初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

投資初心者が知っておくべきネット証券のメリットとデメリット

投資初心者が知っておくべきネット証券のメリットとデメリット

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

株式投資の初心者は、ほとんどの人がネット証券で口座開設をしています。個人投資家が株式投資で成功するためには、ネット証券をフルに活用することが大切です。

今回はネット証券のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

取引でのメリット:手数料が安い

ネット証券の一番のメリットは、株式投資を売買するたびにかかる「取引手数料」をはじめとする各種コストが非常に低く設定されていることです。

投資資金が少額の個人投資家にとっては、コストが高いと取引をしても利益が残りません。低コストな分、ネット証券で取引をする方が利益を出しやすくなるのです。

取引でのメリット:好きな時間に取引できる

ネット上で売買注文を入れられるネット証券は、注文時間が非常に長くなります。取引システムが稼働している時間なら、夜遅くまで仕事をしてからでも翌日分の注文を入れておくことができます。

また、スマートフォン用の取引アプリが提供されていれば、外出先でもすぐに注文できるのもメリットの一つ。重要なニュースを見て、即座に注文を入れてチャンスを逃さずに済むこともあるでしょう。

取引以外のメリット:手続きはほとんどネットで完結

ネット証券は、取引も含めたほぼ全ての手続きをネットで完結させることができるのもメリットの一つです。

口座開設時に必要な本人確認書類も、アップロードでの提出に対応している証券会社も増えています。ただ、口座開設の通知は犯罪防止などを目的に本人がその住所に居住しているかを確認するため、必ず郵送されます。また、通常は郵送される報告書類もウェブでの受け取りが可能です。

ネット証券の取引以外のメリット:営業担当者のセールスがない

ネット証券は、それぞれの投資家に対して営業担当者はつけられません。だからこそ、人件費がかからない分だけコストを抑えることができています。

営業担当者がいないので、新規株式公開(IPO)や新規設定される投資信託の営業電話がかかってくるわずらわしさがないのもネット証券のメリットと言えます。

ネット証券のデメリット:アドバイスを受けることができない

コスト削減が進んでいるネット証券は、その分サポートやアドバイスがないのがデメリットでもあります。もちろん、「営業担当者は証券会社のためになるものしか営業してこない」と考えるのであれば、デメリットではありませんが、一般的にはどう考えられるかといったレベルの質問をする相手もいないということでもあります。

基本的に株式投資に関する情報は、全て自分で入手して調べなければならないということを理解しておきましょう。

ネット証券のデメリット:情報の選別が難しい

株式投資では情報収集が重要であり、ネット証券でも個人投資家の情報収集をサポートを目的に、ホームページ上に個別銘柄の株価やチャートだけでなく、大量のニュースなどの膨大の情報を掲載しています。

しかし、投資初心者には、大量の情報に飲み込まれて、かえってどうすればいいかを判断できなくなってしまうこともあるでしょう。自分で必要な情報を選別できるようになるまでは、情報が多すぎることがデメリットにもなるということに注意しましょう。

まとめ

ネット証券は、投資資金があまり多くない個人投資家にとっては強い味方であり、投資初心者には特におすすめしておきたいところですが、使いこなすためにはある程度の投資経験が必要となります。

株式投資に関する知識を早く身につけ、自分で必要な情報を判断することができるようにすることも大切です。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。