初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

命取りになる前に覚えておきたい差金決済取引(CFD)

命取りになる前に覚えておきたい差金決済取引(CFD)

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

株式取引の一つに、売買の価格差の金額のみをやり取りする差金決済取引(CFD)があります。一見すると魅力的な取引手法のように思われますが、実際に取引するのであれば注意点は少なくありません。

今回は差金決済取引がどのようなものであり、実際の取引で気を付けるべきポイントについて見てみましょう。

差金決済取引(CFD)とはどのような取引?

通常の現物株取引では、取引ごとに購入代金を入金するか、証券会社に差し入れている「預かり金」から差し引かれ、株式を売却したら売却代金を受け取ります。同日中に再度同じ株式を購入するのならば、初回分・再度分の購入金額に相当する資金を準備しておかないといけません。

これに対して差金決済は、ある銘柄を同日中に売買するときに、差額のみで決済することです。

差金決済取引の具体的な流れ

例えば、証券会社に150万円の預かり金を差し入れている人がいたとします。この人が1日でした売買の流れを見ていきましょう。

  • 銘柄Aを100万円で購入
  • その後150万円で売却
  • 再度、銘柄Aを100万円で購入

本来ならば、銘柄Aを2回購入していることになりますので、100万円×2回=200万円の入金が必要になり、預かり金150万円だけでは足りません。しかし、差金決済取引では初回購入(取引1)と再度の購入(取引3)の間で売却(取引2)をしているので150万円が発生しています。そのため、(取引3)の時には改めての入金は必要ないとみなされるのです。

差金決済取引はどの取引でも使える?

多額の資金がかからなくて済む差金決済取引は、非常に便利な取引手法のように思われますが、実際の取引ではいくつかの制限があります。その一つが、現物株取引では差金決済取引は禁止されていることです。

実際には準備されていない資金で何度も同一銘柄の取引ができてしまうため、1回分の取引資金があれば、株価の操縦や売買高の水増しをすることもできます。これを悪用すると株価を意図的に操作できるので、差金決済取引は「市場操作」に抵触するものとして禁じられているのです。

差金決済取引が許されている取引もある?

現物株取引では禁じられている差金決済取引ですが、これが許されている取引もあります。それが信用取引です。

信用取引は、信用買いのちに売却、もしくは空売りののちに買い戻しをする取引ですが、取引を手じまいした後の清算は差金決済になります。信用取引は差金決済取引ができる投資手法ですが、リスクとリターンを踏まえて取引をはじめることが欠かせません。

リスクの低い信用取引?サーフィントレードとは

同一銘柄内の差金決済は認められていませんが、なるべく少ない資金で投資を効率的に行いたいと考える人も多いときには、乗り換え売買(サーフィントレード)も候補となります。サーフィントレードの特徴は、同一銘柄ではなく別の銘柄を同日中に売買するというものです。

サーフィントレードでは銘柄Aと銘柄Bの2つの銘柄の取引資金を用意する必要はなく、資金効率の良い取引を実現できるのが魅力です。

差金決済取引ができる取引を把握しておこう

現物株取引でも同一銘柄内では差金決済取引はできませんが、信用取引やサーフィントレードなど、差金決済取引ができる取引もあります。狙っていた取引ができないとといったトラブルを防ぐためにも、事前にできる取引・できない取引を把握しておきましょう。

迷ったときには、口座開設をしている証券会社のサイトで、できる取引・できない取引について確認しましょう。

まとめ

差金決済取引は少ない資金でも資金効率の良い取引が実現できる便利な取引方法ですが、それだけリスクもある取引方法であることを理解して活用する必要があります。また、現物株取引では法律違反となる取引も含まれています。

また、差金決済取引ができる投資でも、資金の余裕が少なすぎるのもリスクを取り過ぎる取引につながります。差金決済取引のリスクを理解した上で、取引に組み込むようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。