初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

CFD取引のメリット

CFD取引のメリット

株の知識レベル:★★★★☆

差金決済契約(CFD)は、口座開設する際に、保有資産や投資経験の有無が問われます。そして年齢制限もあるため、敷居が非常に高いと感じられるかもしれません。ですが、この取引方法にはたくさんのメリットがあります。現物株取引のリスクヘッジとして利用している人も多いようです。今回は、CFD取引のメリットについて、ご説明します。

自己資金の負担を軽くすることが可能

CFD取引で最も大きなメリットは、自己資金の負担の軽減が可能になることではないでしょうか? 株式投資をするにあたって、欲しい株があったら、必要な金額を全額準備しておかなければ、買うことができません。しかし、CFD取引では証拠金を差し入れておけば、その金額の数倍から数十倍の取引が可能になります。このようにレバレッジ(てこ)を効かせた取引ができることが特徴です。証券会社や取引する銘柄によってレバレッジ何倍まで取引できるかは異なり、銘柄によっては50倍以上の金額の取引ができる会社もあります。信用取引が証拠金の3倍までの取引が可能であることに比べて、CFD取引はさらに大きなお金を動かせることがお分かりいただけるでしょう。

手数料もお得になっているCFD取引

最近はインターネットでの株式取引が広まっており、どの証券会社でも手数料が安くなる傾向にあります。CFD取引でも例外ではありません。しかも、現物株取引よりも手数料を低く抑えている証券会社が多数あります。中には、完全無料にしているところもありますので、チェックしてみてください。一日に何度も取引することが多いCFD取引です。手数料負担もなるべく軽くしていきたいものです。

「売り」「買い」どちらから始めても大丈夫

通常の株式投資では、株式を「買って」高くなったら「売り」、その差額を利益とします。もちろん、買った時よりも下がったら損失が出ます。しかしCFD取引は、「売り」「買い」どちらからでも始めることができるという特徴を持っているのです。「買い」から始めるのは、通常の取引と同様に、今後株価が上昇すると予想する時、「売り」から始めるのは、今後の株価が下落すると予想する時です。株価が予想通りに動いたら、反対売買をして利益を確定します。この手法を使って、市場がどのように動いても利益を出すことが可能になります。
株価が下がっても損を出さないようにするため、現物株をしている人がCFD取引を併用してリスクヘッジする投資手法もあるのです。

反対売買の期限がないという利点

「売り」から取引ができる点は、信用取引と同じですが、この二つの取引方法には大きな違いがあります。それは、反対売買の期限があるかないかです。信用取引では、初めの取引から6カ月以内に反対売買をしないといけません。しかし、CFD取引では期限がありませんので、保有したままにすることも可能です。また、信用取引で必要な株式の調達コスト「逆日歩」が、CFD取引では不要です。ただし、一つ注意しないといけないことがあります。それは、急激な市場の変化で、株価が大幅に変動した場合です。CFD取引では、「強制ロスカット」といって、証拠金の不足が生じたら自動的に反対売買をする制度があります。どの時点で強制ロスカットになるかですが、各証券会社によって基準が違いますので、取引前に必ず確認しましょう。

CFD取引は幅広い銘柄の取り扱いが魅力

CFD取引は幅広い銘柄の取り扱いが魅力

CFDの取扱銘柄は、国内株式・国内株価指数・外国株・外国株価指数など、多岐に渡ります。万が一、日本国内の市場環境が悪かったとしても、外国の市場環境に問題が無かったら、投資先を切り替えればいいのです。現物株式のみ取引している人が外国株取引を始めたい場合は、外国証券口座を新たに解説しないといけない証券会社も多くあります。加えて、外国証券口座では口座管理料を徴収されることも少なくありませんが、CFDの口座では国内株式も外国株式も一緒に管理されています。そのため、新たな口座開設は必要なく、口座管理費もいりません。

証券会社によって得意分野があります

同じCFD取引でも、証券会社によって得意分野が異なり、国内株式に強いところ、株価指数の商品に強いところ、外国株式に強いところなど、さまざまです。どのような銘柄を扱っているかは各証券会社のWEBサイトで紹介されています。また、証券会社それぞれの特徴をまとめたWEBサイトもありますので、参考にしてもよいかと思います。

まとめ

CFD取引のメリットをいくつか取り上げました。CFD取引は、現物株取引よりも仕組みが難しく、誰でもできる取引ではないことは否定できません。しかし、このような取引方法があることを知っておいても損はないはずです。そして、株式投資の経験を積んできたら、リスクヘッジのために利用することも考えてみてください。様々な取引方法を利用して、株価がどのように動いても利益を出せるように、市場や取引に関しての見識を深めておくことをおすすめします。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。