初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

「だまし」の発生に要注意!テクニカル分析における偽シグナルを見極めよう

「だまし」の発生に要注意!テクニカル分析における偽シグナルを見極めよう

徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

主に、チャートの動きから株価の先行きを予測するテクニカル分析は、特に短期売買では非常に有効な手段として知られています。テクニカル分析の基礎を学ぶことで、短期売買の精度も格段に向上するでしょう。

一方で、ただ単純にチャートの形を覚えれば良いのかと言うと、その限りではありません。テクニカル分析には「だまし」なるものも存在するのです。そもそも、テクニカル分析におけるだましとは、どのようなことを指すのでしょうか。

「だまし」とはフェイクのこと。

「だまし」とはフェイクのシグナルのことを示唆します。仮に、ローソク足が、教科書通りのチャートを形成したとしても、必ずしも信頼度の高いシグナルとは言い切れません。つまり、だましの可能性がある訳です。

テクニカル分析においては、いかにしてダマしを見極めるかが最大のポイントです。フェイクのトレンドシグナルに捕まってしまっては、思ったような利益を出すことは出来ません。

ゴールデンクロスにもだましが多い。

ゴールデンクロスとは、株価が下落した後に、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上抜けるチャートのことを言います。比較的信頼度の高いシグナルとして、広く知られているテクニカル分析です。チャートの形状もわかりやすいので、初心者向けテクニカル分析の定番ツールとしても知られています。

しかし、ゴールデンクロスは、だましが多いことも特徴です。特に、株価の急落直後に、急反発して形成されたゴールデンクロスには要注意です。このようなケースでは、すでに株価が上がり切ってしまっていることが多いのです。移動平均線、株価の乖離(かいり)が著しい状態でのゴールデンクロスにはだまされないようにしましょう。

市場注目度の高い銘柄こそ、だましに注意する。

だましは、投資家心理を逆行することが非常に多いと言えます。特に、市場注目度の高い銘柄については、だましが発生しやすいので、理解しておきましょう。

資金流入が著しい銘柄は、値動きもそれなりにあります。基本的に、個人投資家はセオリー通りに投資行動を取るケースが多いですから、信頼度の高いシグナルが発生した際には、躊躇なく購入しに行きます。

一方で、大きな資金流入を逆手に取って儲けようとする、短期筋も居ます。いわば、ヘッジファンドに代表される投資のプロ集団のことです。市場注目度の高い銘柄こそ、だましに注意して投資判断を行わなければなりません。

抵抗線をブレイクした場合はだまし発生を疑うべき。

テクニカル分析において、抵抗線の考え方は非常に重要です。抵抗線とは、下値圏でのサポートラインのことを示唆します。つまり、一般的には、抵抗線にローソク足がタッチした場合には、反発局面入りする可能性が高いと考えられるのです。

セオリー通りに投資行動を取るのであれば、抵抗線にタッチしたときは買いシグナルです。しかし、その投資家心理を逆手に取るのが短期筋です。

仮に、抵抗線を下抜けた場合はどうでしょう。ほとんどの投資家は、抵抗線を割ったことを嫌気して、一気に売りを浴びせるでしょう。本来であれば下落トレンド入りするはずですが、実際には急反発するケースも多いと言えます。

つまり、短期筋は、他の投資家をだますチャンスを虎視眈々と伺っている訳です。これがダマしが発生する最大の理由と言えるのです。

レンジ相場のだましには要注意。

レンジ相場のだましには要注意。

レンジ相場とは、一定の範囲内で株価が推移する相場のことを言います。レンジ相場にも非常にだましが多いのです。基本的に、レンジの上限や下限を上抜けた場合には、その方向にトレンドが作られることが一般的です。しかしながら、このセオリー通りの動きこそがだましである可能性があるのです。

レンジ相場でのブレイクポイントでは、売買を焦らないことが鉄則です。ボックス圏の上限、下限での値動きには特に注意すべきだと言えるのです。

だましに掴まった場合には、機動的な投資判断を。

とは言っても、だましに掴まってしまうケースもあるでしょう。もし、だましに引っかかってしまったら、なるべく早いタイミングで売り抜けることがポイントです。

短期筋の資金が流入すると、一気にマーケットの潮目が変わることも多々あります。早めの損切りで、損失を最小限に食い止めることを意識しましょう。さもないと、自分のポジションとは逆行して、トレンドが反対方向に作られるリスクが生じてしまいます。だましに掴まった際には、機動的な投資判断を行うよう心がけましょう。

まとめ

テクニカル分析のパターンを覚えることは簡単でも、本質を理解することは非常に難しい作業と言えるでしょう。教科書通りのチャートを形成したからと言って、その通りにマーケットが動くとは限りません。

特に、指示線や抵抗線をブレイクした際には、だましの発生に要注意です。常に、機動的な投資判断を下せるように準備しておくことが大切です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。