初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

個人型確定拠出年金(iDeCo)は解約できる?掛け金の変更や未納時も解説

個人型確定拠出年金(iDeCo)は解約できる?掛け金の変更や未納時も解説

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

私的年金として制度が始まった個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)ですが、まだまだ詳細を知らないという人が多いのではないでしょうか。

特に、「毎月の掛け金が足りない時に解約できるのか」「どうしてもお金が必要になった時に途中解約できるのか」は気になるところです。

今回は「iDeCoの解約」にスポットを当てていきます。解約の可否や掛け金が入金できないとき、掛け金の増減ができるのかについても確認していきましょう。

そもそもiDeCoを解約することはできるのか?

特定の条件以外では解約できないiDeCo

毎月一定額を積み立てていくiDeCoは、老後の資金を形成する目的でその制度がはじまりました。60歳以降にならないと引き出しができない仕組みです。

しかし、予定外のことが起こり、お金を使いたいときもあると思います。そのような時に解約はできるのでしょうか。残念ながら、一度積立をはじめたらiDeCoは解約ができず、60歳未満なら出金もできません。

iDeCoを解約できる二つの場合

例外として、国民年金保険料の納付を免除されていることや通算拠出期間が3年以下などの条件を満たしている場合、もしくは加入者が死亡した場合にかぎって解約することができます。特に加入者が死亡した場合は、遺族からの依頼があれば「死亡一時金」として出金することができます。

しかし、これらはあくまで例外であり、一度運用をはじめたら、途中解約はできない前提での運用が必要となります。

毎月の拠出金を出せなくなったらどうする?

積立ができなくなったら「運用指図者」になる

iDeCoは毎月一定額を積み立てていく仕組みですが、そのお金が出せなくなる場合はどうなるのでしょうか。拠出金を出せなくなると、加入者資格喪失手続きを取った上で「運用指図者」として今まで拠出したお金を運用することになります。

また、銀行の残高不足で拠出金の引き落としに失敗したときは、翌月にまとめての引き落としはできません。その月は「拠出なし」となるので気を付けましょう。

国民年金の未納があるとiDeCoへの拠出もできない

特殊な例として、国民年金の未納月があると、その月のiDeCoの拠出もできません。国民年金に加入していてiDeCoへの加入も考えているならば、年金の納付も忘れないことは絶対条件です。

増やす?減らす?途中で掛け金の変更はできるの?

年に一度だけ掛け金の増減ができる

給与が減った、子どもにお金がかかる等でiDeCoの毎月の拠出額を出すのが厳しくなった。反対に、給与が増えて拠出金を増やしたくなった…。短くないiDeCoの加入期間の間には、このようなケースも考えられます。中途解約ができないiDeCoですが、拠出金の増減はできるのでしょうか。

iDeCoの拠出金増減は年に一度だけ可能です。加入した金融機関から「加入者掛金額変更届」を取り寄せ提出すると変更は完了です。繰りかえしになりますが、変更できるのは年に一度だけなので、収入と支出のバランスを考えて、余裕を持てる金額の範囲内に掛け金が収まるように注意して手続きをしましょう。

指定月にまとめて拠出もできる

毎月の拠出は厳しいけれど、ある程度まとまった金額が入った時に拠出したいという人もいるでしょう。2018年1月より年に1回、加入者が決めた月に、まとめて拠出することが可能になりました。ボーナスを使う予定のない人はiDeCoでの資産運用を考えてみてはいかがでしょうか。

個人型から企業型に乗りかえるときには現金化が必要

さて、iDeCoは原則解約不可ではありますが、現金化をしないといけないケースがあります。それは、「企業型確定拠出年金」を運用している会社に就職・転職した時です。

企業型確定拠出年金を運用している企業に就職・転職するときには、iDeCoを一度精算・現金化して、資産を企業型確定拠出年金に移管する必要があります。ただし、会社がiDeCo加入を認めていれば、そのまま継続加入もできます。

就職・転職を考える時は、iDeCoのことも確認しておきましょう。

iDeCoの運用期間についても考えておこう

iDeCoは資産形成の手段。運用中のライフプランを考えよう

iDeCoは老後の資金形成のための制度であり、掛け金として拠出したお金は60歳になるまで引き出せない仕組みになっています。運用をはじめる前に「60歳までiDeCoの運用資金を引き出さずに生活できるか?」「毎月の拠出額は無理のない金額か?」を十分に検討する必要があります。

毎月一定額を掛けていくのは難しい時期もあるかもしれません。自分がこれから受け取るであろう給与やライフプランを考慮して、無理のない掛け金を設定することが欠かせません。

早めのスタートで無理なく資産形成を

iDeCoは20歳以上ならばほとんどの人が加入可能です。もし状況が許すならばなるべく早く加入して運用はじめることをおすすめします。早めにスタートすることで、運用資金が多くなり、受け取る金額がより多くなる可能性が高くなるだけではなく、毎月の掛け金を低く抑えても最終的な拠出金額を大きくすることが期待できます。

1年間、もしくは1ヵ月の拠出額をなるべく抑えたいのならば、すぐにでもiDeCo加入を検討してください。

まとめ

残念ですが、自己都合でのiDeCo解約はできないと思っていて間違いはないでしょう。また、運用途中での出金もできません。

出金が足りない、お金が必要なのにiDeCo分から使えないという状態になる前に、資産配分やライフプランニングについて真剣に考えておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。