初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

IPO株を買うならロックアップ期間に注目しよう

IPO株を買うならロックアップ期間に注目しよう

株の知識レベル:★★★☆☆

IPOの投資においてロックアップを確認することは非常に重要です。ロックアップを知ることで、その銘柄における需給の締まり具合を確認することができるのです。株価は需給により決定されますから、上場後の値動きはロックアップ状況に左右されると言っても過言ではありません。IPOにおける基礎知識、ロックアップを確認していきましょう。

ロックアップとは大株主の売却制限制度

ロックアップとは、会社役員や大株主、さらにはベンチャーキャピタルなど、資金のだし手(大株主)の売却制限制度のことを言います。これらの株主が、IPO銘柄上場後に一定期間株を売却できない時期をもうける制度を言います。基本的には、180日程度の売却禁止期間が設定されるのが通例です。IPO間もない銘柄は、株の流通量が少ないため、大株主に売りを浴びせられると、大幅な株価下落につながる恐れがあるのです。このようなリスクを避けるためにも、個人投資家はロックアップの状況を確認することが重要と言えます。

ロックアップの状況は目論見書で確認

IPO銘柄への投資をするときに、必ず確認しなければならないのが目論見書です。投資信託を購入されたことがある方はご存じだと思いますが、購入前に目論見書を確認しますよね。IPO銘柄への投資でも同様の作業が必要になります。ロックアップ期間も目論見書で確認することができますので、覚えておいてください。

物の価格は需給で決まる。それは株価も同様

物の価格は需給で決まる。それは株価も同様

基本的に物の価格は需給で決まります。それは、株価も同様です。需要が多い状況とは、買いたい人が多い状況であり、物の価値にプレミアムがついている状態です。もちろん、物の価格は上がります。一方で、供給が多い状況はいかがでしょう。こちらは売れ残りですよね。仮に、八百屋さんだとすればたたき売りの状況です。買いたい人が居ない訳ですから、価格を下げるしかありません。これは株価も同様です。売り圧力に対して買い圧力が強ければ、株価は上昇の一途をたどります。よって、もうかるIPOを判断するときにも需給確認が必須と言えるのです。ひいては、ロックアップの状況を確認することが重要と言えるのです。

ロックアップで需給面の締まり具合を確認

ロックアップとは、大株主の持ち株売却制限であり、ロックアップがしっかり掛かっていれば、需給が締まっている証拠と言えるのです。売り圧力が少ない状況とも言えますね。基本的に、IPOにおける人気銘柄は圧倒的需要過多。売りたい人はいないけれど、買いたい人はあふれんばかりに居る状況を指します。逆に人気のない銘柄は、買いたい人が少なく売り圧力に押され気味の状態です。しっかりロックアップが掛かっていないIPO銘柄は、大きな売り圧力を内包していることを示唆します。需給を確認する観点からも、ロックアップを確認することが重要なのです。

IPOは時価総額が小さめの銘柄の方が上昇しやすい

もう少し、IPO銘柄の需給面について確認して行きましょう。結論から言うと、時価総額が小さいIPOの方が上昇しやすいと言えます。こちらも理由は需給にあります。時価総額が50億円と100億円の会社では、どちらが上昇しやすいでしょうか。基本的には、50億円の会社の方が上昇しやすいと言えます。なぜなら、株価上昇に要する買い圧力が少なくて済むからです。最近の動向を見ると、新興市場の上場銘柄、かつ、時価総額が30億円程度のIPOであれば、相当な確率で大幅上昇を記録しています。注目テーマの新規上場であれば、ほぼ確実に初値上昇を記録しています。こちらも参考にしてみるといいでしょう。

多少時価総額が大きくても、ロックアップ次第ではエントリー可

上述したように、時価総額の小さい銘柄はプラチナチケット化し、なかなか当選しにくいことも事実です。基本的に、IPOにおける配分株数は、時価総額が大きければ大きいほど増える傾向にあります。その分、希少価値が下がり、上昇幅が狭まることも想定されます。比較的規模の大きいIPOにエントリーするときに指標となるのがロックアップ状況です。しっかりロックアップが掛かっていれば、売り圧力が少ない状況を示唆します。よって、多少時価総額が大きくても、ロックアップが掛かっていればエントリー可能。需給面の締まりを確認した上で投資判断をするようにしてください。

まとめ

IPO投資に限らず、初心者が覚えるべきことは、株価は需給により決定されると言うことです。上場後の株価上昇は、需給の締まり具合によって決定されます。その需給面の判断ツールとしてロックアップを知る必要があるのです。時価総額の小さい銘柄では、当選の確率も低くなります。そう考えると、比較的時価総額の大きい銘柄で、いかに効率よく利益を獲得するかが重要な戦略になってきます。ロックアップを知り、取りこぼしのないように投資判断を行いましょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。