初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

CFD取引のデメリット

CFD取引のデメリット

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★★☆

現物取引よりも仕組みが難しい差金決済取引(CFD)は、気軽にできる取引ではありませんが、このような取引方法があることを知ることは、取引の幅を広げるために欠かせません。また、ある程度の投資経験を積んだのなら、リスクヘッジとして取り入れることもできます。

今回は、CFDのデメリットとその回避方法がどのようなものかを見てみましょう。

大きな損失を抱えるリスク

CFDは、証拠金の数倍から数十倍の投資ができるという魅力があります。投資額は少なくても大きな利益が狙えるというのは、とても素晴らしいことのように思えますが、株価予測が外れると大きな損失を抱えるリスクもあるのです。

大きな損失を避けるためには、「銘柄に集中投資をしない」、「証拠金を大きく上回る金額の投資は避ける」といった対策をとることが欠かせません。

忘れてはいけない為替リスク

CFDは国内外の株式や株価指数、商品を対象とする銘柄が多数提供されています。安定成長が続いていることから、外国株関連の銘柄に投資する投資家も珍しくありませんが、その時には為替リスクに注意しましょう。

外国株関連の銘柄が外貨建てだと、為替レートの値動きによっては取引によって生じる利益を上回る損失をこうむるリスクがあります。個別の銘柄の値動きだけでなく、為替レートにも注意しましょう。

証券会社によって取扱銘柄が違う

CFDを始めたいと思ったら、証券会社でCFD口座を開くことになりますが、その前にチェックしておきたいことがあります。それは、口座開設したい証券会社で取引した銘柄の取引があるかということです。

現物株ならどの証券会社でも同じ金額・同じ条件で投資できますが、CFDになると、証券会社によって取扱銘柄が違います。口座開設する前に、どの証券会社がどのような銘柄を扱っているか、各証券会社のWEBサイトで確認すること必要があります。

どういった銘柄を選ぶかがポイント

CFDは現物株のリスクヘッジとしても利用できますが、その豊富さから銘柄選択に迷いがち。特に、外国株式への投資ははじめてという人は、銘柄ごとの値動きの特徴や違いを理解してから取引する銘柄を決めることが欠かせません。

ロスカットに注意しましょう

CFDを続けるためには、証拠金不足によるロスカットの対象とならないように気を付ける必要があります。ロスカットとは、証拠金が足りなくなった時点で強制的に反対売買をして取引を終了させて、更なる損失を防ぐための仕組みです。

ロスカットの水準は証券会社によって違うので、取引前に確認しておく必要があります。また、ロスカット前に証拠金の追加入金(追証)を求めるサービスの有無など、細かい部分も異なるので、細部まで確認することが必要です。

証拠金に余裕を持って取引をする

証拠金の限度ギリギリまで投資すると、わずかな値動きでもロスカットの対象になるリスクが大きくなります。証拠金には余裕を持って取引をすることが欠かせません。

また、追加入金ができるならできるだけ追加入金をすることで、より余裕を持って取引をすることができます。

まとめ

CFDは現物取引と組み合わせることでリスクヘッジに有効ですが、その反面大きなリスクもある取引方法です。メリット・デメリットを理解した上で、損失をできるだけ抑えるように注意しながら取引に取り入れることで、取引に幅を広げることが期待できます。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。