初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

魅力的だけどご用心。タコ足配当企業への投資は避けよう

魅力的だけどご用心。タコ足配当企業への投資は避けよう

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

「タコ足配当」とは、利益が出ていないのに配当金を支払うことです。配当金が定期的に支払われているため、一見すると高い利回りの投資先に見えますが、長い目で見ると危険な投資先であることは珍しくありません。

今回は、タコ足配当の影響とタコ足配当企業の見分け方を知ることで、配当利回りの魅力だけに気を取られて投資しないようにしましょう。

利益以上の配当を出すのが「タコ足配当」

「タコ足配当」とは、配当金の原資となる利益よりも多額の配当を出すことです。利益を超える部分の配当は会社資産を切り崩して株主返還に充てているため、自分の足を食べることがあるタコに例えてタコ足配当と呼ばれています。

タコ足配当をしている銘柄は利益に比べて配当が多くなるため、見かけの配当利回りが高くなり、投資対象として魅力的な銘柄に見えることもあります。

タコ足配当をするとどうなってしまうのか

タコ足配当の原資となるのは、企業が積み上げてきた利益剰余金や、資本金に組み入れられなかった資本剰余金です。
タコ足配当は企業資産が株主に移すことでもあり、長期間続くと事業資金の減少を招き、貸借対照表(バランスシート)の財務状況はタコ足配当を続けるほど悪化します。

成長が止まるとタコ足配当がはじまる

タコ足配当をしている企業でも、成長過程では利益の範囲内で配当金を支払っていることがほとんど。しかし、業績悪化により株価が低迷すると、株主からの突き上げを恐れる経営陣が株価の下支え策の一環として、経営へのダメージを無視してタコ足配当に踏みきるのです。

タコ足配当ができなくなった時の影響は大きい

株価対策としてタコ足配当を導入すると、企業資産を果たせばタコ足部分も含めた配当を取りやめなければなりません。高配当銘柄からいきなり無配銘柄に転落するインパクトは、通常の業績悪化よりも大きなネガティブイメージとして、株価へのインパクトがさらに大きくなるリスクもあります。

タコ足配当は成長する力も失わせる

また、タコ足配当が続くほど企業としての成長余力が失われるリスクも大きくなります。事業を成長させるためには多額の投資が必要ですが、その源となる企業資産をタコ足配当で流出させていると、自分で成長余力を毀損させているのです。

成熟業種であれば投資対象も限られているので、高配当銘柄にも一定の政党制がありますが、新技術の登場による技術革新や新規参入企業による競争の誘発など、変化に備えた資金の用意が求められます。そのようなときにタコ足配当で資金に余裕がなければ、不利な条件での資金調達が余儀なくされるのです。

タコ足配当かどうかは配当性向を見ればわかる

ある銘柄の配当がタコ足配当かそうでないかを確認するためには、ある年度の税引き後利益に対する配当金(支払総額)の割合である配当性向を確認しましょう。

配当性向は、1株あたり税引き後利益を配当金で割ることで求めることができます。配当性向が100%を超える企業への投資は慎重になる必要があります。

まとめ

タコ足配当を決めるということは、その企業の経営者が「今は将来への投資は後回しにしています」というメッセージを発していると言えます。

タコ足配当で目先の株価維持に走る企業は、長い目で見ると厳しい判断をする方がいいのかもしれません。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。