初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

誰でもなれる?専業投資家に必要な資金や資質とは

誰でもなれる?専業投資家に必要な資金や資質とは

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★★☆

会社員や自営業、主婦など、株式投資をしている人の職業は実にさまざま。投資家の中には、投資それ自体を仕事にしている「専業投資家(専業トレーダー)」という人がいます。

この専業トレーダーは、どのような取引をしているのでしょうか。今回は、専業投資家がどのようなものかを見てみましょう。

専業投資家とはどんな人たち?

専業投資家とは、他に仕事せずに投資から得る収益で生計を立てている人の総称です。

投資だけで生計を立てていると聞くと生活スタイルをイメージしにくいものの、その生活スタイルは投資雑誌や投資家本人が開設しているブログなどでその一端をうかがい知ることができます。

専業投資家のライフスタイルはどうなっている?

一口に専業投資家と言っても、投資家によって投資スタイルが大きく違うので一概には言えませんが、売買だけではなく情報収集や一日の収支を確認する時間も必要となるので、比較的規則正しい生活を送っている人が多いようです。

大まかな傾向として、朝一で経済ニュースを確認して株価に影響しそうな材料が出ていないかをチェックして、市場が開いたら株価を見ながら必要に応じて売買、夕方にその日の収支を確認する生活スタイルが多いようです。

専業投資家になるときの心構えとは?

専業投資家を目指すならば、最低限日常生活の維持に必要な資金がどのくらいかの把握が必要です。その中でも重要なのが、税金と社会保障費です。この2つは会社員であれば給与から天引きされているので意識する機会が少ないものの、専業投資家は投資で得た収益の中から支払う必要があります。

利益が全く出ない状態が続くと、生活が立ち行かなくなるリスクがあります。うまくいかないときのリスクヘッジの手段については考えておきましょう。

専業投資家になるために必要な資金は?

投資スタイルやスケール感によって変わりますが、専業投資家としての必要資金は大まかに求めることができます。キャピタルゲインを狙う投資をメインにするなら数千万円程度、インカムゲインを狙う投資なら数億円程度の投資資金が必要になります。

これとは別に、ある程度の資金を生活資金として確保しておく必要があります。生活資金として必要な金額は生活習慣によって違いがありますが、目安として数か月から半年程度の生活費を用意しておくとよいとされています。

専業投資家に向いているのはこんな人

投資資金が十分にあるかとは別に、性格的に向いている・向いていないという点でも注意が必要です。専業投資家に向いている人としては、自己管理ができる人や目先の結果に一喜一憂しない人、切り替えが早い人が向いています。

また、取引で損失を出したときには、その過程や結果を振りかえって何が悪かったのかや今後どうするかを振りかえり、次回以降の投資に生かすことが欠かせません。

辞め時を決めてから取引をはじめよう

専業投資家になったとしても、市況が変わって自分の投資方法が通用しなくなれば止め時です。手元資金が減って生活を圧迫するようになれば、焦りからリスクを取りすぎた取引に手を出してしまうと、取り返しのつかない失敗するリスクも大きくなります。

一度退場しても、資金の余裕や市況を踏まえて再度チャレンジしてみれば良いと捉えて、いさぎよく一時撤退する勇気も必要です。

まとめ

専業投資家という職業はとても魅力的に映りますが、専業投資家ならではのハードルが存在することもまた確かです。

専業投資家を目指すのであれば、専業投資家のリスクを把握した上で目指すようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。