株の教科書.com

0

CFD専門用語:オーバーナイト金利とは

CFD専門用語:オーバーナイト金利とは

株の知識レベル:★★★★☆

CFDはデリバティブ取引の一種であり、現物の取引とは異なり、差金決済独自のシステムやCFDでのみ使われる専門用語も多数存在します。オーバーナイト金利もその内の一つと言えます。オーバーナイト金利とはその名の通り、夜を超えたときに発生する金利のことです。つまり、翌日にポジションを持ち越したときに発生する金利ですね。ここからはより詳しくオーバーナイト金利について確認して行きたいと思います。

オーバーナイト金利はFXにおけるスワップ金利のイメージ

実は、みなさんになじみのあるFX取引も、CFD取引に含まれ、直接通貨の売買があるわけではありません。FXを行ったことがある方ならご存じかもしれませんが、FXの重要な収益源としてスワップ金利があります。超低金利が続く日本から見ると、ほとんどの国が高金利です。よって、投資家は日本と各国の金利差を狙って外貨を購入する訳です。そのときに、毎日金利差分の収入が口座に反映されます。これがスワップ金利であり、スワップ金利がCFDでいうオーバーナイト金利に当たります。

オーバーナイト金利は翌日にポジションを持ち越したときに発生する

オーバーナイト金利は翌日にポジションを持ち越したときに発生する

オーバーナイト金利も、スワップ金利と似た仕組みを有します。スワップ金利とオーバーナイト金利の決定的な違いは、前者が二国間で金利差が開いている時に生じることに対して、後者はすべての売りポジションに対して発生する点です。売りポジションではオーバーナイト金利を受け取ることができます。一方で、買いポジションを持ち越した場合には、オーバーナイト金利を支払う必要があります。例えば、外国株CFD取引を行ったとしましょう。このようなケースでは、米ドルを借りて米国株を購入する訳です。よって、日本円から米ドルを借りたときには、金利分の資金調達コストが発生する訳です。この点は、非常に大事な考え方なので必ず抑えておきましょう。

CFDの買いポジションを持ち続けることはコスト増につながる

CFD取引の強みは、レバレッジを掛けることで少額から世界中のさまざまな資産に投資をできるので、ハイリスク・ハイリターンで短期投資に適した投資手法であることです。仮に、買いポジションを継続して持ち続けた場合には、上述した通り、オーバーナイト金利が発生し続けます。しかも調達コストである金利を払い続ける必要がある訳です。よって、株の長期投資をするときには、現物投資が無難。CFDで買いポジションを持ち続けることはコストの増加につながるのです。CFDでの買い持ちや長期投資はあらかじめ避けるようにしましょう。

すべての投資対象でオーバーナイト金利が発生するわけではない

オーバーナイト金利は、すべての投資対象に発生する訳ではなく、株式CFDと株価指数CFD、業種別CFDを利用した場合に限られます。業種別CFDとはすなわち、日本の業種別株価指数のことを表します。ざっくり言うと、株取引に関わるもの以外に、オーバーナイト金利は発生しません。この点も確認しておきましょう。

オーバーナイト金利は証拠金取引独自の概念

差金決済取引や証拠金取引においては、有価証券を自己資金で買い付ける現物取引とは異なるシステムを有します。自らの手持ち資金だけで取引を行っている訳ではなく、CFD業者から資金を借りて取引をする形を取るため、調達コストが発生するのです。この概念はデリバティブ商品における基本です。一方で、売り方の場合はいかがでしょう。こちらのケースでは売り方が資金の貸し手になるので、金利の受け取りが発生します。こちらも合わせて押さえておきましょう。

CFD取引は専門用語の理解が鍵

CFD取引は専門用語の理解が鍵

CFD取引においては、現物取引ではなじみのない難しい専門用語がたくさん出てきます。しかし、これらの内容を正しく把握しなければ、利益を獲得するポートフォリオを作ることはできません。CFD取引では仕組みの理解が取引の鍵を握ります。現物の商いと異なり、売りポジションを作ってから買い戻しをすることで収益獲得機会を得られます。オーバーナイト金利に係る売買の別についてもCFD取引独自の概念です。正しく仕組みを理解することを心がけましょう。

まとめ

オーバーナイト金利のポイントは、売り方と買い方でコストの授受に関わる概念が変わることです。特に、売り方はオーバーナイト金利を受け取ることができる点と、買い方がオーバーナイト金利を支払う点についてはあらかじめ確認しておく必要があります。CFD取引では概念と仕組みを理解することがポイントです。正しく仕組みの理解を進め、健全な利益獲得を心がけましょう。

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket