初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

株を買う、株を売るってどういうこと?

株式の売買を行うってどういうこと?

株の知識レベル:★☆☆☆☆

株式投資とは簡単に言えば、ある会社が発行している株券を購入することで、その会社に投資を行う行為のことを言います。投資を行うということは、持っている株を売却することもでき、投資家はこの売却益で利益を得ることができます。それでは売買を行うことで一体、何が起こるのかを説明します。

株式を購入する意味

株式を購入する意味

株式を購入するということは会社の株主になるということです。株主になることで、その会社の株主総会に出席する権利を得られます。つまり、会社の経営者に対して経営に関する発言権を得ることになります。

会社の経営者は株主に対して、会社の業績を説明する義務があります。業績が悪ければ株が手放され、株主が離れていきます。このことから利益を出す使命が会社の経営者には与えられている、と言えます。では、株式を購入するには、どのような手続きが必要となるのでしょうか。

株式はどこでも買えるわけではありません。株式を購入するには、証券会社に証券口座を開設する必要があります。証券会社を通して、購入した株式の注文が証券取引所に伝えられる仕組みとなっています。よって、株式を購入する際は、証券会社に対して手数料が発生します。

昔は証券会社の営業マンを経由して購入する流れでしたが、今はネット取引により簡単に、しかも手数料が格段に安くなったため誰でも株式の購入がしやすい環境となりました。

株価はどのようにして決まるの?

株価はモノの値段と同じように決まります。証券取引所では、株を購入したい人と売却したい人が集まっています。その会社の株を購入したい人が多い場合は、株価は上がります。現在、100円の株価でも、150円や200円でも購入したいと思うほど、その会社に投資する価値があると思う人がいるからです。

逆に、その会社の株を購入したい人が少ない場合、株価は下がります。現在100円の株価でも、100円の価値はないと思われ、90円や80円なら購入してもいいかなという思惑が働くからです。

会社の経営者は株を購入してもらうため、株式の価値を認めてもらう必要があります。そのためには、会社の業績を向上させていくように日々努力する使命を負っていると言えます。

株主になるメリットとデメリット

株主になるメリットとデメリット

株式を購入することで株主になりますが、株主になることでどんなメリットがあるのでしょうか。

株主になるメリット

一番わかりやすいメリットは株価が上がった時に、値上がりした時点で売却すれば利益を得ることができます。このメリットを第一に考え、株主はその会社の成長性を期待して株を購入する人がほとんどと言っていいでしょう。

また、株主になることで配当金をもらうことができます。必ずもらえるものではありませんが、この配当金があるかないかで、その会社が健全かどうかを測ることができます。

そのほかに株主優待」というものもあります。その会社の製品やサービスを割安で提供してもらえる権利のようなものです。

特に主婦層の投資家は、この株主優待を狙って株式を買う人が多くいます。交通機関であれば割引で電車を利用することができたり、レストランを経営する会社であれば飲食代が安くなったりすることもあります。売却益とは別にわかりやすいメリットといえます。

株主になるデメリットは何なのか

一番考えられるのは、株価が下がることによる現金資産の減少です。家の金庫に100円を入れておいた場合、その価値はずっと100円のままですが、100円だった株が80円の値段に下がれば、20円失ったことになります。これが預金との大きな違いです。

また、所持している株式を発行している会社が倒産してしまった場合、株式に投資したお金は0になります。株式は救済処置などがないため、国債などと違い大きなリスクをはらんでいます。

株式を売却する意味

株式を売却する意味

株式はずっと持ち続けていれば、倒産しない限りその会社の株主であり続けます。個人投資家で小口の株主であれば、価値が変動するちょっとした資産を持っている、程度のものでしょうか。もちろん大株主ともなればその会社の経営に大きく関与することもできますが、大多数の人はそうではありません。

株を売却するという行為は、売ることで売却益を得る、ということにつきます。もちろんその会社に対する株主としての権利も放棄する、ということになるので、今まで受けていた株主優待や配当金は手に入らなくなってしまいます。

株の売却理由はさまざまです。よくある理由としては「ある程度、購入したときよりも株価が上がったから利益を確定しておこう」という人や、「これ以上下がったら立て直しが効かなくなるから損切のために売却しよう」というものが挙げられます。

なかには贔屓にしていた会社の製品で嫌な目にあってしまい、「もうあそこの製品は二度と使いたくない!」という心情的な理由で売却する人もいるかもしれませんが、株式を売却することで、その会社の株主でなくなる=その会社から(いったんは)手を引く、と考えたほうがわかりやすいかもしれません。

株式を売却するタイミングはいつなのか

通常は、購入した時より、株価が上昇した時に売却する流れで利益を確定することになります。しかし、現実は想定通りに株価は動きません。株価が下落することもありえます。この時にどう対処するかです。

ある程度のところで見切りをつけないと、どんどん損が膨らんでいきます。大きな損失を出す前にあえて売却することもあります。これを損切りといいます。株式投資を継続していく上では、この損切りが大事であるといわれています。

まとめ

株式を購入するということは会社の株主になることです。その会社のビジネスに参加することでもあり、経営に関する知識や業績の見方を知る必要があります。
また、株価が上昇した時に売却すれば、売却益を得ることができます。

ただし、下落する場合もあります。よって、株を購入することはリスクを負うことになります。株式を売買するメリットとデメリットをよく検討して、株式投資を行いましょう。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。