初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

初心者だからこそしっかり考えたい株式投資のリスク

初心者だからこそしっかり考えたい株式投資のリスク

株の知識レベル:★★☆☆☆

これから株式投資はじめる人がためらう一番の理由としては「損をするかもしれない、リスクを取りたくない」「財産を一気に失ったらどうしよう」ということではないでしょうか。リスクを回避する近道になるのは、予測されるリスクの内容を正しく知ることです。

では、株式投資の具体的リスクにはどんなものがあるのか、その対処方法として考えられるのは何かを見てみましょう。

株式投資のしくみは極めてシンプル

株式投資のしくみは極めてシンプル

株式投資は売った値段より買った値段の方が高ければ得をして、安ければ損をするシンプルな取引ですが、その難しさは「銘柄をどう選ぶか」「どのタイミングで売り買いするか」という点にあります。

これをしっかり考え始めるとその会社の業績はもちろん、社会や経済の動きまでチェックしなければならないなど、奥が深くなってくるところがその難しさなのです。

手数料が高くて損になることもある

株式投資のリスクといえば売り買いの差額での損失はもちろんですが、盲点になるのが証券会社への「手数料」です。手数料などわずかな金額と思えるかもしれませんが、回数を重ねると数千円、数万円になることもあります。

インターネットが普及する前の時代は営業マンを通じて注文する形(対面取引)であり、人件費を含む手数料は1回数千円にのぼることもありました。現在では対面取引を廃した「インターネット専業証券(ネット証券)」の普及により、手数料は劇的に下がっています。無駄な出費を抑えるためにも、ぜひともネット証券を利用したいものです。

「値下がり損失」の他に「機会損失」というリスクも

「値下がり損失」の他に「機会損失」というリスクも

株式投資未経験者がそろって心配するのが、「買った時より値下がりするリスク」です。確かに値下がりのリスクは無視できませんが、それよりも重要なのが、明らかに値上げ傾向にある株式を買う手元資金や時間がないという「機会損失」です。

「機会損失」を減らしたくても時間の制約があり、好きな時間に買い注文を出せない人には「指値注文」を利用するという手があります。

指値注文とは、自分があらかじめ決めた価格まで下がった時に初めて買うという条件付きで注文する方法です。この場合は注文の有効期限を決めておくことになりますが、予想外の高値でつかまされることを防ぐことができます。

資金面での機会損失を防ぐためには、常に手元に余剰資金を残しておくことが大切です。そこで大切なのが、時としては損切り(下がり始めている銘柄の損失を確定させて手放すこと)」を早めに行って現金化する決断も必要だということです。

初心者にはリスクが高すぎる「信用取引」

上昇が期待できる株をぜひ買っておきたいと考えるのは当然ですが、ある程度株式投資に慣れるまで決して手を出すべきではないのが「信用取引」です。

市場で取引されている株式の売買(現物取引)であれば、どれだけ損をしてもマイナスになることはありません。しかし証券会社から株式を借りて取引をする「信用取引」という取引は手元資金以上の取引ができるため、最悪の場合はマイナスの損失が発生するリスクもあります。

逮捕される可能性?不正取引に注意

逮捕される可能性?不正取引に注意

株式投資で金銭的に損をするだけであればまだ良いのかもしれません。しかし、一歩間違えて不正取引に手を染めると社会的信用も失い、「逮捕」という事態を招くこともあるのです。

不正取引の代表格として、まだ世間に知られていない情報を利用して株取引で利益を得ようとする「インサイダー取引」があります。例えば、自分の会社で画期的な新製品が発売され、確実に株価が上がると思われる場合にそれが発表される前に取引をするようなことが該当します。

インサイダー取引で逮捕された場合の具体的な量刑としては5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはこれらの併科となっています。

ネット全盛時代だからこそ注意したい「風説の流布」

不正に株価を操ることも不正取引となります。インターネットでの情報流通が当たり前の今日では、個人が不特定多数に向けて情報を発信することも極めて容易になっています。

その気になれば自分の株取引に有利になるような虚偽の情報を流すことも可能ですが、「風説の流布」に当たり、逮捕・起訴されることとなります。

まとめ

株式投資にはさまざまなリスクが潜んでいます。初心者に対しておすすめしたいのは「ネット証券」を利用して経費を抑えつつ、取引は「現物取引」で行い、株取引に慣れるまでは信用取引に手を出さないことです。

また、正当な手段で得た情報を使って取引することが基本であり、インサイダー取引にあたるような行為やネット等で不正に株価を上下させるような行為を決して行ってはなりません。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。