初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

人気銘柄への投資はむずかしい?初心者が失敗しやすいポイントとは

人気銘柄への投資はむずかしい?初心者が失敗しやすいポイントとは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資をはじめたばかりで人気銘柄に手を出して失敗した、という話をよく耳にします。実は、人気銘柄への投資は普通の投資よりもリターンとリスクが大きく、利益を得ることは簡単ではありません。

今回は、人気銘柄に投資することのメリット・デメリットを理解しておきましょう。あわせて根強い人気がある「株主優待」が魅力の銘柄に投資するポイントを見てみます。

人気銘柄にはどんなものがある?

人気銘柄とは、ポジティブ・ネガティブな材料により値動きや出来高が多くなっている株式のことで、ひんぱんに株価の上昇率や出来高のランキングで上位に登場します。

値動きが大きいため、よほどのことがなければ大型株が人気銘柄化することはなく、中小型銘柄がストップ高を記録するといったパターンが多いでしょう。

一時的に人気化する銘柄の特徴

人気銘柄は、注目されるまでパッとしない銘柄であることがほとんど。そんな銘柄が人気銘柄になるのは、業績や新規事業などでサプライズがあると、それまでの印象との大きなギャップになるためです。

人気銘柄になる前は赤字決算を記録していたり、利益率が低かったりすることが多く、投資先としての魅力があまり高くないため、株価も低調で出来高もそれほど多くありません。そのような銘柄が一夜にして稼ぎ頭になるのが特徴です。

人気銘柄を取引する場合のメリットは?

人気銘柄を取引するメリットは、短期間で大きな利益を手にすることができることです。人気があるうちなら出来高も多く、売買がしやすい環境です。

また、ある銘柄が人気化すると、近い業態の会社にとっても良い影響があるのではないかと考えられて、連想買いが入ることもあります。連想買いでは、はじめに人気化した銘柄ほどに値上がりしないのがほとんどですが、短期間で大きな利益を得られる点には変わりありません。

人気銘柄の取引で注意しておくべきことは

このように人気銘柄はリターンが期待できる反面、ハイリスクな取引になるということを忘れてはいけません。

人気銘柄の取引をするときには、どうして人気化しているかを確認しましょう。好決算が発表されたのであれば、その業績が今後も継続し、さらなる成長が見込めるのかを確認しましょう。新規事業などが好感されたのであれば、その事業が確実に成果に結びつきそうなのかを考える必要があります。

ほとんどの人気銘柄は、イナゴ投資家仕手筋が参戦するため、ポジティブサプライズと受け止められたニュースよりも過大評価されて株価が反応しています。こういった投資家(投機家)が離れていくと、普段通りの出来高に戻り、大きく上昇した株価は元の水準に戻っていきます。

人気銘柄が人気化しているのは数日程度で、いいタイミングで売買できなければ、大きな損失になってしまいます。初心者や堅実な投資を心がける投資家は、人気銘柄に飛びつくべきではないのです。

株主優待が人気になっている銘柄の特徴

人気銘柄以外に注目したい株式として、株主優待が人気の銘柄があります。

株主優待は、決算日などの権利確定日に株式を保有している必要があるため、株主優待が人気の銘柄は権利確定日に向けて買いが集まりやすい傾向にあり、株価が上昇しやすくなっています。

権利落ち日には、株主優待は欲しいけれども長期保有するつもりがない株主が売却するので、売りが出やすく値下がりする傾向があります。

株主優待の権利を狙って多くの人が取引している

このように、権利確定日まで買いが集まり、権利落ち日からは売りが出やすくなるのですが、この動きを利用しようとする投資家もたくさんいます。株主優待目当ての買いで株価が上昇すると見込んで、権利確定日よりも少し前に買っておき、権利確定日前後に高くなったところで売ろうとする人もいます。

また、優待の権利を手に入れるために株式を購入する傍らで、権利落ち日以降に株価が下落するのを見込んで、同じ銘柄の空売りを入れておいて、株主優待をほぼコストゼロで手に入れようとするクロス取引も知られています。

権利確定日前後は、通常よりも株価が激しく上下しやすくなります。取引前に株価の動きを見て、損をしてしまわないかを考えておくようにしましょう。

» 初心者にもわかる銘柄の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。