初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

キムラタン(8107)など低位株は買っていい銘柄?

キムラタン(8107)など低位株は買っていい銘柄?

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

何かと注目を浴びるのが、株価は10円以下と非常に安く、日々の値動きも大きい低位株やボロ株です。値上がり率や値下がり率の上位に表れることが多く、これらの銘柄に注目する個人投資家も多いことでしょう。しかし、低位株・ボロ株の売買は思わぬ落とし穴が潜んでいます。

今回は、低位株・ボロ株の代表的な銘柄であるキムラタン(8107)を例に、低位株に投資するリスクを見てみましょう。

欲にまみれた取引が資産を目減りさせる

子供服やベビー用品に強みを持つキムラタンの株価は100円を下回り、個別銘柄では珍しく売買代金は1万円程度で取引できる銘柄です。1円の値上がりでも10%を超える値動きとなるため、個人投資家は短期の利ざや狙いで積極的に取引をする銘柄として知られています。

直近の決算を見ると、業績こそ安定しているものの、企業業績やファンダメンタルズを度外視した値動きが続いています。値動きに根拠がないことから、キムラタンに代表される低位株・ボロ株の取引はギャンブルと変わらないといえるのです。

キムラタンの取引参加者は、山っ気の強い個人投資家だけ

上述したように、キムラタンへの投資はギャンブルと大きく変わりません。なんとなく安くなったら買い、なんとなく高くなったら売る。この程度の分析しかできないでしょう。日々の売買代金や約定回数を確認しても、キムラタンへの売買参加者は個人投資家に限られていると想定されます。

また、時価総額や出来高を見てもプロが参入するほどの規模がありません。キムラタンの取引参加者の多くは、山っ気の強い個人投資家がメインと考えられるのです。

キムラタンは売買できないケースも。約定の仕組みを知る

キムラタンでは売買が成立しないことが度々発生します。この原因を知るためには、約定の仕組みを知る必要があります。

株式取引では、その株を売りたい人と買いたい人の価格が一致することで取引が成立します。例えば、キムラタンの株を6円で10万株買いたい人が居たとします。このようなケースでは、6円で10万株売りたい人が居ないと売買は成立しません。

売り買いが一致することを「板の一致」と言いますが、キムラタンは取引の不均衡により「板の一致」ならぬ「板の不一致」が起こるため、売りたいときに売れず、利益確定ができないと言った状況が起こりえるのです。

含み益があっても利益を確定させられなければ意味がない

上述したように、キムラタンは売れない可能性は小さくありません。株価が安いため、1円の値動きで10%以上の利ざやが期待できますが、含み益では意味がありません。

1円でも上がったらすぐに売り抜けようと考える投資家もいますが、「すぐに売り抜ける」ことは決して簡単ではありません。キムラタンに投資する投資初心者の中には、このことを知らない人を多く見受けます。最低限、板の知識は持ってマーケットにエントリーしなければなりません。

それでもキムラタンを買うときは余剰資金で

売買できない可能性があり、値動きも大きい。直近三年の売り上げ推移を見ると売上高は大幅減少が続き、一株当たり当期純利益(EPS)も2015年以降はマイナスに転じる等、企業としてのキムラタンは厳しい展開が続いています。それでもキムラタンを取引するのであれば、余剰資金で投資することを心がけましょう。

配当もなく資産形成には向かない

キムラタンへの投資は、語弊を恐れずに言えば整理ポスト・管理ポスト銘柄を売買することと一緒です。株価水準は整理ポストや管理ポスト入り銘柄と近いものがあります。

キムラタンは、ハイリスク・ハイリターンな銘柄であり、利益を上げることが非常に難しい銘柄であるという認識は持つべきです。

まとめ

株式投資をはじめるもっとも大きな理由は利益獲得であり、短期で大きな利益を期待できる銘柄に人気が集まる傾向があるのは無理のないことです。

しかし、キムラタンに代表されるような低位株・ボロ株は表にならないさまざまなリスクがあり、積極的に手を出すのははばかられる銘柄と言えます。仮に取引をするのであれば、十分なリスク管理と資金管理をした上で、余裕を持った取引が欠かせません。

» 初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。