初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者でもできる?空売りとは

初心者でもできる?空売りとは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

空売りは、株価の値下がり局面でも利益を出すことができる投資手法です。空売りは利益を得る機会を増やせる反面、多額の損失をこうむるリスクもあります。

今回は、空売りの仕組みや取引方法、取引の注意点を見てみましょう。

株式を借りて売り、買い戻して返済する「空売り」

空売りとは、株式を借りて売り、買い戻して返済するという取引手法です。現物注文と異なり、「買ってから売る」のではなく「売ってから買い戻す」という売買方法であり、「高く売って安く買う」ことで利益を出すことができます。

値下がりしている時でも利益を出せるため、現物株取引では見送る場面でも、空売りをすることで利益を得るチャンスがあるのです。

空売りをするには信用取引口座が必要

株式を借りて取引をする空売りには信用取引の口座開設が必要ですが、現物取引よりもハイリスクな取引となるので、口座開設には現物口座よりも厳しい審査が必要になります。

証券会社によって信用取引口座の開設基準は異なりますが、おおむね半年から1年程度の取引経験が必要としているところが多いようです。

空売りの損失は無限大に大きくなる可能性がある

空売りで最も注意しなければならないことは、理論上は損失が無限大になるリスクがあるということです。「買いは家まで、売りは命まで」という投資格言もあるように、空売りで失敗するとときとして命とりにもなるのです。

空売りでは余裕を持った取引が欠かせない

実際には追加証拠金(追証)や強制決済(ロスカット)といった投資家保護の仕組みが用意されているため、基本的に投資家のこうむる損失は限定されます。それでも相場の値動きによってはこれらの仕組みが間に合わないこともあるので、空売りでは余裕をもって取引することが欠かせません。

空売り銘柄の取引状況で金利が変わることに注意

空売りをするときのもう一つの注意点は、金利が変わる可能性があることです。空売りでは貸株料を支払って株式を借りて取引をしますが、空売りをしたいと考える人が多くなると、貸し出す株式が不足してしまいます。

その場合は機関投資家などから有料で株式を借りて貸し出します。この時に発生する品貸料は、空売りをする投資家が日々支払わなければなりません。

空売り銘柄によっては思わぬ高コストの原因にもなる

その日ごとに1株あたりいくらの逆日歩がかかるかは事後に公表されるため、空売りの状況によっては思わぬ高コストになることもあります。最近では個人投資家の間でも優待のただ取りと節税を目的に同一銘柄で現物買いと空売りをするクロス取引が人気を集めていますが、逆日歩がかさんでかえって損をしたというケースは珍しくなくなっています。

まとめ

空売りは、投資で利益を得るチャンスを大きく広げる手段となるため、空売りができるように信用取引口座を開設しておくのは悪いことではありません。ただし、安定した取引のためには現物取引とは異なる取引ルールを理解する必要があります。

知らないうちにハイリスクな取引をしていたということがないよう、空売りをするときにはしっかりと自己管理しておきましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。