初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

株を買う方法「買い注文」のやり方とは?

初めての株取引:買い注文の出し方

株の知識レベル:★★☆☆☆

今回は株式の「買い注文」の出し方と、出し方ごとによるメリット・デメリットおよび使い方をご紹介いたします。
注文方法の違いや仕組みを理解していないと「予想していた買値と大きくずれている!」といったトラブルも発生し、運用パフォーマンスに影響がでてきます。

そういったトラブルに巻き込まれてしまわないよう、買い注文の手法をしっかりとマスターしましょう!

買い注文の基本は「成行注文」と「指値注文」

買い注文の基本は「成行注文」と「指値注文」

株式投資において一般的な注文方式は「成行注文」「指値注文」の2種類です。

まず「成行注文」ですが、これは「今出ている価格(市場売買価格)で指定株数、即座に購入します!」という注文です。

後程ご紹介する「指値注文」とは違い価格の指定を行うことなく、「これだ!」と思った瞬間に購入するため、東京証券取引所一部上場の銘柄のように「一定数売買され続けている株式」であればほぼ確実に購入することができます。

次に「指値注文」ですが、こちらは指定の株式銘柄が「○○円になったら買います」という注文方式で、「今は高いけれど、100円ぐらい下がったら買おうかな。」という方に使われます。
メリットとしては「成行注文」のように「とりあえず買う!」という方式ではないため「自分の指定した価格で約定する」ということですが、その反面注文を入れた価格まで株価が落ちなければ株式を買うことができず、注文が無駄になってしまうということがあります。

「成約率重視」か「取得価格重視」かで決める

買いにおける注文の入れ方として、何が何でもこの株を買いたい!という「成約率」重視ならば成行、逆にこの価格でないと買っても意味がない、という場合は「指値」注文を使います。
利ザヤが大きい取引ならば多少取得価格がずれても問題ないため成行注文を使いますが、逆にそうでない場合は指値を使います。

あくまで個人個人の好みではありますが、この程度の解釈をしておけば基本的な買い注文は問題ありません。

特殊注文5種を知って取引をさらに有利にしよう

特殊注文5種を知って取引をさらに有利にしよう

基本的な買い注文は「成行」「指値」注文ですが、これら2種類以外にも「特殊注文」と呼ばれる5種類の注文方式が提供されています。

まず「寄指値注文」「寄成注文」ですが、これは午前・午後の株式市場(前場・後場)が開くタイミング(これを「寄付き」と呼びます)に有効な注文です。
この寄付き時に指定した価格で株式を注文、もしくはマーケットが開いた瞬間の取引開始価格で「成行買い」を行うのがこの注文方式です。
使われ方としては市場が開いていない間にニュースなどが発表され、「取引開始とともにこの株が欲しい!」といった場合に使われる注文です。

次に「引成注文」「引指注文」ですが、これは前場・後場のマーケットが閉まる瞬間の価格(引け値)で株式を売買する手法です。
買い注文においての使われ方は「今夜保有して、明日動いていればうれしいな」といった取引を行う場合に多用され、株式市場が「明日も上昇する」と考えるときに利用します。

最後に「不成注文」ですが、これはマーケットが閉まる引け値公開までは「指値注文」として扱われますが、引け値までにその取引が成立しなかった場合「成行」で注文されるという方式です。
「本日中にこの価格まで一時的に下がったら買いたい!(できれば安く買いたい。)でももし下がらなくても、明日はさらに上がる可能性があるからとりあえず保有しておきたい!」といったときに使われる注文です。

基本は「成行」「指値」と変わらない

基本的にこれら5種の特殊注文は「指値」「成行」に売買条件が付いているだけですが、これらをうまく活用できれば投資活動に幅を持たせることができるので、覚えておいて損はない手法です。
初心者から中級者から中級者にランクアップしたい時に知っていると便利なので、とりあえず「こんな注文方法もある」程度に記憶しておきましょう!

買いにおける注文方式ごとのメリット・デメリットと使い方

買いにおける注文方式ごとのメリット・デメリットと使い方

株式売買を始めたばかりの場合、基本的には「成行注文」「指値注文」のみで株式売買を行う方が多いです。
また、5種類の特殊注文についても「成行」「指値」にそれぞれ特殊な条件が付いただけでシステムとしてかわらないため、買いにおけるこれらの違いを理解すればかなり応用が利きます。
そのため最初の項目でも軽くふれましたが、具体的なメリット・デメリットおよび、使われ方をご紹介します。

まず「成行注文」ですが、先ほども少しふれたように「市場で売買されている銘柄なら即座に買うことができる」というのがメリットです。
反面、言い換えれば「どんな価格でも買います!」という注文なので、値動きが激しい銘柄で成行注文を行ったり、タイミングが悪く価格が動いた瞬間に成行をいれたりしてしまうと「想定外の価格で購入してしまった!」という事態につながってしまうことがあります。

買いにおいての成行の使われ方としては「銘柄の財務分析が終わっており、かなり割安な水準なので買う」「明日・明後日ぐらいには上がると思うから、とりあえず買う」といった「売却目標価格」がある程度決まっているタイミングに良く使われます。

そのため、「今100円で102円になったら売る」といったデイトレードなどではなく、上昇率5%以上を目指すといった値幅の大きい取引で活用されます。

指値注文の場合、狙った価格になれば買うという形式上、「必ずしも全銘柄が買えない」というデメリットがあります。

逆に言えば「注文が成約すれば予定していた計算通りの価格で購入できる」ということでもあり、「この水準で購入しておけば損はないだろう」という売買においてよく使われます。また「現在の株価は割高であるが、○○円になったら買ってもよい」といった場合にも指値で注文を入れておき、指定価格になるまで放置するといった使われ方もします。

そのため、ある程度「購入したい価格」が決まっている方や、「予定した価格でしか買いたくない」といった方に好まれる注文で、「現在価格が100円の株で、今買っても良いと考えている方」でも「成行」ではなく「100円の指値注文」を入れるという方もいらっしゃいます。

こうすることで万が一価格が急に変化しても「予定通りの価格」で購入できますし、何事もなければ「成行」と同じように即座に注文決済がされるため、注文価格をオーダーするという手間だけで「大きな値ズレ」を防げます。

トラブルを防ぐにはすべて指値を使おう!

いろいろとメリット・デメリットをあげましたが、「購入希望価格と成約が違う!」といったトラブルを防ぎたい方は「指値」注文を使うようにすればトラブルは起きません。

仮に現在価格が100円の銘柄に対して100円で注文をいれれば、価格が急変しない限り購入が可能ですので、成行注文とほぼ変わらない取引ができます。株式売買を始めたばかりの方は、とりあえず「指値」でやってみることをお勧めいたします。
株式には様々なトラブルがつきものなので慎重に取引をしましょう。

まとめ

株式投資の買いの基本は「成行」と「指値」の2種類ですが、これは買いだけでなく売り注文においても同じです。
これらを正しく理解し活用することで運用に対する手間やパフォーマンスが大きく変わってきますので、しっかりと押さえるようにしましょう。

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket