初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

大型株ってどんな株?初心者が投資するときのメリットと戦略とは

大型株ってどんな株?初心者が投資するときのメリットと戦略とは

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

大型株とは、時価総額や流動性が高い会社の株式を指します。東証一部に上場している銘柄では、東京証券取引所がランク付けした時価総額と流動性が高い100銘柄を大型株としています。

多くの人が知っている超有名企業がほとんどで、投資初心者が取引するのに向いています。大型株を取引するメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

大型株に分類されるのはどんな企業?

大型株として扱われる銘柄は、時価総額・流動性が高い(取引量が多い)銘柄です。大型株として扱われる銘柄には、自動車大手のトヨタ自動車(7203)や通信大手のソフトバンク(9984)、メガバンクの三菱UFJ銀行を中心とする三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など、グローバル企業がならんでいます。

東京証券取引所(東証)では、より厳密に「東証一部に上場する銘柄の中で時価総額や流動性が高い100銘柄」を大型株としていますが、個人投資家の感覚としては、この条件に限らず、時価総額や流動性が特に高い銘柄を大型株と考えて差し支えないでしょう。

ちなみに、発行済み株式総数が多いだけで時価総額が大きくない銘柄は、大型株とは言えません。このような銘柄はボロ株と呼ばれ、仕手筋による仕手株の対象になるなどマネーゲームの舞台になりやすく、大型株とは全く異なった値動きをする傾向にあります。

大型株はどのような値動きをする傾向にある?

大型株には会社の規模自体も大きく、比較的業績の安定した会社が多く含まれています。実際、東証が選定している100銘柄だけで、東証一部(約1,700銘柄)全体の時価総額の6割程度を占める規模になります。

大型株は時価総額が大きいため、よほど大きな取引がなされない限り、大きな値動きをすることはありません。大型株が10%を超える値動きを見せるケースは少なく、大きな不祥事が発生した場合や、世界的な金融危機が起こった場合などに限られるでしょう。

大型株を取引するメリットとは

大型株は日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)と同じような値動きになる傾向が強く、大きな損失を出しにくいというメリットがあります。

また、流動性も高いので、「買いたいのに買えない」、「売りたいのに売れない」というケースはほとんどないでしょう。信用取引で空売りができる銘柄が多く、値下がり局面で利益を出すことができるのもメリットと言えるでしょう。

大型株のその他のメリットは

大型株は会社の規模自体も大きく、業績が安定しているため、配当金が安定して支払っていることが一般的です。株主優待なども含め、インカムゲインを狙うこともできます。

その他には、情報が得やすいこともメリットです。大型株は注目度が高いため、情報が集めやすくなります。投資以外の普通のニュースでも取り上げられることが多く、情報が簡単に手に入ります。

大型株を取引するデメリットとは

大型株は、値動きが小さい傾向にある分、多額の利益を上げるのが難しいのはデメリットです。短期的に大きな利益を上げることはできないと考えておきましょう。また、いくつかの事業で業績が悪化しても会社全体の業績はあまり悪化せず、収益力が落ちてきているのがわかりにくいというのもデメリットの一つです。

決算短信に書かれているセグメント別売上高などのデータを見ることで、どの事業が好調でどの事業が不調なのかを判断することができます。ただ、先ごろ発覚した東芝やオリンパスのように、会計に不正などがあった場合には、判断できない場合もあります。

大型株に投資する場合の投資戦略は

大型株は値動きがゆるやかで安定した配当も期待できるため、短期投資より中長投資が向いています。長期投資をするのであれば、将来性のある業種に投資する方がよいでしょう。

どうしても日経平均株価などの株価指数(インデックス)に引きずられる傾向はありますが、業績の拡大が続けば、少しずつ株価は上昇していくはずです。直近で成長しているかどうかを見る場合には、一株あたり純利益(EPS)が参考になります。

その他には、インフラ株や食品株といった安定性が高い業種に投資して、堅実に配当金でのインカムゲインを狙うのもひとつの方法です。連続して配当し続けている銘柄であれば、安心して保有していられるでしょう。中でも、増配を繰り返している銘柄も魅力的です。

まとめ

大型株はリスクが比較的低く、メリットが分かりやすいので、初心者には最適な銘柄と言えます。値動きが小さいというデメリットを逆手にとって、多少の損失は授業料だと割り切って、いろいろな情報を調べたり、ニュースが株価にどのように反映されるかを見極めたりして、練習に使うことも可能です。

経験が少ないうちにリスクが高い銘柄への投資で大きな損失を出してしまう前に、大型株での投資で「株式投資の世界」を体験しておくことをおすすめします。

» 初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。