初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ハイリスク・ハイリターンな「信用取引」の基本

ハイリスク・ハイリターンな「信用取引」の基本

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

資金力に余裕がない人が手早く資産を作るためには、リスクを取ってレバレッジをかけた「信用取引」一つの選択肢となります。しかし、やみくもに信用取引をすると大きな損失を生む原因にもなりかねません。

今回は、信用取引をはじめるにあたって、押さえておきたい基礎知識を見てましょう。

預け入れ資産を担保に資金や株式を借りてする取引

投資家は証券会社に委託証拠金を預けて、それを元手に資金や株式を借ります。直接現金で預け入れないなら、現物取引で保有している株式や債券の額面の一定額までを委託証拠金として扱うこともできます。

証券会社を問わず、委託証拠金率は30%に設定されていて、大まかに自己資金の3倍程度までの金額を投資出来ると言う認識で問題ないでしょう。

上昇局面では信用買い、下落局面では空売り

信用買いは現物の買いと取引時のイメージは大きく変わりません。具体的には、証券会社から資金を借り受け、それを元手に株式の買い注文を発注します。上昇すれば利益部分を得られますが、損失が発生すると、資金の返却と買値との差額が生じます。

信用取引の最大の特徴は、下落局面でも収益が期待できる点にあります。証券会社から株を借りてその株をいったん売り、安くなってから買い戻すことで、はじめに売った値段と、買い戻したときの差額が利益になります。このような取引を「空売り」といいます。

損失が拡大すると追証のリスク

信用取引で発生した損失や、担保として預けた株式や債券の価値が値下がりしたときに発生するのが「追加証拠金(追証)」です。保証金率が最低維持率を下回ると、定められた追証を速やかに差し入れる必要があります。

信用取引には、手数料以外にも追証をはじめとするさまざまなコストが発生します。

手数料以外のコストは「金利」と「貸株料」が代表的

信用取引では、手数料よりもむしろ金利と貸株料が重要です。基本的に手数料は現物取引に比べて安く、証券各社で差が出るのは、買い方金利と売り方の「貸株料」です。

例えば、A社株を購入し500万円のポジションを作ったときに金利が2.5%だとすると、12万5,000円のコスト負担が強いられます。金利と貸株料は日々加算されるので、保有期間が長いほどコストがかさむことになります。

信用口座開設に際して、コスト面の確認は必須作業なのです。

現引きと現渡しで決済する方法もある

本来であれば信用買い注文は、株式売却後に借りた資金を返却する必要がありますが、資金を返却しないで済む決済手段として「現引き」と「現渡し」があります。

「現引き」では証券会社に当初買い付け代金を別途支払うことで、自身の保有資産として組み込む決済方法です。これに対して「現渡し」は、信用取引で売り建てた銘柄を、すでに保有していた同銘柄と入れ替える取引です。

現引き・現渡しは株価が予想に反したときに効果的

信用取引には「制度信用」と「一般信用」があります。

制度信用における反対売買期限は6ヶ月であり、信用買いで株価がうまく上昇しなければ、それだけ損失もコストも膨らみます。このようなときは現引き・現渡しでその株式を買い取ることで、金利支払いなしにその銘柄を保有することで、損失をコントロールできます。

まとめ

信用取引は比較的難易度の高い投資手法です。大きなリターンが期待できる分、リスクも小さくないのが信用取引です。信用取引をはじめるのであれば、基礎知識を頭に入れてからはじめるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。