初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者こそしっかり考えたい株式投資のリスク

投資初心者こそしっかり考えたい株式投資のリスク

西岡容子
西岡容子
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資をはじめることをためらう理由としては「損をするかもしれない、リスクを取りたくない」「財産を一気に失ったらどうしよう」ということではないでしょうか。リスク回避には、予測されるリスクを正しく恐れることが必要です。

株式投資の具体的リスクにはどんなものがあるのか、その対処方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。

シンプルだが奥深い株式投資

株式投資の難しさは「銘柄選び」と「売買するタイミング」の2点にあります。この2つを追求しはじめると、果てしない情報収集と分析の沼に飲み込まれてしまいます。

これを避けるためには、銘柄選びや売買のタイミングをはからなくてよい長期分散投資が有力な選択肢となります。

手数料もコストのうち。無駄なコストは極力減らす

銘柄選びや売買のタイミング以外に盲点となるのが、取引手数料です。1回の取引では数十円から数百円程度とごく少額ですが、取引を重ねると無視できない金額になります。

手数料もコストという認識を持って、手数料プランや取引回数の見直しなどに踏み込んでもよいかもしれません。

値上がりを逃す機会損失というリスク

投資初心者が心配するのが値下がりリスクですが、値下がりリスクよりも無視できないリスクが、急騰銘柄を取引する手元資金や機械を逃す機会損失です。取引をしない・できないことがリスクにもなるのです。

機会損失のリスクを避けるためには、注文を省力化・自動化する指値注文・逆指値注文の活用や、常に手元に余裕資金を用意しておくことが有効です。

リスクヘッジに役立つ?信用取引

市場では値上がり局面だけではなく、景気後退などを原因とする値下がり局面もあります。そんなときに役立つのが信用取引です。使いこなせればリスクヘッジに役立つといわれている信用取引ですが、手元資金以上の取引ができるため、損失が一気にマイナスまで膨らむこともあります。

「買いは家まで売りは命まで」という投資格言があるように、信用取引には現物取引以上のリスクがあることを念頭に置いた取引が必要です。

不正取引は逮捕されるリスク

金銭的な損失だけであれば取りかえすことが期待できますが、金銭だけではなく社会的信用も失って法的に罰せられるリスクがあるのが不正取引であり、その代表格と言えるのが、インサイダー取引です。

インサイダー取引では、株価に重要な影響を与える「重要事実」を知る立場にある会社関係者や情報受領者が、重要事実が公表される前に株券などの特定有価証券を取引することです。

ネット全盛だから注意したい「風説の流布」

不正取引といえばそのほとんどがインサイダー取引でしたが、近年のSNSの発達と普及により注目を集めているのが、株価を意図的に変動させる目的のため、虚偽の情報を流す風説の流布です。

風説の流布かどうかの判断は極めて微妙であり、個別銘柄に関する積極的な情報発信はまず疑ってかかる姿勢が必要です。もちろん、自分が風説の流布を流さないように、発信する内容には細心の注意が必要です。

まとめ

株式投資をはじめるにあたっては、どこにリスクがあるかを知り、正しく対処する必要があります。一口にリスクといっても金銭面のリスクから法的なリスクまで、その内容はさまざま。

手数料などのコストを抑えることを意識しながら、過剰なリスクをとりすぎないように注意が必要です。また、取引がインサイダー取引にならないか、取引内容を公にすることが風説の流布にあたらないかなどにも注意が必要です。

» 株式投資の基本をもっと学ぶ
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。