初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

マレーシア株に投資するには?安定の経済成長率と観光関連に強み

マレーシア株に投資するには?安定の経済成長率と観光関連に強み

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

近年、マレーシアについては日本から移住するシニア層の増加、という話題がよく出てきます。都会的なクアラルンプール、ペナンやランカウイといった観光地や、多民族国家といったさまざまなイメージがあります。

マレーシア株式の特徴と、投資する際に気をつけたいポイントを詳しく解説します。

マレーシアはASEAN諸国の中でも経済が発展している

マレーシアは東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の中でも、経済が発展している国です。それは、国内総生産(GDP)ランキングを見ても明らかです。

1人当たりの名目GDPランキングでは、シンガポール、ブルネイに次いで第3位、経済成長率も4~5%代で推移しており、多少の上下はありますが安定的に成長していると言っていいでしょう。

なお、輸出品目の第1位は「電気・電子製品」。マレーシアは観光だけではなく技術的にも発展しているのです。

マレーシア株式市場の特徴とは?

マレーシア株は「マレーシア証券取引所」で売買されています。上場しているのはアセアン諸国の中で一番多い約900社。メインマーケットと新興市場のACE市場に分かれており、メインマーケットに800社、ACE市場に100社ほどがあります。

インフラ関連に偏り気味な他のアセアン諸国と違い、マレーシアの上場株式はサービス業・製造業・インフラ関連など多岐にわたります。上場株式の構成から、マレーシアが他の新興国よりも経済発展に力を入れていることがわかります。

マレーシア株のおすすめ銘柄とは?

マレーシア株のおすすめ銘柄とは?

マレーシア企業の分野は幅広く、上場企業が数多くあります。経済も発展しているため、特定の分野以外は期待薄というような偏りがないことが長所です。自分の好きな分野や企業に投資する楽しみがある国ですね。

その中でも私のおすすめは観光関連です。日本政府観光局の外国人訪問数ランキングを見ると、マレーシアはなんと世界12位で日本(16位)よりも上位。巨大リゾート企業も上場しています。

また、マレーシアはインフラ網が整備され外資系企業が多く参入しています。どこに投資すべきか見当もつかない場合は、外資系企業の現地法人の株に注目しても良いでしょう。

マレーシア株を買うならどの証券会社?

国内でマレーシア株の取り扱いをしている証券会社は非常に少ないのが現状です。日本の証券会社ではメインマーケット株の取り扱いが主で、新興企業市場の株は扱っていません。取扱銘柄も限られており、売買できるのは上場企業900社ほどのうち数十社です。

ネット証券ならSBI証券楽天証券が大手44銘柄を取り扱っています。手数料はSBI証券が約定代金の1%(最低手数料76マレーシアリンギット※2,000円ほど)、楽天証券が約定代金の1%(最低手数料500円)となっています。

マレーシア株の情報を得るには?

マレーシア株の情報を得る手段にはどのようなものがあるでしょう?個別銘柄の情報は新聞や雑誌では得にくいため、証券会社が提供する情報が頼りになります。

日本からの移住希望者が多い国ですので、マレーシア全体の経済・景気に関するニュースは手に入れやすいでしょう。経済情報は新聞や雑誌・インターネットでも得ることができますので、証券会社の情報と合わせて活用しましょう。

マレーシア株に投資する際のリスク

マレーシアは成長期待から考えると投資をおすすめしたい国ですが、多民族国家であり民族間の経済格差もあります。不遇な状態にある民族の不満が募れば、問題が起こる可能性も否定できません。

また、株を購入したあとに大幅な円高になると、株価がさほど変わらなくとも損をする可能性があります。マレーシア株に投資する際は、この政治リスクと為替リスクの2点に留意しておきましょう。

まとめ

マレーシアは東南アジアでも発展が進んでいる国であるため、マレーシア株は今から投資をするメリットが大きい外国株です。

投資リスクが比較的低い代わりに、具体的に銘柄を探すのが難しく為替リスク等の弱点もあります。証券会社の銘柄情報や、自分で収集した情報を充分に生かしてチャレンジしてみましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。