初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者のための銘柄の選び方と判断材料の基礎知識

投資初心者のための銘柄の選び方と判断材料の基礎知識

西岡容子
西岡容子
記事の難易度:★★☆☆☆

株式投資にはじめて挑戦する人にとって、銘柄選びは最初の難関の一つです。適当に選ぶと損ばかりを重ねることとなり、慎重すぎるといつまでたっても投資をはじめることができません。

今回は、銘柄選びのポイントがどのようなものかについて見てみましょう。

投資家向け情報提供(IR)情報は重要な情報源

投資家向け広報(IR)などを活用した企業分析は、銘柄選びの第一歩です。近年では、情報公開に対する積極性が企業の健全性を反映していると見られるため、情報公開に積極的になっています。

IRに基づいて企業経営の内容や今後の事業計画を把握することは、銘柄選びの第一歩として今後の投資成績を左右するための重要な判断材料となるでしょう。

会社四季報にも目を通すことが大切

会社四季報というと、就職活動中の学生が入社試験を受ける時に読み込んでいるといったイメージを持っている人は少なくありません。しかし、会社四季報には上場企業の直近の業績や今後の見通し、株主構成など投資に必要な判断材料となる情報が詰まった、銘柄選びに非常に役に立つ情報源の一つです。

会社四季報は四半期ごとに発行されるので、読み比べや定点観測をすることで、思わぬ優良企業を発掘することもできます。

株価収益率(PER)も有効な判断材料となる

IRや会社四季報と並ぶ銘柄選びの材料として、株価を一株当たり当期純利益(EPS)で割ることで求められる株価収益率(PER)は重要です。一般的に株価収益率(PER)が低いほど、利益に対する株価が低水準にとどまっていることを示唆します。

PERは自分で計算することもできますが、上場企業であればYahoo!ファイナンスなどで最新の数値を確認することができます。

株価純資産倍率(PBR)も重要指標の一つ

PERと同様に重視したい株価指標として、資産面から見たときに「割安」か「割高」かを判断する株価純資産倍率(PBR)があります。

PBRもPERと同様に自分で求めることもできますが、Yahoo!ファイナンスなどでは銘柄ごとのPBRを算出・公開しています。

純粋に興味のある会社に投資する

ある企業の銘柄を購入することは、法律的にはそこの会社の構成員(株主)となることを意味します。このように考えると、銘柄選びの基準として自分が興味を持てる会社であるかも基準となります。興味の対象は業種や分野だけではなく、会社の経営方針や社長の個性でもかまいません。

また、心から応援したいという気持ちになれる会社であることも重要です。いかに興味のある会社や応援したい会社でも、財務状況が健全で、コンプライアンスがしっかりしていることは投資対象として最低限必要となります。

投資スタイルに合わせて銘柄選びをしよう

短期で値上がり益を狙うのであれば、値動きの大きい銘柄が集まる新興市場のジャスダック(JASDAQ)や東証マザーズ上場銘柄は穴場でしょう。反対に配当金の受け取りなど安定した投資を念頭に置いた投資を考えているのであれば、企業規模が大きく経営が安定している東京証券取引所(東証)上場銘柄が向いているといえます。

いずれにしても、株式投資を続けるためには、自分の投資スタイルに合わせて銘柄選びをすることが欠かせません。

まとめ

銘柄選びには、IRや会社四季報といった公開情報やPERやPBRなどの株価指標、さらにその企業が応援したいかどうかといった基準があります。どの部分に着目して銘柄選びをするは、あなた次第です。

個々人の投資の目的や投資スタイルに照らし合わせて、最適な銘柄選びをできるようになりましょう。

» 初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。