初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式を子どもに贈与したい!たくさんのメリットと注意点

株式を子どもに贈与したい!たくさんのメリットと注意点

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

「相続で家族がもめる前に」「株式の相続は複雑になりそうなので、元気なうちに譲りたい」という理由で株式を子供に贈与する人がいるようです。生前にする「贈与」ですが、どのような手続きが必要であり、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

今回は、株の贈与について知っておきたいポイントについて取り上げていきます。

生前の贈与にはメリットが多くあります

相続の場合は、配偶者・子供など法定相続人がおり、分配の割合が決まっていますが、生前贈与の場合は誰に贈与するか、いくら贈与するかは自由に決められます。配偶者のみや子供のうちの1人のみに譲るということも可能です。また、法定相続人に入っていない孫に贈与することもできます。

贈与の最大のメリットは節税ができること

税金の面ではさらにメリットがあります。贈与を受ける人一人につき年間110万円までなら贈与税はかかりません。相続の場合は一気に全額を渡すことになり、金額次第では相続税がかかります。しかし、生前贈与ならば小額ずつの相続により、贈与税を節約することができるのです。

また、複数人数に年間110万円ずつ贈与するとその分に税金はかかりません。例えば、年間110万円を6人に贈与した場合は110万円×6人=年間660万円を非課税にできるのです。

贈与をする時の注意点

相続が発生した場合、相続人になっている人が相続開始から3年以内に贈与を受けていたとしたら、毎年110万円以内の贈与で非課税扱いとなっていたとしても、贈与されていた資産は相続財産と合算されてしまうのです。これを防ぐには、相続が発生するだろうと予想される時期よりも前から計画的に贈与を進めておくことをおすすめします。

また、贈与する側の人数及び贈与金額にも注意してください。例えば、父・母の2人から子供へそれぞれ年間110万円ずつ贈与した場合、受贈者(子供)の受取額は220万円になるため、贈与税がかかることになります。

贈与が相続税に。防ぐ方法はある!

このように小額ずつの贈与で節税が期待できますが、相続が開始されてしまったらどうしようもありません。しかし、相続税を回避できる方法はあるのです。それは、相続を受けない人に贈与をすることです。相続人が配偶者や子供になる場合、贈与先に孫を指定しておけば、万が一近い将来に相続が起こった場合にも、相続税課税の対象になりません。

子供に直接贈与するわけではありませんが、子供の子供に当たる孫にも資産を残したいと考えているのならば、ぜひ検討したい手法です。

毎年110万円までなら非課税?株式はどうやって計算する?

「毎年110万円までの贈与は非課税」とはいうものの、現金ならば分かりやすいけれど株式はどうなるの?と疑問を持つ人もいるでしょう。

株式には評価額の出し方がありますので、ご紹介します。こちらは国税庁の「上場株式の評価」によるものです。

上場株式の評価額は、その株式が上場されている金融商品取引所における課税時期(贈与があった日)の最終価格(取引がなかった場合は、その直前と直後いずれかで最も近い日の最終価格)により決められます。

なお、課税時期の最終価格が以下のうちの最も低い価格を超える場合は、その最も低い価格で評価されます。

  • 課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額
  • 課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額
  • 課税時期の月の毎日の最終価格の平均額

株の贈与をしたい時はどのような手続きを取るの?

まず、本当に贈与なのかどうかを証明するためにも、贈与者と受贈者の間で贈与契約書を交わしておくことをおすすめします。こちらには「贈与する意思」と「贈与する時期」、そして「贈与する物」を明記しておきます。

その後、贈与の意思を証券会社に伝えれば手続きの案内があります。この時、気を付けておかないといけないのは、「受贈者の口座」についてです。原則として贈与される株式は同一証券会社の口座に移管することになりますので、受贈者にも贈与者と同じ証券会社で口座を開設する必要があります。

また、証券会社によっては贈与手続きの手数料がかかることもあります。この手数料は受贈者ごとに発生する場合もあるので、複数人数への贈与を考えている人は確認しておきましょう。

まとめ

相続税の課税対象が広がった今、贈与に注目が集まっているところです。最近では証券会社でも株式の贈与対策に力を入れており、顧客サポートをしているところもあります。

数年にわたって贈与をする「暦年贈与」サービスを提供している証券会社もあるくらいです。税金対策として株式の贈与を考えているのならば、取引のある証券会社で一度相談してみてはいかがでしょうか。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。