初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者にも投資しやすい?内需関連銘柄とは

初心者にも投資しやすい?内需関連銘柄とは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

事業基盤が日本国内にある企業の株式である内需関連銘柄は円高に強く、為替が円高に向かうと「円高により、内需関連銘柄が物色された」というニュースを見聞きします。しかし一概に「円高=内需関連銘柄が上昇」と言い切ることはできません。

今回は、内需関連銘柄とはどういった銘柄で、どんなメリット・デメリットがあるのかを見てみましょう。

国内事業が収益基盤である「内需関連銘柄」

内需関連銘柄とは、「収益基盤を国内事業に置いている会社」と定義できます。内需関連銘柄には国内事業だけの会社ではなく、ある程度の海外事業を展開している会社も多く含まれています。具体的には、建設・不動産、電力・鉄道などのインフラや小売り・百貨店などの流通、通信などが挙げられます。

ただし、個別企業の地域別売り上げ・損益の内容によっては、内需関連銘柄とはみなされないケースもあります。

景気動向の強い影響を受ける内需関連銘柄

内需関連銘柄は景気動向が業績に大きく反映されるため、国内の景気動向に影響を受けやすいという特徴があります。ただし、すべての内需関連銘柄が影響を受けるわけでなく、業種や銘柄によって影響度には違いがあります。

例えば、外食・百貨店・不動産などは影響を受けやすい反面、電力・ガスなどのインフラ関連や食品メーカー・スーパーなどの小売り関連は、最低限の需要が見込まれるため、影響を受けにくいと言われています。

内需関連銘柄と為替の関係

内需関連銘柄といっても、製品の製造やサービス提供に必要な原材料や燃料の調達を輸入に頼るため、円高局面は仕入れが有利になるのでコスト削減が期待できるので、内需関連銘柄は円高局面では株価が上がりやすい傾向があります。逆に、仕入れコストがアップする円安局面では、内需関連銘柄にマイナスに働きます。

為替動向がどれだけ影響するかは製品やサービスの海外依存度に左右されるため、かつては内需関連銘柄と見られていた観光も、近年では海外旅行客のインバウンド消費に注力しているため、内需関連銘柄とは言いにくくなっています。

内需関連銘柄には資産株になりえるものもある

内需関連銘柄でも、競合が少なかったり高いシェアを確保していれば安定経営が期待できるので、長期保有に適する資産株として期待できます。

安定経営が続いていて、配当も十分に出しているようであれば、資産株として長期保有に向く銘柄と言えるでしょう。国内景気や為替の影響をあまり受けない業種であれば、非常に堅実な投資先になります。

内需関連銘柄に投資するメリット

収益の柱が国内にある内需関連銘柄は、海外への依存度が高い会社と比べて先行きなどを判断しやすいというメリットがあります。景気動向を肌で感じられるので、景気敏感株でもある内需関連銘柄に投資するべきかを多角的に判断できるからです。

だからと言って国内の情報だけにアンテナを張っていればいいのではありません。国内景気に悪影響を与えるほどの大きなニュースであれば、海外の情報でも内需関連銘柄にも影響をすることがあるので、大まかな動向程度は知っておきたいところです。

長期的には少子高齢化を意識

内需関連銘柄は日本の経済構造を密接な関係があるため、長期的には少子高齢化の影響を避けることはできません。教育関連企業や玩具メーカーは、少子化が進む中で顧客ターゲットを広げることができなければ、衰退せざるを得なくなるでしょう。

逆に、高齢者向け製品やサービスを提供している会社には、少子高齢化社会は追い風と言えます。とはいえ、競合企業が増えれば安泰とは言えないかもしれません。

まとめ

内需関連銘柄は、日本国内の動向で業績が左右される傾向にあるため、初心者にも投資しやすい企業と言うことができます。

日本経済が近い将来にどうなっていくのかを予測することができれば、成長する見込みが高い内需関連銘柄をいち早く見つけることができるかもしれません。

» 初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。