初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株でセミリタイアはできるのか?シミュレーションから考える資産運用の工夫

株でセミリタイアはできるのか?シミュレーションから考える資産運用の工夫

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

満員電車に揺られながらこの記事をご覧になっている方の中には、いずれセミリタイアすることを夢みている人は少なくないでしょう。会社に行かず気ままに暮らすことができると幸せですよね。

資産運用をしながらのセミリタイアは可能かもしれませんが、生活がかかっているのでうまく運用する必要があります。今回は、資産運用でセミリタイアするときのポイントを見てみましょう。

まずはセミリタイア後の生活費を考えてみる

セミリタイア、つまり早期リタイアとは、定年前に退職して金融資産で悠々自適に生活をすることです。

早めに退職するということは、当たり前ですが給料が入ってきませんので、その後の長い生活のためにまとまった資産を用意しておく必要があります。

仮に、1カ月30万円強、年間で400万円の生活費がかかるとすると、セミリタイア後の生活が40年なら1億6,000万円かかります。長生きすることを考えれば、生活費はもっとかかるかもしれません。

それだけの資産を若いうちに保有している人はなかなかいないでしょう。ということは、ある程度まとまった資産を保有してセミリタイアし、それを運用しながら生活するというスタイルが現実的になってきます。

運用しながら生活するための資産を試算する

セミリタイアするために必要な、まとまった資産というのはどれほど必要なのか、試算してみましょう。

  • セミリタイア後の期間:40年
  • 生活費:400万円(ただし、20年後からは年金収入が200万円とする)
  • 資産運用の利回り:3%

上記の例では7,600万円の資産が必要になります。ただ、これでは40年後に資産がほぼゼロになる計算です。もっと長生きするかもしれないし、運用利回りが3%を切るかもしれない、予定外の出費が重なるかもしれない、といった心配の種もあります。

そんな心配を少しでも減らすために、セミリタイアするときの資産を少しでも多くしておいたり、それ以外にもいろいろな工夫をしていきましょう。

セミリタイアのための工夫①

セミリタイアには堅実な投資が欠かせませんが、その一つが不動産投資です。

借り入れも活用して投資用の不動産を購入すれば、人気のある地域ではそれなりの利回りで運用することができます。集合住宅を建設すれば、自分が生活する家も一緒に準備することができます。

ただし、金利負担や修繕費、空室などのリスク、不動産は現金化するのが難しい点にも注意しましょう。

セミリタイアのための工夫②

堅実な投資としてもう一つ考えられるのが、優良企業の株式を保有することです。安定的に成長して得られるキャピタルゲインと配当のインカムゲインで、3%を超えるリターンが得られるケースもあるでしょう。

しかし、景気の影響を受けたり、企業業績が悪化したりすると、リターンどころか損失が発生する可能性もあります。

どのような銘柄に投資すればいいのかだけでなく、リスクを分散させるために複数の銘柄に投資するなどの対策を検討しましょう。

セミリタイアのために考えるべきこと

資産運用でセミリタイアできる?

資産運用をできるだけ堅実にし、リターンを大きくすることは重要です。しかし、資産運用を100%成功させられる保証はありません。

そこで考えるべきは「支出をおさえること」です。同じような生活をするにしても、物価が安いエリアに住めば生活費をおさえることができます。

先ほどのシミュレーションでは40年後に資産がほぼゼロになりましたが、もし生活費を年間5%(20万円)おさえることができれば、同じ40年後の資産残高は1,500万円となります。これだけ残っていれば安心して長生きできるでしょう。

セミリタイア後に何をするかも考えたい

ここまでのシミュレーションでわかる通り、何も考えずに好きな場所で好きなことをしてセミリタイアすることはできません。まとまった資産を作ったうえで、長期の運用生活を心がける必要があります。

堅実にリターンを生む資産運用をしなければならないので、セミリタイアしたとしても投資が仕事のようになるかもしれませんね。

もちろん、完全にリタイアせず少ないながらも働き続ける、という手もあります。いずれにせよ、社会との接点を持ち続けることは、刺激をもらえますし、充実したセミリタイア生活の源になるでしょう。

まとめ

憧れのセミリタイアをしても、その後の生活を安定したものにするには資産運用・生活の両面で、かなりの努力が必要になりそうです。

「これくらいあればセミリタイアできるだろう」という甘い考えではなく、いろいろと問題が起きても充分だと言えるくらいの資産を用意しておくことが大切です。

老後に資金が不足しても取り返しがつきませんので、セミリタイアをするなら準備段階で慎重にシミュレーションをしてから挑みましょう。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。