初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資信託とは?投信運用のメリットとデメリット

投資信託とは?投信運用のメリットとデメリット

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

投資信託とは、投資家から資金を集めて専門家が運用するという仕組みの金融商品です。投資家は特定の投資銘柄を探す必要はなく、投資信託を購入するだけで良いのです。

うまく使えば投資信託は投資初心者でも資産を増やしやすい方法です。今回は、投資信託のメリットとデメリットを理解していきましょう。

投資信託では個別銘柄を選ぶ必要がない

投資信託では多くの投資家から集めた資金を使って専門家が運用します。運用の結果、利益が出れば投資家に分配するという仕組みになっています。利益が出ていなくても、投資資金の払い戻しという意味で分配をする投資信託も少なくありません。

また、どの株や債券を購入するかも判断してくれるため、株式投資のように銘柄分析をする必要がないのです。

投資信託を選ぶ際は運用方針を見る

投資信託は、単に資金を出せば利益が出るように運用してくれるというものではありません。それぞれの投資信託には運用方針が定められています。

投資先が日本国内だけか海外も含むか、国債などの債券にのみ投資するのか株式にも投資するのか、「成長性がある株に投資する」「○○業界に投資する」といったものもあります。それぞれの投資方針やこれまでの実績を見て、自分が投資したいと思う投資信託を選ぶようにしましょう。

投資信託のメリット

投資信託と株式ってどう違うの?

投資信託のメリットは分散投資ができることです。

個人投資家は投資資金が限られるため、株式投資で購入できるものは数銘柄程度にとどまるでしょう。その保有している銘柄の1社が倒産などをしてしまうと、資産に大きなダメージを受けてしまいます。投資信託なら多くの銘柄に投資しているため、株価下落や倒産などのリスクに強いのです。

また、個人投資家ではなかなか手が出ない「値がさ株」や比較的安定した収益が期待できる「債券」、海外の株式に投資することも可能なのです。

売買の手間が少なくなる

投資信託では専門家が日々の売買を行ってくれます。投資家がするのは投資信託の購入と売却のみで、普段の売買の手間はかかりません。どのような銘柄を購入するかも、あらかじめ決めた投資方針に従って専門家が決定してくれます。

株式投資では将来性が期待できる業界の中でどの企業がより大きな成長をしそうかなど、会社の情報や決算説明会の資料などを分析します。しかし、投資信託では投資方針の良しあしを判断するだけで、それ以上の日々の手間はかからないのです。

投資信託のデメリット

投資信託では投資に必要な作業の多くを専門家に任せることができますが、その代わりにコストを支払う必要があります。投資信託にかかるコストは、主に次の三点です。

  • 購入時手数料
  • 信託報酬(日々の運用作業にかかる経費)
  • 信託財産留保額(売却時にかかるコスト)

信託報酬は投資信託を保有していると毎日かかってくる費用です。信託報酬は購入金額に対して数%かかりますが、高いものでは年2%程度です。信託報酬を下回る利益しか出せなかった場合には損失を出してしまうことになります。日本の投資信託は欧米のものに比べてコストが高く利益を出しにくいとも言われています。

投資信託で大きな利益を狙うのは難しい

もう一つのデメリットは、投資信託だけでは多額の利益を出すのが難しいということです。これは分散投資ができるというメリットの裏返しですが、リスクを下げようとした分だけリターンも小さくなってしまいます。

しかし、世界での成長産業や安定的に収益を上げられる銘柄に投資する投資信託の中には、年平均で5~10%程度の収益を上げ続けているものもあります。どのような業界が成長するかを情報収集して、将来有望なものを見つけることができれば、投資信託でもそれなりに大きなリターンが期待できるでしょう。

まとめ

投資信託は仕組みが理解しにくいというデメリットもあります。コストがかかるばかりで利益が出ないという先入観を持っている人も少なくありませんが、しっかりと考えて選択すれば良い投資信託が見つかるはず。株式投資には手間がかかりすぎると考えている人にも、投資信託は検討してみるべき金融商品でしょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。