初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
株の買い方とは?初心者にもわかりやすい「買い注文」の解説

株の買い方とは?初心者にもわかりやすい「買い注文」の解説

株の教科書.com編集部
記事の難易度:★★☆☆☆

株の注文方法の違いや仕組みを理解していないと、予想していた買値と大きくずれたり、投資パフォーマンスに影響がでてきます。

今回は、株の「買い注文」の使い方や、注文方法によるメリット・デメリットをご紹介。株の買い方をしっかりとマスターしましょう!

基本的な買い方は成行注文と指値注文

株式投資における一般的な注文方式は「成行注文(なりゆきちゅうもん)」「指値注文(さしねちゅうもん)」の2種類です。

成行注文は、指定した株数をいま出ている価格(市場売買価格)で即座に購入する、という注文方法です。価格指定をせず、これだ!と思った瞬間に購入するため、東証一部上場の銘柄のように一定数売買され続けている株式であれば、ほぼ確実に購入することができます。

指値注文は、指定の株式銘柄が○円になったら買うという注文方式です。今は高いけれど、100円ぐらい下がったら買おうかなという場合に使われます。成行注文と違って、自分の指定価格で買うことができますが、注文を入れた価格まで株価が落ちなければ株式を買うことができません。

買い方は成約率を取るか取得価格を取るかで変わる

買いにおける注文の入れ方として、何が何でもこの株を買いたいという成約率重視ならば成行、逆にこの価格でないと買っても意味がないという場合は指値注文を使います。

利ザヤが大きい取引ならば多少価格がずれても問題ないため成行注文を、そうでない場合は指値を使うと良いでしょう。

あくまで個人の好みではありますが、この程度の解釈をしておけば基本的な買い注文は問題ありません。

特殊注文5種を知って取引をさらに有利にしよう

基本的な買い注文は「成行」「指値」注文ですが、これら2種類以外にも「特殊注文」と呼ばれる5種類の注文方式が提供されています。

寄成注文と寄指注文

寄成注文(よりなりちゅうもん)と寄指注文(よりさしちゅうもん)は、午前・午後の株式市場が開くタイミングである寄付き(よりつき)に有効な注文。

マーケットが開いた瞬間に、寄付き時の取引開始価格で成行買いを行うのが寄成注文、指定した価格で株式を注文するのが寄指注文です。

市場が開いていない間にニュースなどが発表され、取引開始とともにこの株を買いたいという場合に使われます。

引成注文と引指注文

引成注文(ひけなりちゅうもん)と引指注文(ひけさしちゅうもん)は、前場・後場のマーケットが閉まる瞬間の価格である引け値(ひけね)で株式を売買する手法です。

買い注文においては「今夜保有しておいて、明日価格が動いていればうれしいな」という場合に多用され、株価が翌日も上昇すると予想するときに利用します。

不成注文

不成注文(ふなりちゅうもん)は、マーケットが閉まる引け値公開までは指値注文として扱われますが、引け値までにその取引が成立しなかった場合、成行で注文されるという方式です。

第一希望としては指値で買いたいが、とりあえず保有しておきたいので最悪成行で買う、といったときに使われる注文です。

基本は成行・指値と変わらない

これら5種の特殊注文は「指値」「成行」に売買条件が付いているだけですが、これらをうまく活用できれば投資活動に幅を持たせることができるので、覚えておいて損はない手法です。

初心者から中級者から中級者にランクアップしたい時に知っていると便利なので、慣れるまではこんな注文方法もある程度に記憶しておくと良いでしょう。

成行注文と指値注文の使い方の違い

注文方式ごとのメリット・デメリットと使い方

株式売買を始めたばかりの場合、成行注文・指値注文のみで株式売買を行う方が多いと思います。それぞれの使い方の違い、メリットとデメリットを再確認しておきましょう。

成行注文の使い方

成行注文は、市場で売買されている銘柄なら即座に買うことができるというのがメリットです。反面、どんな価格でも買うという注文なので、値動きが激しい銘柄や、タイミングが悪く価格が動いた瞬間に成行注文をしてしまうと、想定外の価格で購入してしまうことになります。

銘柄の財務分析から割安な水準と判断したので買う、明日・明後日には上がると判断するので買う、といった売却目標価格がある程度決まっているタイミングで良く使われます。そのため、「いま100円で102円になったら売る」といったデイトレードなどではなく、上昇率5%以上を目指すといった値幅の大きい取引で活用できます。

指値注文の使い方

指値注文は、狙った価格になれば買うという形式上、必ずしも全銘柄が買えないというデメリットがあります。逆に言えば、注文が成約すれば計算通りの価格で購入できるので、この水準で購入しておけば損はないという売買でよく使われます。

現在の株価は割高だけど○○円になったら買いたいという場合も、指値注文を入れて指定価格になるまで放置するという使い方もします。購入したい価格が決まっている、予定した価格でしか買いたくないという場合に好まれる注文なのです。

例えば、現在価格が100円の株で、いま買っても良いと考えている場合でも、成行ではなく「100円の指値注文」を入れることがあります。万が一、価格が急に変化しても予定通りの価格で購入できますし、何事もなければ成行と同じように即座に注文決済がされるため、注文価格を指定する手間だけで大きな値ズレを防げるのです。

初心者がトラブルを防ぐにはすべて指値を使う

購入希望価格と成約価格が違う、という初心者にありがちなトラブルを防ぎたい方は、指値注文を使うようにすると良いでしょう。

株式売買を始めたばかりの方は、とりあえず指値で注文してみることをおすすめします。株取引には様々なトラブルがつきものなので、慎重に取引をするべきです。

まとめ

株式投資の買いの基本は成行注文と指値注文の2種類ですが、これは買いだけでなく売り注文においても同じ。これらを正しく理解し活用することで運用に対する手間やパフォーマンスが大きく変わってきますので、しっかり押さておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。