初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

差金決済取引(CFD)を活用したリスクヘッジのアイデア

差金決済取引(CFD)を活用したリスクヘッジのアイデア

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

少額でもレバレッジをかけた取引ができる差金決済取引(CFD)では、積極的に利益を狙うことばかりに目がいきがちですが、相場の下落局面でリスクヘッジとして活用することもできます。

今回は、CFDを活用したリスクヘッジを念頭に置いた取引方法を、具体例を交えながら見てみましょう。

売り方に多いCFDのメリット

CFDにおいて買い方と売り方を比べると、メリットが大きいのは売り方と言えます。売りポジションを持つと、オーバーナイト金利を受け取れますが、これは利益獲得の観点から見たメリットと言えます。

また、相場の下落局面で売りポジションを持つことでリスクヘッジが期待できるため、利益機会の獲得やリスク回避といった点でも魅力的です。

インカムを狙う投資のリスクヘッジに最適

保有銘柄がマーケットに連れ安したとき、インカムゲインを重視して持ち続けるなら売却は避けたいところですが、ただ持ち続けるだけでは損失は膨らむ一方。このようなときには、CFDで売り建てることでリスクヘッジが期待できます。

下落局面では現物株式の含み損は大きくなりますが、CFDを売り建てることで損失を相殺できるので、CFDの売り建ては、インカムゲインを重視する投資のリスクヘッジに有効な投資方法と言えるのです。

権利落ち狙いの投資にも適している

売り建てもできるCFDは、権利落ち日後の値下がりを狙う取引にも役立てることができます。権利確定日が過ぎた銘柄は、株価が下落する傾向にあるので、このときにCFDの売り建てを利用すれば、利益を狙うことができます。

現物取引では株主優待と配当を得て、CFDでは相場下落による利益を得る。権利落ち後のCFDの売り取引は、投資家にとっては二重に恩恵を受けられる非常においしい取引と言えるのです。

決済期間の定めがないのが魅力

CFDには決済期間の定めがないのも大きな魅力です。例えば、制度信用取引では最長でも6カ月で反対売買によりポジションを決済する必要があります。これは、マーケットが想定外の値動きをして大きな含み損が発生しても必要になります。

これに対してCFDは、売買・決済期間の定めがないため、決済のタイミングを原因とする損失リスクを極力小さくした取引を実現できます。

リスクコントロールが重要

CFDは、売り・買いのどちらからでも建玉を持てることから、リスクヘッジを念頭にさまざまな取引ができますが、CFDに頼りすぎた取引はハイリスクとなることは忘れてはいけないポイントです。

基本的にCFDは、レバレッジをかけて売買をするハイリスク・ハイリターンの投資手法です。よって、CFDのマーケット変動リスクや損失拡大リスクについては、自分自身でしっかりとリスクヘッジをする必要があるのです。

高いレバレッジをかけて取引をしない

CFDにおいては、高いレバレッジをかけないことが重要です。レバレッジをかけた取引は少額の資金でもまとまった金額の取引ができますが、その分わずかな値動きで大きな損失が発生するリスクがあります。

リスクヘッジのためには、リスクとリターンを慎重に検討して、自己資金で対応できる範囲内での取引をすることが重要です。

まとめ

CFDは相場の下落局面で取引の選択肢を提供してくれるCFDは、使いこなせればリスクヘッジに大きな効果が期待できます。特に、インカムゲインを重視する投資をしている投資家には、下落局面での損失限定に大きな役割が期待できます。

一方で、レバレッジをかけた取引になることから、リスク管理には現物取引以上に注意する必要があります。高いレバレッジはハイリスクになる点に注意して、余裕を持って取引をすることが欠かせません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。