初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

株価10円以下!?キムラタン(8107)など低位株は買っていい株?

株価10円以下!?キムラタン(8107)など低位株は買っていい株?

株の知識レベル:★★★☆☆

何かと注目を浴びるのが、株価は10円以下と非常に安く、日々の値動きも大きい「低位株」です。市況速報のニュースを見ても値上がり率や値下がり率の上位に表れることが多く、低位株に注目する個人投資家も多いことでしょう。

しかし、低位株の売買は思わぬ落とし穴が潜んでいます。今回は、キムラタン(8107)を例に、低位株に投資するリスクを見てみましょう。

キムラタンには手を出すな!欲にまみれたトレードが資産を目減りさせる

子供服やベビー用品に強みを持つキムラタン。株価は10円以下で、売買代金もそれほど多い訳ではありません。個人投資家がキムラタンに投資をする理由は短期の利ざや獲得でしょう。1円上昇でも10%を超える値動きとなるため、その利ざやは無視できるものではありません。

直近の決算を見ると、業績は悪くないものの、好業績に起因する株価の上昇も確認できません。企業業績やファンダメンタルズを度外視した値動きをする訳です。言い方を変えれば、値動きに根拠がない。よって、ギャンブルと変わらない訳です。

キムラタンの取引参加者は、山っ気の強い個人投資家だけ

上述したように、キムラタンへの投資はギャンブルとなんら変わりません。なんとなく安くなったら買い、なんとなく高くなったら売る。この程度の分析しかできないでしょう。日々の売買代金や約定回数を確認しても、キムラタンへの売買参加者は個人投資家に限られていると想定されます。

また、時価総額や出来高を見てもプロが参入するほどの規模がありません。キムラタンの取引参加者の多くは、山っ気の強い個人投資家がキムラタンのメインの取引参加者ということが予想できます。

キムラタンは売買できないケースも。約定の仕組みを知る

キムラタンでは売買が成立しないことが度々発生します。この原因を知るためには、約定の仕組みを知る必要があります。

株式取引では、その株を売りたい人と買いたい人の価格が一致することで取引が成立します。例えば、キムラタンの株を6円で10万株買いたい人が居たとします。このようなケースでは、6円で10万株売りたい人が居ないと売買は成立しません。

売り買いが一致することを「板の一致」と言いますが、キムラタンの場合は「板の一致」ならぬ「板の不一致」が起こっているのです。キムラタンは売りたいときに売れず、利益確定ができないと言った状況が起こりえるのです。

含み益があっても利益を確定させられなければ意味がない

上述したように、キムラタンは売れない可能性は小さくありません。株価が安いため、1円の値動きで10%以上の利ざやが期待できますが、含み益では意味がありません。

1円でも上がったらすぐに売り抜けようと考える投資家もいますが、「すぐに売り抜ける」ことは決して珍しくありません。キムラタンを購入する投資初心者で、このことを知らない人を多く見受けます。最低限、板の知識は持ってマーケットにエントリーしなければなりません。

それでもキムラタンを買うときは余剰資金で

それでもキムラタンを買うときは余剰資金で

売買できない可能性があり、値動きも大きい。過去三年の売り上げ推移も見ても売上高は大幅減少傾向。一株利益も2015年以降はマイナスに転じる等、厳しい展開が続いています。破綻のリスクも少なからずあるかもしれません。それでもキムラタンを取引するときには、余剰資金で投資することを心がけましょう。

配当もなく資産形成には向かない

キムラタンは配当もなく、長期投資に向く株ではありませんが、板の状況によっては売却できないケースもあります。このようなときには、意図しないで長期保有になってしまうときもあるでしょう。

キムラタンはあくまでギャンブルとしての位置づけ。語弊を恐れずに言うのであれば、整理ポストや管理ポストに入っている銘柄を売買することと一緒です。実際に、株価の水準としては整理ポストや管理ポストに入っている銘柄と近いものがあります。キムラタンも同様に、ハイリスク・ハイリターンの取引で、非常に利益を上げることが難しい株だと言う認識は持つべきです。

まとめ

個人投資家は短期で大きな利益を夢見がちです。株式投資を始める最大の理由は利益獲得です。その利益を短期で獲得できる銘柄があれば、使いたくなる気持ちは理解できます。

確かに、1円の上昇で10%を超える利ざやと聞けば、おいしい取引に映るでしょう。しかしさまざまな理由により、キムラタンは個人投資家には手を出すべきではない銘柄の一つです。仮にキムラタンの取引をするときには、リスク管理を厳重にした上で取引することが欠かせないと言えるでしょう。

» 初心者にもわかる株の買い方

札幌で働く元証券マンのファイナンシャルプランナー。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。
趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
総合評価
(0)
Pocket