初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

30歳から始める資産形成。お金の貯め方・増やし方について考えてみよう

30歳から始める資産形成。お金の貯め方・増やし方について考えてみよう

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★☆☆☆

学校を卒業して社会人になり、仕事でも後輩ができて責任がある立場になった、転職をした、結婚している人もいるし自分も考えたい、などなど…30歳とはそのような年齢ではないでしょうか。30歳を過ぎたなら、そろそろ老後も含めた将来設計を真剣に考えてもいい年頃です。

今回は、現在の保有資産に関わらず、30歳からできる資産運用の考えかたや、資産の増やし方について見てみましょう。

自分の預貯金額の把握からはじめよう

資産の殖やし方や資産運用の方法を見る前に、まずは自分がどれだけの資産を持っているかをチェックをしてください。

他にも、一定期間を超えて入出金がなく放置されている口座(休眠口座)はありませんか。もしこれらの口座にお金が少額でも残っているなら、口座を解約してしまうのが賢明です。法改正により、消滅時効を超えると休眠口座の残高は国庫に編入されてしまいます。

せっかく稼いだお金を手放さないように、休眠口座は早め早めに整理することをおすすめします。

金融機関の利率を意識していますか?

休眠口座を整理するのと合わせて、銀行や郵便局の預貯金の利率を再確認しましょう。銀行や郵便局を何となく使っているかもしれませんが、利率は銀行や急便局により異なりますが、一般にネット銀行の方が利率が高い傾向があるため、ネット銀行に口座があるなら預け替えも検討してもいいかもしれません。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の積立投資で資産形成

当面の生活費を除いても金銭に余裕があるようであれば、資産運用を考えてみましょう。いきなり特定の銘柄に全額を投資するのではなく、少額づつ資金を積み立てる「積立投資」がおすすめです。積立投資を強力にサポートする仕組みとして見逃せないのが、個人型確定拠出年金(iDeCo)です。

iDeCoは自分の意志で加入する「私的年金」であり、厚生年金や国民年金といった公的年金の補助として、毎月一定額を自分で決めた商品に投資するものです。また、満60歳になるまで掛け金の引き出しができないことから必然的に長期投資になることと、掛け金や運用益、受け取り時まで、さまざまな場面で非課税となっているのが魅力です。2017年から加入資格者が大幅に拡大されたことでより身近な仕組みとなりました。

iDeCoは株式や債券を投資対象とする投資信託で運用しますが、金融機関によって取扱商品が違うので、どのような投資信託に投資できるかを十分に比較・検討した上でiDeCo口座を開設するようにしましょう。

税制優遇を利用しよう!NISA・つみたてNISAもおすすめ

税制が優遇される積立商品には、少額投資非課税制度(NISA)や、積立投資向けに見直した「つみたてNISA」もあります。

NISAは、年間120万円・最長5年間で総額600万円(つみたてNISAは年間40万円・最長20年間で総額800万円)までが非課税となり、口座開設に資格は必要ありません。また、解約にも制限がないので、必要なときに必要な金額を解約して利用することができます。

iDeCoもつみたてNISAも利点・欠点を十分に確認してから投資するようにしてください。

まとまった資金ができたら個別銘柄にチャレンジ!

積み立て型と違い一気にお金を投資することになりますが、すぐに使う予定のないまとまったお金があるならば株式投資を検討してみましょう。株価にもよりますが、個別銘柄でも10万円台から投資できる銘柄もあります。

株式は短期投資・長期投資どちらもできますが、短期投資はどちらかというと値動きが激しい銘柄、長期投資は値動きが緩やかな銘柄に向いています。短期投資では株式市場をこまめにチェックして売買する必要がありますので、自分の生活スタイルで可能かどうか考えてから行いましょう。長期投資であれば、値上がりによる売却益(キャピタルゲイン)だけではなく、「株主優待」や「配当金」をはじめとするインカムゲインを得ることもできます。

株式投資するならリスクも考える

株式は値上がりして利益を得ることもできますが、値下がりして損するリスクもあります。投資は余裕資金でするようにしてください。株主優待や配当金は永続するものではなく、企業の業績によっては減額やなくなる可能性があります。

また、配当金や株主優待につられて右肩下がりの銘柄に投資しては気づかないうちに大きく損をする可能性もあります。成長期待の大きい銘柄を発見できるように、企業業績や財務諸表、チャートを読む知識を手に入れることも欠かせません。

まとめ

今後、定年は60歳から65歳、さらには70歳まで延長されるといわれていますが、安定した老後のためにも、若いうちから資産形成を意識しておきましょう。

最初は家計の見直しからはじめて、積立投資から個別銘柄への投資と段階を踏むことで、肌感覚で株式投資の魅力と恐ろしさを知ることが期待できます。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。