初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者は手を出すな!という株式の種類

初心者は手を出すな!という株式の種類

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資は銘柄選びからはじまりますが、東京証券取引所(東証)一部上場銘柄に限っても数千銘柄に及び、どのように選べばよいのかとまどうことと思います。どの銘柄がいいのかは投資目的によって違いますが、取引を避けるべき危ない銘柄は確実に存在します。

今回は、株式投資をはじめたばかりで大きな失敗をしないよう、どのような銘柄が初心者には向かないかを確認していきましょう。

避けるべき銘柄:値動きのない銘柄

初心者が避けたい銘柄はズバリ、値動きがほとんどない銘柄です。このような銘柄は一日の売買数が極端に少ないことも珍しくなく、売買タイミングを掴むのは簡単なことではありません。

売却したいと注文を出しても、取引が成立しない可能性もあるのです。安易に手を出さない方がいいでしょう。

それでも投資をするなら株主還元に注目

値動きがない銘柄は投資対象として難しいと思われますが、「長期保有するつもりだから、値動きがなくてもいい」という人も中にはいるでしょう。あえて値動きしない銘柄を買う場合は、どこを見て投資先を決めればいいのでしょうか?

ポイントは、配当や株主優待などの株主還元の内容です。安定して配当を出していることや魅力的な株主優待があるなど、自分のニーズに合ったものを選んでください。配当金や株主優待の内容については、「会社四季報」や各種マネー雑誌、または株式情報サイトで紹介されています。

避けるべき銘柄:「監理ポスト」銘柄

「監理ポスト」とは、その銘柄が上場廃止基準に当たるかどうかを確認するために入れられるところです。上場廃止基準に当たるのは、株式公開買い付け(TOB)で株式が買い付けられ経営権が移る可能性があるときや、有価証券報告書等に虚偽記載があったときなどです。問題が解決すれば監理ポストから戻されますが、解決しなければ上場廃止に向けて動くことになります。

監理ポスト入りした銘柄は上場維持が疑われる銘柄であり、それだけ信用が落ちていると言えます。今後の株価上昇も難しいと言えるので、手を出さない方がいいでしょう。

よりリスキーな「整理ポスト」銘柄

管理ポスト入りした銘柄よりもリスキーな銘柄として、上場廃止が決定した銘柄が集められる「整理ポスト」銘柄があります。通常であれば整理ポスト銘柄は1カ月程度で上場廃止になりますが、その間も取引ができることから、整理ポスト銘柄はマネーゲーム感覚で売買されることが多く、株価が乱高下しやすい銘柄です。

整理ポスト銘柄は売買のタイミングを計るのが非常に難しいため、上場廃止までに売りそこねると投資分が全く回収できないという恐れがあります。目先の利益が求めて大損をしないように、監理ポスト・整理ポスト銘柄の取引は避けるようにしましょう。

避けるべき銘柄:「仕手株」

仕手株とは、「仕手筋」と呼ばれるプロ投資家集団によって、値動きが操られている銘柄です。

株価は業界の動向や企業の業績、市場環境などによって決まりますが、仕手株は業績や市場環境とは関係なく、仕手筋の任意のタイミングで株価が乱高下することとなります。仕手筋が仕手株からいつ手を引くかは仕手筋本人にしかわからないため、取引タイミングによっては大損をするだけのリスクもあります。

どの銘柄が仕手株になるのかは明確な傾向はありませんが、時価総額が大きく操りにくい大型株が仕手筋の対象となることは珍しく、小型株や不人気株が目を付けられやすいようです。

チェックしておきたい「信用買い残」

証券会社から資金を借りて取引をする信用取引は、手元資金の数倍程度の資金で取引できる取引方法であり、仕手筋がよく活用する取引方法の一つです。

信用取引のうち、取引所が認めた銘柄が対象となる制度信用取引では、6カ月以内に必ず反対売買(決済取引)をする必要があります。このうち、証券取引所や証券会社のサイト、株式情報サイトで確認できる信用買い残は、信用取引での買い株数がどれだけ残っているかを示すものです。

信用買い株数が多いということは、それだけ売る必要のある株式が残っているという証拠でもあります。その時点で株価が上昇していたとしても、信用買い残が多い銘柄は値下がりリスクがあるので、注意してください。

まとめ

初心者が手を出すには大きなリスクのある株式を見ていきましたが、ここで取り上げているものの中には、ある程度投資に慣れた人にとっても、避けた方が無難な株式もあります。

投資対象となる銘柄を決める時は、「手元資金で買えそうな株価なのか」だけではなく、業績、今までの値動き、売買高なども確認するようにしましょう。

» » 初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。