初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

月足・週足・日足チャートで株価の動きを総合的に判断しよう!

株価チャートのひとつ、ローソク足(あし)とは?では、株価チャートの構成要素の一つである「ローソク足」を紹介しました。ローソク足一つでも「株価の上昇エネルギーが強まっているのか?」「弱まっているのか?」といったことの判断材料になる、有用なツールとなり得ます。

今回はローソク足の集合体である株価チャート(ローソク足チャート)について見ていきましょう。総合的に判断することの重要性を解説します。

株価チャートにはいろいろな種類がある

株価チャートには、いくつかの種類があります。さまざまな期間から株価の推移を見ることで、冷静な投資判断が可能になります。最新のニュースや業績発表などで買いたい銘柄が見つかったら、株価チャートでトレンドを確認してみましょう。

チャートで一般的に使われるのは、月単位の値動きを示す「月足(つきあし)チャート」や週単位の値動きを示す「週足(しゅうあし)チャート」、毎日の値動きを示す「日足(ひあし)チャート」の3種類です。

他にも、デイトレーダーと言われる非常に短い時間で売買を繰り返す投資家は、5分や10分といった単位のチャートを活用しています。逆に「年」の期間で日経平均などを見ることも“重要なヒントを得られる”と重視する投資家もいるようです。

一般に、長期投資には月足、半年以内の中期投資には週足、1カ月以内の短期投資には日足といったように、それぞれの投資スタンスにあわせてチャートの種類を使い分けている人が多いようです。

さまざまな周期で株価を分析する

短期~長期チャートで総合的に分析しよう

実際の売買の判断では、1種類のチャートだけでなく、複数の種類のチャートを見て総合的に判断するほうがいいでしょう。なぜなら、日足チャートでは下降トレンドにあって“買うのは避けたい”と思われる銘柄でも、週足チャートや月足チャートで見ると明らかに上昇トレンドにあって、実際には“押し目買いのチャンス”…ということがよくあるからです。逆に、日足チャートでは“買い”と判断できる場合でも、週足や月足チャートでは“単なる戻り”に過ぎないといった場合もあります。

長期投資の場合でも、日足チャートをよく見て、少しでも安い値段で買えるようじっくりタイミングを図ることも重要です。取引の株数が大きい場合、チャート上では数円しか違わないとしても、結果的に利益には大きな差が出てきてしまいます。

まず週足チャートで中期的なトレンドをつかみ、その後、月足チャートで今の株価の位置が高すぎないかを確認。最後に日足チャートで売買タイミングを判断する……という手順で活用してみましょう。それぞれが、同じ銘柄とは思えないほど異なるトレンドを描いていることもあります。全てのチャートの方向がうまく揃っている場合、大きな利益につながる可能性を秘めているかもしれません。

このように、複数のチャートを使うことで、より精度の高い投資判断が可能になるのです。

おわりに

株式投資ではとかく「もう底だろう」「これ以上下がらない」といった思い込みで判断しがち。日足、週足、月足など、複数の株価チャートから総合的に判断することで、そういった思い込みを排除することが可能になるでしょう。

» 初心者でもわかる株価チャートの見方

株式投資に関する情報サイトです。コラム、企業発表、東証有望銘柄、株のきほん、株価チャート入門、株価材料、株式市場の話題、株式週間展望、相場格言などの情報を掲載しています。
総合評価
(0)
Pocket