初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0
初心者でもデイトレードはOK?メリットとデメリットは?

初心者でもデイトレードはOK?メリットとデメリットは?

徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

資産運用は千差万別。中長期で腰を据えた投資を行う人もいれば、短期トレードを得意とする人もいます。特に株式投資に見識のない人や、経験の浅い人は「投資といえばパソコンにかじりついているんでしょ?」とデイトレーダーのイメージを持つ人は少なくありません。

実際に誰でもデイトレーダーのようなスタイルで投資を行っているわけではない、というのは株をはじめた方であればおわかりかと思いますが、それでも日々の利益を追いかける人々がいることは事実です。最近では、街中のカフェでパソコンを広げて投資している人を見かけたこともあるかもしれませんね。

そもそもデイトレードとはどのような投資手法なのか

そもそもデイトレードとはどのような投資手法なのか。

デイトレードとは、その名の通り1日単位(単日)で株式を売買して利益を獲得する方法です。

基本的に、市場が開いている間はずっと値動きを追うことになるため、サラリーマンや日中働いている人には難しい投資法です。単日で売買を繰り返して利益獲得を狙うため、時間を会社に拘束されるサラリーマンであれば物理的に不可能です。

変貌を遂げるデイトレードのスタイル。

専業投資家のほとんどはデイトレーダーと言われています。ひと昔前までは、自宅のパソコンに張り付いて、トイレにも行かずトレードをしている方も多かったでしょう。しかし、スマートフォンの普及で、日々のトレードの在り方も変わってきているようです。

今や、日本人の多くがスマートフォンを利用しています。出掛けている間や、移動中にもクリック一つで注文を入れられます。また、保有銘柄の値動きもアプリで一元管理でき、そもそも自宅にいる必要性がなくなってきています。

デイトレードのメリット

さまざまあるデイトレードのメリット、デメリット。

メリット1 確実に増やせれば利益への近道となる

投資家それぞれの背景はあれど、株式投資の目的は利益を獲得することです。デイトレードにおける最大のメリットは、短期で利益を獲得できる点にあります。

単日での大もうけは難しいかもしれませんが、毎日、小さな成功を重ね、利益をコツコツと積み重ねることで資産を増やすことができます。

一日で莫大な利益を上げることができるイメージを持っている人もいるかもしれませんが、それはかなりレアなケース。どちらかと言えば、日々の小さな利益を積み上げることで、結果的に大きく資産を増やすというケースのほうが一般的です。

メリット2 悪材料の影響を受けにくい

他のトレードに比べて、悪材料の影響を受けにくいことも大きなメリットと言えるでしょう。日計りであるデイトレードは、単日で売買を完結させるため、原油価格の下落や、急激な為替変動等による悪材料の影響を受けなくて済むのは、デイトレードにおける大きなメリットと言えます。

仮に市場にとって悪いニュースが流れ始めたときでも、情報をキャッチする能力と俊敏さがあれば、大損を被る前に回避することができます。

デイトレードのデメリット

デイトレードはメンタルコントロールが非常に重要。

デメリット1 拘束時間の長さ

デイトレードにおける拘束時間は、以前に比べ格段に減りました。寄付時に売買が集中する銘柄も多く、前場だけで取引を終えるデイトレーダーがいることも事実です。

しかし、マーケットと向かい合う時間は他のトレードと比べて長くなることは、やはりデメリットの一つでしょう。その差は、デイトレード以外の投資スタイルを取る投資家と比べると明らかです。

為替動向や同業他社の株価動向、あるいは、そもそものマーケット環境。これらの情報を逐一チェックし、日々のトレード戦略を立てる必要があります。デイトレーダーになるということは、生活の主体を日々のトレードに合わせるということなのです。

デメリット2 強いメンタルが必要

デイトレードにおけるもう一つのデメリットは、連敗の可能性があることでしょう。もっとも、他の投資方法であっても連敗の可能性はあります。ポイントは、短期的に負けてしまった場合のショックが、他の投資法と比べて複合的につながりやすいということです。

投資家心理として、当日の負け分は当日中に取り返したい。仮にそう思わない人がいたとしても、早めにリカバリーしたいと思うのが当たり前の感覚でしょう。

デイトレーダーは負けが込むと、早く挽回したい焦りから無謀なトレードに走り、さらに損失を背負うケースがあります。例えば、ここ数日の負けを取り返すためにレバレッジを効かせて大きな賭けに出る、といったことは身の破滅を呼ぶ行為の代表格です。

デイトレードで値下がりリスクを最小化するためには、自身のメンタルコントロールが非常に重要です。損失が利益を上回っている局面で、勝負に行かない自制心が必要なのです。

必要なことは徹底して自身の投資ルールに従うこと

デイトレードでは、上にも下にも深追いしすぎないことが重要です。デイトレードを行う際には、あらかじめルールを作ることをおすすめします。

何パーセント程利益が上がったら売却するのか。あるいは、どの程度値下がりしたらロスカットするのか。これらのルールは非常に重要です。

自身のルールに従えない投資家は勝てません。損失軽減の予防線、欲張りすぎないための予防線として、自身のルールをしっかり機能させましょう。

まとめ

デイトレードはメンタルが物を言うトレードであり、自身のルールに従うことが非常に重要なのです。ある程度、メンタルコントロールに自身のある方であれば、デイトレードにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

しかし、デイトレードにはそれなりの投資資金がいることも事実。投資額がそれなりだと、利益もそれなりで終わってしまいます。自身が求める利益水準はどの程度なのか、あるいは、どのくらいのスパンでの利益獲得を目指すのか。自身の意向に合わせて投資スタイルを決定しましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。