初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者から玄人まで!覚えておきたい株式投資でやってはいけないこと

初心者から玄人まで!覚えておきたい株式投資でやってはいけないこと

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資をはじめたはよいものの、なかなか結果が出ない。そんな方も多いのではないでしょうか。損をし続ける人には必ず共通点があります。個々の金融リテラシーの差は、一部のスーパートレーダーを除いてそれほどなく、損失の原因は、以外と些細なところにあることがほとんどです。

今回は、初心者から玄人まで、投資をするときに気を付けたいポイントを見てみましょう。

手持ち資金を超えた投資はしない。予算オーバーは避ける

身の丈にあった投資が基本

カードローンやキャッシングを利用してまで投資に走る人がいますが、これは決して得策とは言えません。当たり前ですが、自身の資産額を超えた投資は避けるべきです。

元手を多くして取引をはじめれば、大きなリターンが期待できますが、あくまで期待の話。リターンと同程度にリスクにさらされるため、マーケットが下落トレンドに入ると、下落分と借り入れという2つの損失を背負うので損失も2倍になり、借金を背負う原因にもなるのです。

無理のない範囲で投資。生活資金を投入しない

投資の鉄則は無理をしないことに尽きます。生活資金まで株式投資に回すような投資はせず、あくまで無理ない範囲にとどめることが肝心です。自身の精神衛生を保てる範囲の資金で投資を行いましょう。

偉人に学ぶ禁止事項。事業を理解出来ない企業は買わない

投資対象は自分が理解できる企業に限る

だれもが知っている炭酸飲料ブランドの「コカ・コーラ」やサンフランシスコに本拠を置くスーパーリージョナルバンク(大規模銀行)の「ウェルズ・ファーゴ」、コンピューター関連の「IBM」。これらの企業群の事業は、だれでも簡単に理解出来る企業群と言えるでしょう。投資でリスクを避けるためには、自身が理解できない事業を展開している企業を投資対象としないことが欠かせません。

有能なトップがいない企業には投資しない

企業の業績は、経営者の手腕に左右される部分も非常に大きく、有能な経営者がいなければその企業に投資しないのも、投資を続けるための重要なルールの1つです。

著名な投資家であるウォーレン・バフェットは、事業内容が理解できず、有能なトップがいない企業には決して投資をしないと言われています。われわれもこの姿勢を見習い、安定経営を続ける有能な経営者がいる企業に投資する必要があります。

短期で欲を出しすぎない。中長期で腰を据えた投資を

短期で大きな収益は狙いにくい

短期間で利益を出すためにはそれなりの元手も必要となるため、個人投資家にはデイトレードは難しく、短期利食いを目指すのはあまり賢いとは言えません。年金や退職金のようなまとまった資金を一括して短期投資するのはNG。

投資の王道は長期分散投資と理解して、今後の成長が期待できる銘柄に対して、中長期的な目線に立ってじっくりと投資するべきだと言えるでしょう。

短期取引は仕手筋の餌食になる可能性

シャープ株や東芝株の値動きを振り返ると、大型株が仕手株化すると、必ずと言っていいほど短期筋の資金が流入してきます。この手の資金が大きく流入したときに勝ちきるのは、玄人でも至難の業です。

仕手株になると、個別材料よりも短期筋の資金フローに左右されるケースが多いため、真っ当な分析をしても通用しないケースがほとんど。好材料が出ても下落するケースもあれば、悪材料が出たのに上昇するケースも珍しくありません。短期筋主体のマーケットで勝負することは、リスクばかりが大きくリターンは限りなく小さいと心得て、できるだけ避けましょう。

ロスカットにはちゅうちょしない。早めの損切りが鉄則

ロスカットにはちゅうちょしない

株式投資は決して好調なときばかりではありません。下落局面に直面して含み損を抱えたときの対処法も、非常に重要です。投資初心者には難しいかもしれませんが、時には「ロスカット」も重要です。取引前にあらかじめロスカットをする価格を決め、その価格を下回ったら、ためらいなく損切りをすることで、損失を最小限に抑える必要があります。

塩漬けになるくらいなら損切りが得策

「三割高下に向かえ」「売れば二上がり、買いや三下がり、切ってしまえば本調子」…。株価の動きをあらわす相場格言は数知れません。

相場は生ものであり、旬が過ぎると資金流入がストップしてしまい、その株式に投じている資金は死に金となってしまいます。塩漬け銘柄を持つくらいなら、さっさと損切りして次の取引に振り向けることで、より早く回復に向かうことができます。

おわりに

基本的に、自身が不安になるような投資は避けるべきです。メンタルが安定しないと、投資判断に狂いが生じます。投資における落とし穴は、金融リテラシー以外の部分に起因することが非常に多いのです。客観的に見れば危険だと分かることも、利害が絡むと自制心が働かなくなるケースもあります。

投資の結果はメンタルヘルスが物を言うケースがほとんどです。相場観を学ぶ前に、心理学を学んでも良いくらいです。落ちついた気分で投資にのぞむことで、正しい投資判断をできるようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。