初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者こそ見ておきたいチャートとローソク足の基本的な考え方

投資初心者こそ見ておきたいチャートとローソク足の基本的な考え方

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

チャートとテクニカル指標を参考に株価の先行きを予測するテクニカル分析の基本は、チャートとローソク足の見方にあり、普段何気なく眺めているチャートやローソク足にもしっかりと意味があります。

ローソク足単体でもさまざまな形状があり、その意味もそれぞれ異なり、ローソク足の一連の動きであるチャートにも重要な意味があります。

今回は、チャートとローソク足の基礎知識について見てみましょう。

ローソク足単体にも重要な意味がある

ローソク足とは、チャートを構成するローソク型の指標であり、このローソク足単体でも値動きのかなりの部分を読みとることができます。

真ん中の四角い部分は本体や胴体と呼ばれる部分です。その上下に伸びる線は上ヒゲ・下ヒゲと呼ばれ、それぞれ取引時間中の高値、安値を表します。また、本体にも重要な意味があります。

赤塗りの本体は始値より終値が高かったことを示唆する陽線、青塗りの本体は始値より終値が安かったことを示唆する陰線となります。このように、四本値が一目でわかることがローソク足のポイントです。

本体やヒゲの長短から現状のトレンドを読み解く

ローソク足単体でも、現状のマーケット状況をつかむことができます。取引時間中の値動きが大きければローソク足の本体も大きくなり、比較的商いも多く、その銘柄が市場参加者から注目されていることを意味します。反対に本体が小さいローソク足は商いも少なく、その銘柄が注目されていない証拠です。このように、ローソク足の本体だけを見てもこれだけの情報が隠れています。

また、ヒゲにも重要なヒントが隠されていることがあります。例えば、上ヒゲを大きく引っ張っていれば高値圏から売り浴びせられている証拠であり、天井にタッチした可能性があります。反対に下ヒゲを引っぱっていれば安値圏からの反発を意味するので、買いエネルギーが強く、今後の反発の可能性を示唆するケースが多いのです。

チャートで確認することで、シグナルの信頼度を高める

このようにローソク足を単体で確認することで、単日の投資家心理を確認することができますが、ローソク足で分かることはあくまで単日のトレンドや値動きであり、今後のトレンドをつかむためには、ローソク足だけではなく、チャートも確認することが重要です。

ローソク足の一連の動きであるチャートを用いることで、そのトレンドの信頼性や確度も格段に高まります。

テクニカル分析では、ローソク足の出現位置が重要

ローソク足はその出現位置が非常に重要であり、長い上ヒゲを付したローソク足が値上がり局面で出るときと値下がり局面で出るときでは、そのローソク足が持つ意味合いも異なります。

例えば、チャートの高値圏で出現した場合には下落トレンドの入り口を示唆するケースが多く、そのローソク足が陽線で終わるか陰線で終わるかも非常に重要な意味合いを持ちます。仮に、陰線で引けたとすればかなり売り圧力が強い証拠。陽線を引っ張った場合に比べて、より強い下落シグナルを意味します。

ローソク足の見分けるだけでも精度は向上する

ゴールデンクロスやデッドクロスなどのメジャーなテクニカル指標は、誰もが知るメジャーな指標はダマしが多いことも事実です。ダマしにダマされないためには、テクニカル指標だけではなく、ローソク足も合わせてみることが大切です。

“相場は気持ちで動く”という格言もあるくらいです。ローソク足の形状を知り、投資家心理を読み解けるようになるだけでも、投資の確度は格段に向上するのです。

初心者は本体とヒゲの長さに注目する

上述した通り、本体やヒゲが投資家心理を表すヒントになります。例えば、寄引同時線は投資家が気迷っている状態の表れです。寄引同時線とはその名の通り、上にも下にも行かない状況で寄り値と引値が一緒で取引を終えることですから、方向感が出ない状態です。

また、前日の値動きの範囲内で当日の値動きが収まるはらみ線も、同様に当日の値動きが少なく、それほど強いシグナルを表しません。このように、ローソク足やヒゲの長さがトレンドをつかむポイントになると言うことです。

まとめ

チャートとローソク足の基本的な考え方を押さえるだけ、テクニカル指標の信頼度は格段に向上します。

ローソク足とヒゲの基本的な考え方を押さえることがポイントです。投資家心理を分析し、タイムリーな投資判断ができるように心がけましょう。

» 投資初心者でもわかる株価チャートの種類と見方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。