初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式投資で成功するための「投資メンタル」を育てよう

株式投資で成功するための「投資メンタル」を育てよう

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資を続けるために必要なものは、資金や知識など、さまざまなものがあげられます。株式投資を成功させるためには、「投資メンタル」を身につけることが欠かせません。

今回は、株式投資で成功するために欠かせない「投資メンタル」とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

市場に居続けるために不可欠な「投資メンタル」」

株式投資では市場の動向によって、大きな利益を出すだけではなく、損失を被ることもあります。いくつかある投資メンタルの中でも重視したいのが、「引きずらないこと」です。

損失を出した気持ちを引きずったまま新しい投資に向かえば、その投資が失敗する可能性は大きく高まります。引きずる時間が長くなるほど、新しいチャンスを逃してしまうかもしれません。

予想以上に利益が出たときも注意

大きく利益が出た時も、その気分を引きずるのはNG。気持ちが大きくなると、リスクを取り過ぎた投資に踏み外す危険が生じます。予想以上の利益が出ても一時的なことと考えて、次回の投資からは十分な分析のあとに投資をすることを心がけましょう。

株式投資を必要以上に怖がる必要はない

株式投資をしていることを話すと、ネガティブなことを言われた経験がある人は少なくないと思います。ここでどのような判断をするかが、「やっぱり株式投資はやめておこう」となるか、「資産運用の素晴らしい方法だと思うからやってみよう」となるかで今後が決まってきます。

必要以上に投資を怖がることは、投資を続けるための投資メンタルが備わっていない証拠です。必要な投資メンタルを身につけて怖がることなく投資できるようになりましょう。

現物取引では投資資金以上の損失はない

「投資に失敗して借金をして破産した話」をする人は少なくありませんが、リスク管理さえしっかりしていれば、巷で言われるほどの危険はありません。「買いは家まで売りは命まで」という投資格言があるように、現物取引では投資資金を超える損失が発生することはありません。

投資をはじめるときには、自分の資産状況を把握した上で、リスクの範囲内での投資が必要です。

投資メンタルを身につけるためには何がいる?

投資メンタルを身につけて鍛えるためには、投資の勉強をした上で、実際に投資するのがもっとも早道です。

株価が動く理由を分かるようになるためには、株式市場の仕組みや企業業績の見方を知る必要がありますが、投資の勉強をすることで株価の動きの予想も立てやすくなるのです。

投資メンタルを鍛えて無理のない投資を心がけよう

投資メンタルを鍛えるには、実際に投資をすることが一番です。自分の資金や時間と相談したうえで、余裕資金で投資をはじめてみましょう。

投資をはじめたら投資資金や投資に費やす時間を少しずつ増やしていくことで、投資メンタルの育成にもつながります。

まとめ

投資メンタルは一朝一夕に身に付くものではありません。焦らずに勉強や投資を続けることが、投資メンタルの育成には欠かせないのです。

時間をかけて資産と投資メンタルを育成することを念頭に、腰を据えて投資に取り組んでください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。