株の教科書.com

0

資産運用でセミリタイアできる?

資産運用でセミリタイアできる?

株の知識レベル:★★★☆☆

セミリタイアを夢みている人は少なくないでしょう。満員電車に揺られて会社に行かず、気ままに暮らすことができれば幸せですが、セミリタイアをするのは簡単なことではありません。資産運用をしながらのセミリタイアも可能かもしれませんが、それでもかなり上手に運用できなければなりません。今回は、資産運用でセミリタイアするときのポイントを見てみましょう。

そもそも、セミリタイアとはどういうことか

セミリタイアとは、「定年前に退職し、金融資産で悠々自適に生活をすること」と言えます。早めに退職するため、その後の長い生活を考えると、まとまった資産を持っていないとセミリタイアするのは難しそうです。仮に、年間400万円(1カ月30万円強)の生活費がかかるとすると、セミリタイア後の生活が40年なら1億6,000万円必要です。長生きすることを考えれば、生活費はもっとかかるかもしれません。それだけの資産を若いうちに作ることができる人はなかなかいません。ということは、まとまった資産を保有してセミリタイアし、それを運用しながら生活することになるでしょう。

まとまった資産でセミリタイアするには運用が欠かせない

まとまった資産でセミリタイアするには資産運用が欠かせませんが、どの程度の資産が必要なのでしょうか。次の条件で試算してみました。

  • セミリタイア後の期間:40年
  • 生活費:400万円(ただし、20年後からは年金収入が200万円とする)
  • 資産運用の利回り:3%

上記の例では、7,600万円の資産が必要になります。ただ、これでは40年後に資産がほぼゼロになる計算です。もっと長生きするかもしれない、運用利回りが3%を切るかもしれない、予定外の出費が重なるかもしれないといった心配の種もあります。そんな心配を少しでも減らすためには、セミリタイアするときの資産を少しでも多くしておくことはもちろん、それ以外の部分でもいろいろな工夫が必要です。

セミリタイアをしやすくするには:不動産投資

セミリタイアには堅実な投資が欠かせませんが、その一つが不動産投資です。借り入れも活用して投資用の不動産を購入すれば、人気のある地域ではそれなりの利回りで運用することができます。また、集合住宅を建設すれば、自分が生活する家も一緒に準備することができます。ただ、金利負担や修繕費、空室などのリスクもあります。不動産は現金化するのが難しい点にも注意が必要です。

セミリタイアをしやすくするには:優良企業の株に投資する

もう一つの堅実な投資として考えられるのが、優良企業の株式を保有することです。安定的に成長して得られるキャピタルゲインと配当のインカムゲインで、3%を超えるリターンが得られるケースもあるでしょう。しかし、景気の影響を受けたり、企業業績が悪化したりすると、リターンどころか損失が発生する可能性もあります。どのような銘柄に投資すればいいのかだけでなく、リスクを分散させるために複数の銘柄に投資するなどの対策が必要です。

セミリタイアをしやすくするには:物価の安い場所に住む

資産運用でセミリタイアできる?

運用をできるだけ堅実にかつリターンを大きくすることは重要ですが、100%運用を成功させられる保証はありません。そこで考えるべきことは、「支出を抑えること」です。同じような生活をするにしても、物価が安いエリアに住めば、生活費を抑えることができます。前述のシミュレーションで、7,600万円の資産がある場合、生活費を5%(20万円)抑えることができれば、40年後の資産の残高は1,500万円です。これだけ残っていれば、仮に長生きしたとしても安心できるでしょう。都心部の華やかな街に住みたいのであれば、逆に生活費は上がり、より多くの資産がないとセミリタイアできません。

セミリタイアしても、つつましい生活を心がける

ここまでのシミュレーションでわかることは、富裕層でもなければ、全く何もせずに好きな場所で好きなことだけをしてセミリタイアするのは難しいということです。何でも自由にしたければ、生活費も多くなるでしょう。そのため、まとまった資産を作ったうえで、つつましい生活を心がける必要があります。また、堅実にリターンを生む資産運用をしなければならず、「運用がセミリタイア後の仕事だ」と言えるくらいでないといけないかもしれません。もしくは、少ないながらも多少は働き続けるという手もあります。運用をするにせよ、多少働くにせよ、社会との接点を持ち続けることが生活に刺激を与え、充実したセミリタイア生活の源になるかもしれません。

まとめ

セミリタイアしても、その後の生活を安定したものにするには運用・生活の両面でかなりの努力が必要だと言えます。「これくらいあればセミリタイアできるだろう」という甘い考えではなく、「これだけあれば、いろいろと問題が起きても十分すぎる資産がある」と言えるくらいに資産を用意しておくべきです。老後に資金が不足しても、その時には取り返しがつきません。準備の段階で慎重に考えるようにしましょう。

大阪でファイナンシャルプランナーとして活動。
資産運用に関する記事やビジネス関連の記事を多数執筆。
総合評価
(0)
Pocket