初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

主幹事証券会社とは何なのか?新規株式公開(IPO)投資で気になる言葉

主幹事証券会社とは何なのか?新規株式公開(IPO)投資で気になる言葉

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

IPO(新規公開株)への投資は、大きな利益を得られる可能性が比較的高いことから人気があります。ただ、通常の売買とは異なる仕組みのため、耳慣れない言葉もたくさん出てきます。そのひとつが「主幹事」でしょう。

主幹事証券会社とは、会社が上場する際の幹事証券会社の代表です。IPO銘柄を効率よく手に入れるために、絶対におさえておくようにしましょう。

幹事証券会社とは?

幹事証券会社とは、ある会社が新規上場をするときに、その準備や審査対応、アドバイス等をおこなう証券会社です。上場が承認されると、売出し株式の引き受けや公募価格の仮条件を決定するなど、IPOで重要な役割を果たしています。幹事証券会社が複数あると、そのうちの1社が代表として主幹事証券会社を務め、残る証券会社が「幹事証券会社」となります。

幹事証券会社以外で、IPO銘柄の売り出しを引き受ける証券会社は「引受証券会社」と言います。引受証券会社は幹事証券会社と一緒になってIPO銘柄を引き受け、より幅広い投資家に対して売り出すことができるようになります。

幹事になることができる証券会社は限られている

幹事証券会社は、IPOにあたって投資家のリスクに関わるさまざまな業務を担うため、どの証券会社でも務められるわけではありません。

金融商品取引法では、主幹事証券会社を務められるのは30億円以上の資本金、引受証券会社になるには5億円以上の資本金の証券会社と定められています(※施行令第15条の7)。そのため、幹事証券会社は大手の証券会社に集中しています。

IPO投資では主幹事から申し込むのがセオリー

主幹事証券会社は、IPOにあたって責任が最も重い証券会社であり、引き受け株数が引受証券会社と比べると多いというインセンティブがあります。2017年3月に上場の力の源ホールディングス(3561)を例に見ると、公募株式数100万株のうち、引受証券会社のSMBC日興証券など7社が1万~7万株の範囲で引き受けたのに対して、主幹事を務めた野村證券は82万株を引き受けました。

人気が集中しやすいIPO銘柄は好きな数だけ購入できるわけではなく、ほとんどの場合に抽選方式となります。IPO銘柄を手に入れるためには当選確率を上げることが必要になってくるのです。

少ない株数の証券会社で申し込むよりも多くの株数を持つ証券会社で申し込みをするほうが当たりやすいため、IPO抽選で当選確率が最も高いのは主幹事証券会社から公募に申し込んだときだと考えられます。IPO投資では、主幹事を務める証券会社から抽選を申し込むのがセオリーだということを覚えておきましょう。

主幹事を務めることが多い証券会社5社

主幹事を担当することが多い証券会社には、野村證券・大和証券・みずほ証券・SMBC日興証券・SBI証券の5社が挙げられます。ここ数年、この5社で9割程度のシェアを持っているので、IPO投資をする場合はこの5社の証券口座を検討することになるでしょう。

ただし、IPOで売り出される銘柄がどのように配分するかは各社で異なります。すべて平等に抽選で配分されるわけではなく、対面型を中心とする証券会社では大半が「お得意さま」へ個別配分されていることもあるようです。

その点、個人投資家に有利なのはSBI証券です。明確に何%と公表されてはいませんが、売り出す株式の半分程度がネットでの抽選申込みに割り当てられているのです。さらに、当選確率をアップすることができるサービスもあるため、IPO当選には欠かせない証券会社です。

同時期に同程度の評価ができるIPO銘柄が複数ある場合、SBI証券が主幹事を務めている方を選んでSBI証券で抽選申し込みする方が、当選確率が上がる可能性があります。

複数口座から申し込む場合は余力と相談

IPO当選確率を上げるためには、複数の証券口座から申し込むというテクニックもあります。しかし、購入に30万円必要なIPO銘柄を5社から申し込むためには、150万円分の余力が必要になります。

余力が無ければほとんどの証券会社では抽選対象から外されてしまうので、資金が足りなければ、主幹事証券会社での申し込みに絞りこむようにしましょう。

主幹事によって上場する会社の規模に差があることも

主幹事証券会社にる銘柄の選び方はそこまで大きな差はありません。「○○証券会社が主幹事だから初値が公募価格を下回りやすい(公募割れしやすい)」ということはないでしょう。

過去のIPOでは、投資家より証券会社や既存株主の利益が追求されたのでは?と疑われたケースもありますが、それは証券会社というよりも担当者による問題だと考えられます。

ただし、最大手の野村證券は規模が大きい会社の上場案件を引き受けるケースが多く見られます。規模が大きいと、その分だけ売り出し株数も大きくなり、初値が何倍にもなるようなケースは格段に少なくなります。

まとめ

主幹事証券会社は、最も多くIPOの割り当てを持つ証券会社であり、主幹事証券会社からIPOの申し込みをすることで、IPOの当選確率を少しでも上げることができるのです。

主幹事証券会社を務める証券会社は対面証券が中心となるため、IPO投資を真剣に検討しているなら主幹事証券会社の実績が多い証券会社の証券口座は開設しておくことをおすすめします。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。