初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

ボーナスを眠らせてない?預金と株式投資はこんなに違う

ボーナスを眠らせてない?預金と株式投資はこんなに違う

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

金融緩和の一環としてマイナス金利政策まで導入されている現在、銀行にお金を預けていてもほとんど増えないのが現状です。「自分の金融資産を少しでも増やしたい」と株式投資をはじめる人は少なくありませんが、どうして株式投資が、資産が増えやすいのでしょうか。

預金と株式投資の違いを理解して、資産運用での配分をうまくできるようになりましょう。

預金も株式投資も資産運用には違いはない

資産運用とは、「自分の持つ資産を貯蓄・投資することで、効率的に資産を増やしていくこと」です。その視点から見れば、銀行預金も株式投資も安全性やリターンに差があるだけで、資産運用であることに変わりありません。

堅実な資産運用のためには、株式投資だけではなく、元本保証の預金の存在は欠かすことはできません。株式投資のリスクをコントロールするためには、銀行預金との違いをしっかりと理解して、うまくバランスを取って資産運用することが大切です。

預金よりもハイリスク・ハイリターンな株式投資

金融の世界では、リスクが高いものほどリターンが高くなるのは常識です。銀行預金は元本保証商品であり、安全な分だけ低い利回りしか得られません。これに対して株式投資は、会社の業績によって大きく値動きするため、その分だけ大きなリターンを期待できます。

預金は金融機関が破たんしても一部が保護される

金融機関に万が一のことがあっても、普通預金や定期預金などで預けているお金は、預金保険法に基づく「預金保険制度」によって保護されます。これは、金融機関が破たんした場合に、一金融機関で一人当たり「元本1,000万円とその利息」までが預金保険機構によって保護されるというものです。

ただし、国内銀行の海外支店や海外銀行の預金や外貨預金など、保護の対象にならないものもあるので注意が必要です。

株式には会社が破たんした際の保護は一切ない

一定額までの補償制度が用意されている銀行預金に対して、株式投資では預金保険制度に類似する保護はありません。ある会社の株式を保有するということは、その会社のオーナーになるということであり、投資家は経営に対して責任を取る立場だからです。株式投資では持ち分に応じて会社の利益を手に入れられる代わりに、経営に失敗した場合の損失も全て引き受けなければなりません。

株式投資で長期間運用すれば、うまくいったときの差は非常に大きい

銀行預金と比べてハイリスク・ハイリターンな株式投資を資産運用に組みこむためには、リスクとリターンのバランスを取ることで安定運用を目指すことが欠かせません。

100万円の資金を銀行に10年間預けていても、2017年現在の金利ではほとんど増えません。メガバンクの定期預金の金利(2017年7月現在で、0.01%が多い)では、1,000円も増えない計算です。しかし、株式投資で年平均3%で運用できれば、10年で34万円(税引き後では約27万円)を増やすことができるのです。

資産の一部を株式投資に回せば、全体での利回りを改善できる

資産を大きく増やすことができる可能性がある株式投資を活用できれば、銀行預金よりも資産を格段に増やすことができますが、資産のすべてを株式などのリスク資産に投資するのは危険です。あくまで、資産の一部を株式投資を充てるようにしましょう。

仮に資産が500万円あるとして、その1割の50万円を投資に回します。10年間投資するとした場合、銀行預金としている450万円には4,000円程度の利息しか付きませんが、50万円を1年平均3%で運用することができれば17万円程度(税引き後14万円弱)の利益を出すことができます。トータルでは、500万円が10年で14万円程度増えるため、1年平均で0.3%程度の利回りを達成することができる計算になります。

一部を株式投資に回せば、損失が発生しても損失金額を少額にとどめることができて、銀行預金よりも大きな利回りを目指すことができるのです。

まとめ

定期預金で預けているお金やボーナスなど、まとまったお金の一部を株式投資などにまわすことで、銀行預金を大きく上回る利回りを得られる可能性が出てきます。

資産の一部だけでもリスクを取れば、堅実な投資を心がけることで、少しずつ着実に資産を増やしていくことができるかもしれません。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。