初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

他の投資方法とCFDとの違い

他の投資方法とCFDとの違い

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

投資をはじめたいけど種銭がないという人でも、少額から投資をはじめる手段が充実していることはあまり知られていません。中でも注目したいのが、差金決済取引(CFD)です。レバレッジを効かせた取引により、少額でも世界の金融商品に投資できるCFDは、投資初心者にはあまりなじみのないワードかもしれません。

今回はCFDにまつわる基礎知識、その他の投資方法との相違点がどのようなものかを見てみましょう。

CFDは世界中、かつ、幅広い金融商品への投資を可能にする

差金決済取引(CFD)とは、有価証券の受け渡しをせずに、売買損益に係る金銭授受をする取引です。取引の仕組みは外国為替証拠金取引(FX)とほぼ同様ですが、投資対象が通貨に限られるFXと異なり、その投資対象は多岐にわたり、株価指数(インデックス)や債券をはじめ、各種商品(コモディティ)も投資対象になります。

証券会社によって取扱銘柄数は異なりますが、数十から数百、多いところでは1万を超える銘柄の取り扱う証券会社も存在します。

手数料無料、かつ、昼夜問わず取引できるのもメリット

投資をはじめようと考えている人は、日中のフルタイム勤務やパート・アルバイト、あるいは家事といったより時間と注意を割かないといけません。東京証券取引所(東証)の取引時間は、1時間の昼休憩をはさんで、午前9時から午後の3時までと短く、この時間の中で現物株式を取引する必要があります。

CFDであればその限りではなく、国内のマーケットがクローズした後でも取引をすることができます。また、差金決済取引なので、売買ごとの手数料も掛かりません。好きなタイミングで、何度でも取引を行える点がCFDのメリットと言えるでしょう。

相場の下落局面でも利益獲得機会を得られる

CFDは相場の下落局面でも収益機会を得ることができます。この点は、現物株式の取引との大きな違いと言えるでしょう。現物株式では、値上がり期待の大きい銘柄を買い付けることで収益を狙いますが、売りから取引をはじめられるCFDでは、下落局面でも利益を狙う取引ができるのです。

上昇局面のみならず、下落局面でも利益を狙えることで、より柔軟な投資ができるのも、CFDの強みと言えるでしょう。

新興市場への投資には適さない点はデメリット

このように魅力的なCFDですが、レバレッジをかけた取引になるため、原資産のわずかな値動きが大きな値動きに増幅されます。そのため、原資産の値動きの激しい新興市場を対象とする銘柄への投資はリスクが大きくなるというデメリットがあります。

また、証券会社によって取り扱いのある銘柄が異なるので、取引したい銘柄の取り扱いがないかもしれないというリスクも無視できません。現物株式よりも選択の幅が狭まる点はデメリットと言えるでしょう。

CFDは短期投資家向きの取引システム

CFDは上述したように、レバレッジを有効活用して積極的に利益を獲得しに行く投資手法です。株の長期投資をするときには、現物に投資することが無難と言えるでしょう。例えば、CFDで長期投資をすると、オーバーナイト金利をはじめとする余計なコストが発生することもあります。長期投資では現物株式に投資する方が無難と理解して、CFDでの長期投資は避けるようにしましょう。

株主優待は獲得できないが配当は得られる

投資家の中には、株主優待や配当狙いのインカムを重視した取引をする方も多いと思います。結論から言うと、CFDでは株主優待を獲得する権利は得られません。また、株主総会へ出席する権利等もありません。

少額でレバレッジを掛けた取引である分、現物株式と比べると株主の権利は小さくなります。この点も現物株式にはないデメリットと言えるでしょう。一方で、配当相当額は獲得することができます。

まとめ

株式取引と似た取引であるCFDですが、細かく見ると異なる点は少なくありません。少額からはじめられることや売りから取引をはじめることで下落局面でのリスクヘッジが期待できるのは大きなメリットですが、レバレッジを効かせているため、万が一のときの損失リスクが大きいというデメリットもあります。

利益一辺倒で臨むと思わぬ落とし穴にはまることもあるため、CFDではリスクとリターンのバランスを意識して投資判断をすることを心がけてください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。