初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株価の流れに乗る?逆らう?順張りと逆張りを覚えよう

株価の流れに乗る?逆らう?順張りと逆張りを覚えよう

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

株の買い方・売り方には「順張り(じゅんばり)」と「逆張り(ぎゃくばり)」という方法があります。この2つは全く逆の投資手法ですが、どちらかが正解ということではありません。それぞれの投資スタイルで、どちらが向いているかが変わります。

順張りと逆張りにはそれぞれどんなメリット・デメリットがあり、どういった考え方で投資する手法なのかを理解しておきましょう。

順張り、逆張りとはどんな投資手法?

順張りは、株価の流れにあわせて投資を行う手法。株価の上昇しているときに買い、下落しているときに売るという相場に従順な投資行動をとるものです。

順張りは、株価の上昇・下落には勢いがあり、その勢いを確認してから流れに乗って投資しようという考え方に基づいています。株価の反応を確認しながら投資することで、できるだけ確実に利益を上げたいというスタイルです。

逆張りは、株価の流れに逆らう投資を行う手法です。株価が下落しているときに買い、上昇しているときに売却します。

逆張りは、株価が一時的に行き過ぎてまた元に戻ろうとする、という特徴を利用しようという考え方です。相場の流れが変わるタイミングを捉え、一度の取引でできるだけ多くの利益を得たいというスタイルです。

一般に、外国人投資家は順張りで投資することが多く、日本の個人投資家は逆張りで投資する傾向にあると言われています。ただ、個人投資家なら必ず逆張りをするべきというわけではありません。自身の戦略にあわせた手法を使ってみましょう。

順張りのメリット・デメリットは?

順張りのメリットは、流れに乗って取引をするため判断がしやすいことです。株価の上昇局面では株を買って含み損になっている人が少ないので、投げ売りしてくる人が少なく相場が崩れにくい特徴があります。そのため、スルスルと株価が上がりやすいのがメリットでしょう。

しかし、じっくりタイミングを見計らって安く買うことが難しく、後から流れに乗りに行くため利益率が小さくなりやすいというのがデメリットです。また、上昇局面が終わろうとしているタイミングで買ってしまうと、高値づかみになってしまうリスクがあります。

逆張りのメリット・デメリットは?

逆張りのメリットは、うまくタイミングを見測ることができれば高い利益率が上げられることです。また、流れと逆を行くため取引相手が多く、取引がしやすくなります。下落局面では売り注文が多いため、安い指値注文を入れておいて、できるだけ安く買うことも可能です。

デメリットとしては、相場の勢いが変わるタイミングを読むのが難しいことです。ある程度株価が下がったから買ったら投げ売りが続いてもっと下落したり、不祥事により株価が下落したので買ったところ影響が予想以上に大きくさらに株価が下落した、ということも少なくありません。

順張り・逆張りをするときのポイント

順張り・逆張りをするときのポイント

順張りで取引する場合にもっともわかりやすいのが、年初来や上場来といった一定期間中の最高値を更新したタイミングで、まだ今の勢いが続くと判断して売買する方法です。短期よりも中長期の方がより安定したリターンを期待できます。

上昇局面にある株でも、短期的には小さな上下を繰り返しています。順張りでは、ある程度値上がりしたタイミングで購入するため、小さな上下では利益は大きくなりません。長い視点での上昇を捉えて利益を大きくすることを考えるべきなのです。

逆張りでは、移動平均線などの指標を使い、上がりすぎ・下げすぎの株を見つけて売買するのが一般的です。中長期的な反発を探すよりは、短期的な小さな上下を捉えて勝率を上げられるようにする方がよいでしょう。

テクニカル手法にとらわれすぎないことも重要

順張りと逆張りのどちらも、株価の値動きに注目したテクニカル的なアプローチに偏っています。

しかし、株価は過去の値動きで決まるものではなく会社の将来を見据えて変動するものであり、その会社の現状を確認することも忘れないようにしましょう。

まだ上昇局面が続きそうなのか、どうしてここまで売られてしまっているのかといった今の相場の原因を考え、他の投資家の行動を予測しておくことが大切です。

まとめ

実際の投資で順張りと逆張りのどちらを選ぶかは自由です。その時々に応じて、両方を使い分けている人もいるでしょう。ただ、全く逆の投資スタンスをとっていても、株価の動きだけで判断するのは危険です。

順張り、逆張りだから成功するのではなく、株価以外の会社の状況も考えあわせて売買の判断をするから成功に近づくのだということを忘れないようにしましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。