初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株で成功するための精神力「投資メンタル」を育てよう

株で成功するための精神力「投資メンタル」を育てよう

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

長い間に渡って株への投資を続けていくために必要なものとは何だと思いますか?資金や市場の勉強など、色々思いつくことがあると思いますが、その中にぜひ、メンタル(精神)面のことも入れておいてください。株式投資で成功するためには「投資メンタル」を身に着けることが必要なのです。

今回は、株で成功するために欠かせない「投資メンタル」とは具体的にどのようなものなのか、その大まかなポイントを見ていきましょう。

投資に必要なメンタルとは?

投資メンタルでもっとも重要と考えられているのが、「引きずらない」ことです。株式投資では大きな利益を上げることも期待できますが、反対に損失を出す場合もあります。

株式市場は日々変化しています。損をしたときの気持ちを引きずって新しい投資に向かえば、今後の投資が上手くいかなくなる可能性があります。落ち込んでいる時間が長ければ、新しい投資のチャンスを逃してしまうかもしれません。

また、利益が出たとしても「思ったよりも利益が少なかった」と感じる時は気を付けてください。「もっと後に売っていれば、利益がさらに上がったのに」と引きずると、売るタイミングをつかむことが難しくなります。

予想以上に利益が出たときも注意

大きく利益が出た時も、その気分をずっと引きずってしまうのは禁物です。絶対に儲けが出るはずだという気持ちが大きくなってしまうと、企業の業績や市場の状況を考えずに「ギャンブル」のように投資してしまうことにつながります。予想以上に利益が出たとしても一時のことかもしれません。

新たな企業や業界に投資するときには、その企業や業界に関する分析を十分にしてから投資をするようにしましょう。

株式投資を必要以上に怖がる必要はない

周囲に株式投資をしていることを話すと、「株は損をするようにできている」「株はギャンブルだ」と言われた経験がある人は少なくないと思います。ここで、「やっぱり株式投資はやめておこう」となるか、「資産運用の素晴らしい方法だと思うからやってみよう」となるかで今後が決まってきます。

株価の上昇・下落には必ず理由があります。株式投資を必要以上に怖がるということは投資メンタルが備わっていない証拠です。投資に必要なメンタルを身につけて怖がることなく投資できるようになりましょう。

現物取引では投資した資金以上の損失はない

「投資に失敗して借金した知り合いがいるから怖い」という話をしてくる人がいます。しかし、この点に関しての心配は不要です。

自己資金以上の投資ができる信用取引ならともかく、現物株取引では投資金額以上の損失が出ることはありません。

イメージだけで「借金するほどの大損をする」と考えるのは非常にもったいないことです。きちんと自分の資産状況を把握し、できる範囲から投資をはじめていきましょう。

投資に必要なメンタルを身につけるにはどうすればいい?

投資に必要なメンタルですが、身につける方法、そして鍛える方法はあるのでしょうか。

まずはじめるべきが「投資の勉強」です。株価が動く理由を分かるようになるためには、株式市場の仕組みや企業業績の見方を知る必要があります。投資の勉強を続けていけば、株価の動きの予想も立てやすくなり、むやみに恐れることはなくなります。

また、国内外の政治・経済ニュースをチェックする習慣をつけるのも効果的です。いくら投資の知識があっても、最新の情報を知らなければ生かすことはできません。時流を読めるようになるためにもニュースを見ておく方がいいでしょう。

無理のない投資を心がけて、投資メンタルを鍛えよう

実際に投資をはじめると「もっと資金を投入して株式を買おう」「もっと頻繁に売買したら利益が出そう」と欲をかく場面があるかもしれませんが、無理は禁物です。

いきなり大きな金額の投資をはじめても失敗する可能性が高く、投資を諦める原因にもなりかねません。自分の資金や時間と相談して、余裕のある金額で取引をはじめるようにしましょう。少しずつ投資資金や投資の時間を増やしていくことで投資メンタルも育てることができるはずです。

まとめ

投資メンタルは一朝一夕に身に付くものではありません。ある程度時間をかけて作られていくものです。現在の自分が「投資に向いていない」と感じても、焦らずに勉強や実践を続けていくと良いのです。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。