初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

少額からはじめて投資スキルを磨ける「ミニ株」とは

少額からはじめて投資スキルを磨ける「ミニ株」とは

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★☆☆☆

単元株が設定されている日本の株式市場では、上場投資信託(ETF)など一部の商品を除いて100株単位での取引となり、個別株投資をはじめるにはまとまった資金が必要です。そこで注目したいのが、株式ミニ投資(ミニ株)です。

今回は、ミニ株でできること・できないことをおさらいしてみましょう。

単元株未満で取引できる「ミニ株」の魅力

株式ミニ投資(ミニ株)とは、一部証券会社が提供している単元株の10分の1から株式を購入できる仕組みです。ミニ株制度を活用することで、誰もが知っている大企業でも比較的少額で投資できるようになります。

投資資金やリスク管理の経験に乏しく、積極的にリスクを取れない投資初心者にとって、ミニ株投資は魅力的な投資方法です。

保有株数に応じて配当金も受け取れる

ミニ株投資の魅力として、通常の単元株と同様に保有株数に応じて配当が受け取れることが挙げられます。

また、投資している銘柄が株式分割をすれば、保有株数に応じた割り当てがあるなど、通常の単元株と同様の権利を得られるのも魅力です。

約定のタイミングが単元株と違う

株式取引は時価での取引が基本ですが、ミニ株では注文日の翌営業日の始値で注文が成立します。ミニ株投資はリアルタイムの注文ではない点に注意が必要です。

証券会社によっては取り扱いがない

証券会社によっては、ミニ株投資の取り扱いがないことがあり、取り扱いがあっても手数料水準や売買受付時間等も異なることは珍しくありません。

ミニ株投資を考えているなら、口座開設をしている証券会社で取り扱いがあるかや、どのようなサービスを提供しているか事前リサーチは必須です。

少額からでも株主になれる

単元株には足りない投資資金しか用意できなくても、ミニ株投資を活用すれば配当金などの株主の権利を持つことができます。

少額の投資資金でも株主としての経験ができるのは、投資初心者からのステップアップに役立つことが期待できます。

投資経験を積むのに役立つミニ株投資

株式取引に慣れるためには、実際に株式取引をするのが近道です。少額から実際に投資経験を積めるミニ株投資は、投資初心者にとってうってつけの投資方法といえるでしょう。

まとめ

少額の資金でも投資できるミニ株投資は、配当金や株式分割時の割り当てなど、株主の権利も担保されているので、投資経験に乏しい投資初心者こそ積極的に利用したい仕組みです。

株式投資がどのようなものかを実地で知るためにも、ミニ株投資は魅力的な選択肢の一つと言えるでしょう。

» 投資初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。