初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

松井証券はなぜ投資家達にひいきにされるのか?その魅力を徹底分析

松井証券はなぜ投資家達にひいきにされるのか?その魅力を徹底分析

徳田陽太
記事の難易度:★☆☆☆☆

他社とは一線を画すサービスが魅力の松井証券。今日のネット証券の進化は、松井証券が切り開いたと言っても過言ではないでしょう。同社の歴史を振り返っても、まさにネット証券のさきがけです。無期限信用取引や夜間先物取引をいち早く導入したのも松井証券なのです。

今回は、著名個人投資家もひいきにする老舗証券、松井証券の魅力を徹底分析したいと思います。

松井証券はとにかく手数料が安い

松井証券の魅力は圧倒的な手数料の安さにあります。現物株式取引で、10万円までの少額帯の手数料をいち早く無料化したのは松井証券です。まさに、手数料値下げ競争の先陣を切った証券会社なのです。

また、信用取引の手数料も業界最安水準です。特に、同社が提供する1日信用取引は、約定代金の額に関わらず手数料が無料。こちらのサービスは当日中に反対売買をすることが要件になります。

含み損を残さないと言う観点からも、手数料が安いという観点からも個人投資家にはメリットになる制度と言えます。

松井証券ならNISAも手数料が無料

松井証券ならNISAを利用した際にも手数料が無料となります。120万円までと非課税枠の制限はあるものの、売却益や配当にかかる税金を削減出来ます。高配当銘柄に積極投資をすることで、恩恵を受けることができるでしょう。

上述したように、松井証券では買い付け時の手数料も無料になります。手数料の軽減を考えると、NISAと松井証券は非常に相性の良い組み合わせとなります。

IPOの当選確率が資金力に左右されない

個人投資家にとって、IPOは注目の的のひとつでしょう。実際に、ここもとのIPOマーケットは非常に優良株が多く、初値で100万円を超える利益をたたき出す銘柄もあるほどです。

一般的に、IPOの配分は資金力に左右されるケースがほとんどです。特に、大手証券でIPOの当選を目指すのは至難の業です。しかし、松井証券のIPO抽選は個人の資金力に左右されないことが特徴です。完全平等抽選を行っているため、万人が同じ土俵で抽選のテーブルに乗ることになります。

投資初心者でIPOの参加を考える場合には、松井証券での口座開設を検討しましょう。

2017年の取り扱い実績は14銘柄。大化け銘柄も。

2017年、松井証券では14銘柄のIPO取り扱い実績があります。単純計算すると、月に1度以上IPOがある計算になり、取り扱い実績は申し分ないと言えるでしょう。

初値で公募価格の倍に迫る上昇を見せたマネーフォワードや、テンポイノベーション。さらには、公募価格の倍返しの上昇を見せたユニフォームネクストやみらいワークス等注目銘柄も多数取り扱った実績があります。これらの銘柄に完全平等抽選で申込みできることも松井証券の強みと言えるでしょう。

チャートフォリオでテクニカル分析のスピードが向上

テクニカル分析は株式投資において非常に重要な分析手法です。少なからず、ローソク足やチャートには投資家心理が反映されます。一方で、テクニカル分析には時間が掛かることも事実です。

松井証券のチャートフォリオテクニカル分析のスピードを向上させてくれるツールです。特に、テクニカル分析が重宝される短期投資家には非常に便利な取引ツールと言えるでしょう。

簡単にチャートフォリオのサービス概要を説明すると、テクニカル分析のスクリーニングができます。画面に表示される、25種類のトレンドシグナルの中から、知りたいシグナルをクリックします。クリック一つで、急上昇銘柄や急落銘柄のスクリーニングができるのです。

こちらのツールは、松井証券に口座開設していれば無料で利用することができます。他社とは一線を画した、松井証券独自のトレーディングツールと言えるでしょう。

プロも利用する情報ベンダーのツールを無料で使える

松井証券では、他社では有料で提供されるサービスも無料で使うことが出来ます。国内の証券マンやアナリスト、機関投資家は、QUICKという日経新聞社グループ傘下の情報ベンダーから情報を仕入れています。つまり、QUICK社のシステムが端末に導入されており、即時性の高い情報やリアルタイム株価を確認することができます。

松井証券では、口座開設をするだけでプロが使うトレーディングツールを無料で利用できるため、トレーディングツールの充実度も他の証券会社と比べて充実しています。

まとめ

ネット証券の雄、松井証券。手数料の安さ、サービスの充実度、どれをとっても他のネット証券のワンランク上の内容を提供しています。

特に、デイトレードや信用取引をお考えの方には非常にフィットする証券会社です。トレーディングツールは投資上級者が使っても申し分ありません。メイン口座にも、サブ口座にもおすすめの証券会社です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。