初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

iDeCoとつみたてNISAの違いは?同じ積み立てでもここが異なる

iDeCoとつみたてNISAの違いは?同じ積み立てでもここが異なる

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

iDeCoは毎月一定の額を拠出・運用し、60歳以降に受け取りを開始するという制度です。公的年金と同じく、老後の生活資金として活用されることが予想されます。

iDeCoは節税効果の面でも話題ですが、節税といえば、「NISA」や「つみたてNISA」という制度があるのをご存知でしょうか。

これらの制度には、様々な類似点や相違点があります。今回は、iDeCoとNISAそしてつみたてNISAの違いやニーズに合わせた利用方法について考えていきます。

iDeCoとNISAとつみたてNISA、それぞれの特徴とは?

iDeCoとNISAとつみたてNISA、それぞれの特徴とは?

いずれも節税効果のあるiDeCoとNISA、つみたてNISAですが、どのような特徴があるのでしょうか。簡単にまとめてみました。

iDeCo

  • 毎月決まった額を積み立てて運用
  • 最低投資金額は5,000円
  • 商品によっては元本割れの可能性もある
  • 20歳以上60歳以下のほとんどの人が加入できる
  • 職業によって加入上限額が決まっている
  • 原則60歳以降でないと引き出しができない
  • 掛金は全額控除対象、利益は非課税、受け取り金も控除対象

NISA

  • 20歳以上ならば誰でも利用可能
  • 分配益・譲渡益・配当金は非課税
  • 非課税期間は5年間
  • 新規投資額は毎年120万円まで

つみたてNISA

  • 毎月決まった額を積み立てて運用
  • 最低投資金額は100円
  • 商品によっては元本割れの可能性もある
  • 20歳以上ならば誰でも利用可能
  • 新規投資額は毎年40万円まで
  • 非課税期間は最長20年間
  • いつでも売却することが可能
  • 分配益・譲渡益は非課税

iDeCoとNISA、つみたてNISAの大きな違いとは?

iDeCoとNISA、つみたてNISAの大きな違いとは?

いちばん大きな違いは「引き出し」についてではないでしょうか。

iDeCoは原則60歳まで引き出しができませんが、NISAとつみたてNISAはいつでも時価で売却して換金ができます。iDeCoは年金のように使うことを想定しているため、60歳以降でないと引き出しできないようにしているのです。

また、掛金の上限額も注意しておいてください。

NISAは年間120万円まで、つみたてNISAは年間40万円までは投資可能ですが、iDeCoの場合、職業区分によって掛金の上限額が違います。例えば、自営業ならば月額6万8,000円まで投資できますが、公務員は月額1万2,000円までです。

なるべく余裕のある老後を送りたいからと、多額の投資を希望しても、自分の職業区分によってはできないことがありますので、注意しましょう。

iDeCoとNISA、つみたてNISA、何を優先すべきなのか?

iDeCoとNISA、つみたてNISA、何を優先すべきなのか?

将来に向けて運用を始めたい場合、iDeCoとNISAとつみたてNISA、何を選んだらいいか分からなくなります。その時はまず、「いつ使う予定のお金なのか」を考えてください。

先述の通り、iDeCoは60歳まで引き出し不可です。もし、あなたが現在40歳ならば20年間は投資したお金を使えないのです。

20年の間に「車の買い替え」「マイホーム購入やリフォーム」「子どもの進学」等のライフイベントがあるかもしれません。その時に使いたいお金ならば、iDeCoに投資することは避けてください。

60歳の間までに使いたいお金ならば、NISAもしくはつみたてNISAに投資するようにしましょう。NISAはいつでも換金可能。つみたてNISAも長い期間コツコツ投資する制度ではありますが、換金はできますので安心です。

iDeCoとNISAとつみたてNISA、3つの併用はできる?

iDeCoとNISAとつみたてNISA、3つの併用はできる?

iDeCo・NISA・つみたてNISA、何を選んだらいいか?というお話をしましたが、「iDeCoとNISA」「iDeCoとつみたてNISA」の併用は可能です。しかし「NISAとつみたてNISA」の併用はできません。

もしiDeCoと併用するならば、毎月の給与から「老後資金として〇円iDeCoで、長期的な預金代わりとして〇円つみたてNISAで投資」というように金額を決めて投資するのがいいでしょう。

特にiDeCoは掛金も全額控除対象になります。ぜひ併用で節税対策をしておいてください。

ただ、気を付けないといけない点もあります。3つの制度いずれも両方とも元本が保証されていない商品を扱っている点です。

リスクがある商品を選び、いざ受け取りというところで、投資した金額より減っていたということもあり得ます。自分がどのくらいのリスクなら許容できるかを考えてから投資を始めてください。

どの制度を利用するか、商品ラインナップから考える

どの制度を利用するか、商品ラインナップから考える

iDeCoとつみたてNISAは商品のラインナップも違います。

まず、つみたてNISAは投資信託が中心です。投資信託の内容は日経平均株価等の株価指数に連動した「インデックスファンド」、リスクはあるけれども積極的に利益を狙う「アクティブファンド」など様々です。また、上場投資信託(ETF)も扱っています。

iDeCoはつみたてNISA同様、投資信託も扱っていますが、預金・保険もあります。元本確保型商品もあるのが特徴です。

ちなみにNISAは株式投資も対象になります。個別銘柄への投資を考えている人はNISAを利用するようにしてください。

取扱銘柄は金融機関サイトや店頭で確認できる

つみたてNISAだけでも2018年4月現在145本もの対象商品がありますが、どこの金融機関でも全ての対象商品を扱っているわけではありません。

商品のラインナップは金融機関ごとで違います。iDeCo・つみたてNISAの口座を開設する前に複数の金融機関で扱い商品について調べておきましょう。

個別銘柄やその金融機関で扱うほぼ全ての投資信託から商品を選びたいという人は「NISA」を利用しましょう。

その際に、サイトもしくは店頭での説明の充実度、口座の開設のしやすさ等もチェックしてみるのはいかがでしょうか。

まとめ

似たような制度ですが、それぞれ違いのある「iDeCo」と「NISA」「つみたてNISA」。銀行預金も低金利状態の現在、少しでも投資で資産を増やしたいという目的で利用する人が増えてくることが予想されます。

皆が始めるからと慌てて始めるのではなく、いつ使うお金なのか、どのくらいリスクが取れるかをしっかり把握してから利用を開始してください。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。