置処がポイント

移動平均線と、ローソク足の組み合わせにおいてはローソク足の位置処がポイントです。

移動平均線とローソク足

短期線の下にローソク足が来た場合には、下落トレンドの入り口になることが多いと言えます。一方で、短期線の上にローソク足が出現するケースは上昇トレンドの入り口になるケースが多いと言えます。

サポートライン・レジスタンスラインを抜けるには、かなりのエネルギーが必要となるので、それぞれのラインを抜けたタイミングが転換点のポイントとなります。俗に言う、ゴールデンクロスやデッドクロスもこのタイミングで出現しやすいと言われています。ローソク足の位置や、転換点の出現ポイントは非常に重要と言えるのです。

チャートに慣れるのはケーススタディーが一番。とにかく量を見る

テクニカル分析には、最初は教科書通りの形になったとしても、逆方向に相場が進む「ダマし」も多く存在します。ダマしに引っかからないためには、とにかく実際のチャートを見て慣れるしかありません。

証券会社のネット口座を利用している人なら、スクリーニングをしてみるのも良いでしょう。ゴールデンクロス・デッドクロス達成銘柄などは、簡単にスクリーニングが可能です。とにかく数をこなし傾向をつかむことがポイントです。

チャートの形状だけで安易に判断しない

テクニカル分析のコツは、チャートの形状だけで安易に判断しないことです。上述したように、ダマしに引っかかることも多々あるので、必ずマーケット環境や出来高などを確認するようにしましょう。

セオリー通りにもうけようと人がいれば、逆張りで利益を上げようとする人がいることも事実。商いの状況を確認しないと、痛手をこうむることも多々あります。特に初心者であれば、飛びつき売買するケースも多いでしょう。チャートによっては見極めに数日間掛けるのも一つの手です。判断を早まらないように気を付けましょう。

まとめ

初心者がチャートに慣れるには、とにかく数をこなすことが鉄則。たくさんチャートを見て、過去の経験則から学ぶことが欠かせません。

また、テクニカル分析にはダマしも多いので、ローソク足を学ぶことが重要です。さまざまな形のローソク足を学び、投資家心理を踏まえて予想することが、テクニカル分析の経験値として生きてくるのです。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。