初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

CFD取引のデメリット

CFD取引のデメリット

株の知識レベル:★★★★☆

CFD取引は、現物株取引よりも仕組みが難しく、誰でもできる取引ではありません。しかしこのような取引方法があることを知っておくことは、取引の幅を広げるために欠かせません。そして、株式投資の経験を積んできたら、リスクヘッジのために利用することも考えてみてください。さまざまな取引方法を利用して、株価がどのように動いても利益を出せるように、市場や取引に関しての見識を深めておくことをおすすめします。

大きな損失を抱えるリスクがあります

CFD取引は、証拠金の数倍から数十倍の投資ができるという魅力があります。投資額は少なくても、大きな利益が狙えるというのは、とても素晴らしいことのように思えます。しかし、株価が予想しているのと反対方向に動いたときには、狙いとは反対に大きな損失を抱える恐れもあるのです。もし大きな損失が怖いならば、「一つの銘柄に多額の投資をしない」、「証拠金の何十倍もの投資は避けておく」といった対策をとる必要があるでしょう。

忘れてはいけない為替リスク

CFD取引は、国内外の株式や株価指数、商品をはじめとするたくさんの銘柄を扱っています。外国株関連に投資する人も多いようです。国内株式市場が低迷していても、外国株式市場に問題が無かったら利益が狙えるからでしょう。しかし、この投資にも注意しないといけないことがあります。それは、為替レートの動きです。外国株関連の銘柄が外貨建てだった場合、新規で取引した時と反対売買した時の為替レートが大きく変わっていたら、そのせいで損をする恐れがあります。外国株関連に投資する際は、その値動きだけでなく、為替レートも日々確認するようにしましょう。

証券会社によって取扱銘柄が違います

証券会社によって取扱銘柄が違います

CFD取引を始めたいと思ったら、証券会社でCFD取引口座を開くことになりますが、その前にチェックしておきたいことがあります。それは、口座開設したい証券会社に、あなたが欲しい銘柄があるかどうかということです。現物株取引をしたい場合、同じ銘柄ならどこの証券会社であっても同じ金額で同じ商品に投資できますが、これがCFD取引になると、証券会社によって取扱銘柄が違うのです。取り扱いが多いところでは多数のCFDが取引できますが、少ないところではわずか数名柄の取り扱いしかないなど、証券会社によってCFDへの取り組み方はさまざま。取扱数の多い証券会社でも、国内外の株式や株価指数などの基本的な銘柄以外の取り扱いを絞っているところもあります。口座開設する前に、どの証券会社がどのような銘柄を扱っているか、各証券会社のWEBサイトで確認すること必要があります。

どういった銘柄を選ぶかも大事です

証券会社によってはCFD取引は、多くの銘柄が取引できるので、現物株のリスクヘッジとして利用することもできますが、選べる銘柄が多いため、判断を迷ってしまう可能性もあります。特に、外国株式についてはこれまで投資したことがないという人もいるのではないでしょうか?今まで国内の現物株式取引のみだった方は、CFD取扱銘柄を選ぶ前にそれぞれの銘柄の特徴を把握してから投資先を決定するようにしてください。

強制ロスカットに注意しましょう

CFD取引を始めるときには証拠金が必要になることは先述した通りですが、このときに証拠金不足に気を付ける必要があります。予想しているのとは反対方向に株価が大きく動くと、証拠金不足におちいり、取引を打ち切る強制ロスカットの対象になることがあります。強制ロスカットとは、証拠金が足りなくなった時点で強制的に反対売買をして取引を終了させることであり、今以上の損失を防ぐために行われます。どのくらいの株価変動で証拠金が足りなくなるかは、証券会社ごとに基準が決められているので、確認しておくことが重要です。証券会社によっては、強制ロスカットの前に、証拠金の追加入金を通告するところもありますが、通告なしに反対売買するところもあるようです。自分の取引している証券会社ではどうしているのかについてはチェックしておいてください。

強制ロスカットを防ぐにはどうしたらいい?

自分の意思とは関係なく、強制的に反対売買されるのは困るという人もいるでしょう。では、この強制ロスカットを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?確実なのは、許されている金額ギリギリまでの投資を止めることです。証拠金の五十倍まで取引可能なときに限界まで投資してしまうと、ちょっとの値動きでも強制ロスカットの対象になる可能性は極めて大きくなります。必ず、余裕を持っておくようにしてください。そして、証拠金の追加入金ができる場合は、必ず忘れずに行うことが取引を続けるために有効ですが、そのためには投資している株の値動きを逐一確認しておくことが重要です。

まとめ

ここまで、CFD取引に関するデメリットについて確認してみました。CFD取引はメリットがある反面、大きなデメリットもある取引方法です。しかし、注意深く市場を観察して、損を出したとしてもなるべく最小限に止められるように努めていきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。