初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者におすすめの高配当で割安な銘柄とは?

投資初心者におすすめの高配当で割安な銘柄とは?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

投資によって得られる利益は配当収入(インカム・ゲイン)と値上がり益(キャピタルゲイン)に分けられます。投資ではどちらかに力点を置く必要がありますが、キャピタルゲインを狙う投資は簡単ではありません。安定した利益を狙うのであれば、インカム・ゲインに重きを置いた株式取引が基本となります。

今回は、投資初心者でも安定した利益が期待できるおすすめの高配当銘柄と割安銘柄の魅力について説明したいと思います。

高配当銘柄は株価下落時の損失をカバーする働きがある

投資初心者が高配当銘柄に投資すべき理由はいくつかありますが、高配当銘柄は配当金により株価下落時の損失のカバーが期待できるからです。また、値動きを振り返ると、ここ最近は主要株式指数の値動きをアウトパフォームする傾向にあります。

配当で安定してキャッシュを獲得できて、株価も比較的安定していることから、投資初心者は積極的に高配当銘柄を中心に投資するべきと言えます。

割安銘柄への投資も損失を軽減しやすい

また、割安銘柄への投資も、比較的リスクの少ない投資です。割安株はその特性上、あまり売買されずに安値圏で放置されていることが珍しくないため、株価の下押しリスクが少ないのです。

割安であることは、現時点ではそれほど買われていないことを意味しますから、大きな値動きがないことが想定されます。しかし、安値圏で放置されている以上、ポジティブな材料が発表されれば急ピッチの上昇が期待できます。割安株投資は下値リスクを抑えながら大きな値上がり益が期待できる、初心者向けの投資手法です。

高配当銘柄への投資では海外市場にも目を向ける

高配当銘柄投資では、海外市場にも目を向けましょう。例えば、オーストラリアの主力銀行や通信株の配当利回りは、5%を超えるケースも決して少なくありません。それは米国市場も同様です。自動車業界の雄であるフォード・モーターや大手通信会社のAT&Tの配当利回りはここ最近は5%超える水準で推移しています。

積極的に海外市場に目を向けることで、より高配当の銘柄を買い付けることができるのです。

米国上場の国際優良銘柄に投資する

米国市場には数々の国際優良銘柄が上場しています。世界最大の新興市場であるNASDAQ(ナスダック)に注目すれば、GAFAに代表される大手IT企業4社をはじめとする有力IT企業がひしめき、ニューヨーク証券取引所(NYSE)にはダウ平均に代表される世界規模のメーカーやブランドが多数上場しています。これらの銘柄は、私たちにもなじみのある銘柄がほとんどでしょう。

たとえ国内の高配当銘柄であっても、私たちになじみのない銘柄であれば買うことをちゅうちょするでしょう。そのような場合にはむしろ、米国市場の国際優良銘柄を仕込むべきです。株価の安定性、業績の安定性を考えても米国上場の優良株に投資しない理由はないでしょう。

不動産投資信託(REIT)市場にも目を向ける

国内銘柄への投資でそれなりの配当収入を確保するには、不動産投資信託(REIT)への投資が必要不可欠と言えるでしょう。

REITには不動産特有の値動きの荒さはあるものの、5%程度の利回りを期待できます。また、日本銀行(日銀)の大規模金融緩和の一環で日銀自身がREITの買い手になっていることから、現時点では大幅な値崩れは想定しにくいでしょう。

高配当銘柄への投資の一環として考えるなら、REITもおすすめの高配当銘柄の一つと言えます。

REIT市場はいまだに割安水準

割安かつ高配当なREITですが、今が買いかもしれません。REITのバリュエーションを計る指数である純資産倍率(NAV)は、過去の水準から見ても割安水準。REITが割安に放置されているときは、海外勢が買い上がってくるケースも珍しくありません。

つまり、REITは高配当かつ割安に放置されている絶好のタイミング。インカムのみならずキャピタルも狙える可能性があるのです。

まとめ

高配当かつ割安な銘柄は、見つけ出すのが困難であり、高配当銘柄と割安銘柄は切り離して考える必要があります。

両方を満たす銘柄をあげるならば、REITは無視できない選択肢と言えます。安定した配当収入を期待するのであれば、REITへの投資も考えることが賢明です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。