初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

企業型と個人型がある確定拠出年金の違い

企業型と個人型がある確定拠出年金の違い

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

個人型確定拠出年金(iDeCo)が新設されたことで、注目度が高まりつつある確定拠出年金。もともとはアメリカの確定拠出年金制度(401k)を参考に、2001年より日本でも本格導入された制度ですが、ここにきて導入を決める企業も増加傾向。何が何だかわからないまま、確定拠出年金に加入してしまった会社員の方もいらっしゃるでしょう。

確定拠出年金の基礎知識と、企業型・個人型の違いにフォーカスして注意したいポイントを見てみましょう。

確定拠出年金とは支払額(拠出額)が決まっている年金制度

年金の種類は、あらかじめ給付が確定している確定給付年金と、月々の拠出額を確定させる確定拠出年金の二つに分けられます。将来の受取金額が確定している確定給付年金に対して、拠出金を運用する確定拠出年金では将来の受取額は運用結果によって左右されます。

毎月決まった時期に決まった金額を買い付けると言うことは、ドルコスト平均法による積立投資とイコールであり、ポートフォリオによっては低リスクでさまざまな金融商品に投資できることが確定拠出年金の特徴です。

確定給付型の行き詰まりが確定拠出年金の設立背景

確定拠出年金導入の背景には、確定給付年金の運用の行き詰まりが背景にあると言えます。日本では低金利時代が長期化。ついにマイナス金利の導入や日本銀行(日銀)による金利コントロールなど、異例の金融政策が続いています。

このような状況下では従来の確定給付型の年金制度の原資不足が表面化して、その穴埋めのために年金制度の運用者に大きな負担が生じています。これに対して確定拠出年金であれば損をしても自己責任。運用者が責任を取る必要はありません。

確定拠出年金は企業側の負担軽減効果が大きいことから、2001年の制度導入以降、確定拠出年金を導入する企業が増え続けているのです。

個人型、企業型の別は選べない

確定拠出年金は2001年より導入された企業型と、制度改正により新設された個人型に分類できます。では、私たちはこの両者を選択することはできるのでしょうか。結論から言うとできません。

あらかじめ、勤め先の企業に確定拠出年金の制度が導入されている場合には、引き続き企業型に加入することになります。一方で、この度の制度改正で加入対象に含められた主婦やフリーランスは、個人型を選択することになります。

企業に勤めている方でも、会社に企業型確定拠出年金制度がなければ、やはり個人型確定拠出年金に加入することになります。

掛け金も異なる個人型と企業型

ここからは掛け金について確認して行きましょう。個人型は加入者本人が全額を拠出するのに対して、企業型では全額事業主負担が原則です。個人型の掛け金上限は、国民年金第1号被保険者なら68,000円、第2号被保険者で23,000円です。

ちなみに、確定拠出年金ではそれぞれの加入者を1号加入者、2号加入者と呼びます。第1号被保険者で国民年金基金に加入している場合は、両者合算して68,000円が上限です。また、小規模企業共済における70,000円の月額上限は別枠計上されるので、両者への加入で小規模企業共済等掛金控除の額が大きくなり、節税効果を高めることが期待できます。

細かい点で違う個人型と企業型

税制面をより詳しく確認してみましょう。個人型確定拠出年金の掛け金は全額所得控除になります。よって、年末調整や確定申告をすることにより、税金が還付される可能性があるのです。一方で、企業型確定拠出年金では企業側が損金計上、個人型に比べると税制面で若干不利な部分があります。

その他、運営に掛かる費用についても異なります。加入者本人が負担する個人型に対し、会社によっては企業が運営経費を負担してくれるところもあります。

また、相手方金融機関を自分で決められるか否かも大きな違いと言えるでしょう。個人型確定拠出年金では、金融機関選びからはじまるため、ポートフォリオに合致した商品を取りあつかう金融機関を選ぶことができます。

個人型は非常に自由度が高い制度

国が年金制度に行き詰まってきたこともあり、年金作りにおける権限を徐々に個人へシフトしてきている形です。加入するか否かの決定はもちろん、相手方の金融機関選びまで、ほぼすべての選択肢が個人に任されています。税制面での優遇はかなり大きいことから、上手に活用できれば非常に大きいリターンが期待できる制度と言えるでしょう。

まとめ

ここまで見てきたように、個人型と企業型の確定拠出年金では異なる点も多々あります。しかし、ある一定の部分に関しては個人へ権限委譲されていることも事実です。

将来の年金を国に頼れない時代がやってきます。国の制度をうまく利用して、しっかり将来に向けた資金作りを行いましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。