初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

低位株・ボロ株とは?そのメリットとデメリット

低位株・ボロ株とは?そのメリットとデメリット

たじりひろこ
たじりひろこ
記事の難易度:★★★☆☆

低位株やボロ株に投資して儲ける」という話を聞くことがあります。この「低位株」「ボロ株」とは一体どのようなものであり、取引にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

今回は低位株・ボロ株に投資するメリットやデメリットをご紹介します。

低位株・ボロ株ってどのような株のこと?

低位株・ボロ株と呼ばれていますが、きちんとした定義があるわけではありません。よく言われているのが、「低位株は1株あたり300円から500円程度の銘柄」で、「ボロ株は1株あたり100円以下の銘柄」がざっくりとした区分と言われています。

低位株・ボロ株は、他の上場株式と比べて株価が非常に低くなっていますが、同じ低価格帯の銘柄でも好業績や成長期待に反して人気が出ていない「割安株(バリュー株)」とは違います。低位株・ボロ株への投資を考える時は、なぜここまで株価が低いのかという理由を知る必要があります。

低位株・ボロ株になっている?その理由とは?

株価の低さには業種も関係します。同業他社が多い業種やすでに成長している業種は、株価が低くなる傾向があります。

例えば、「銀行」は低位株がとても多い業種です。都市銀行から地方銀行まで上場企業数が多いため、投資対象が分散して株価が低く抑えられることが考えられます。また、目新しい材料が出にくいことも影響しているでしょう。銀行以外には「海運」や「繊維」、「鉄鋼」分野も、業種としては安定しているものの、業績が大きく成長するのは難しいと思われているため、低位株が多くなる傾向があります。

では、ボロ株についてはどうでしょうか。こちらは業績悪化の影響を受けて株価が下がっているところほとんど。仮に投資をするのであれば、これまでの業績や現在の財務内容、今後の見通しを見てから投資するのが賢明です。

大きな単位で売買できる低位株・ボロ株

低位株やボロ株に投資するメリットは、やはり大きな単位の取引ができることに尽きるでしょう。比較的少ない投資資金でも大きな単元を保有できる低位株やボロ株は、少しの値動きで大きな利益を狙うことができます。これを狙って低位株・ボロ株を専門にしている投資家もいるくらいです。

そこまで大きな単位を持たずに、分散投資でリスク回避を狙って、1単元から10単元程度で低位株・ボロ株ばかりをたくさん持つ投資家もいます。

短期売買に利用される低位株・ボロ株

低位株・ボロ株を好んで売買する人のほとんどが短期売買も好む人たちです。ボロ株は少数の投資家が大量の株を持つことができるので、業績に関係なく株価が動く仕手株の対象になることが珍しくありません。

投資対象として低位株・ボロ株はあまりおすすめできませんが、市場が開いている間ずっと株価のチェックができる人やマネーゲームに参加してみたいのであれば、低位株・ボロ株を探すのがもっとも手っ取り早いといえます。

低位株・ボロ株の売買にデメリットはある?

値動きが大きく、短期間で利益を得ることもできる低位株・ボロ株ですが、デメリットもあることも忘れてはいけません。

低位株・ボロ株は業績が良くないからその価格で取引されているのであり、短期売買を狙って大量保有していても売り時期が見つからないというリスクがあります。特にボロ株は上場廃止や経営破たんで無価値になることも想定しておかなければなりません。株価だけではなく、会社の動向にも注意を払っておきましょう。

そして何よりも、低位株・ボロ株は仕手筋のターゲットにされることが多々あります。値動きが魅力的だからと気軽な気持ちで手を出しても、よほどのことがない限り大損をするだけです。明らかに業績と連動しない値動きがはじまったら、仕手筋の関与を疑いましょう。

大損しないためにできることとは

低位株・ボロ株の投資を考えるならば、なるべく経営が安定している会社を探す必要があります。会社四季報やヤフーファイナンス等を使い、最新の情報を得るようにしてください。

低位株・ボロ株に限らず、株式市場ではいつどのような変化が起こるか分かりません。変化があれば、すぐに売却できるように体制を整えておきましょう。

まとめ

低位株・ボロ株は、大量保有し短期売買で利益を得ることができるという魅力があります。しかし、同時に倒産リスク、マネーゲームに巻き込まれるリスクもはらんでいます。投資する時は、このリスクも確認した上で行うようにしましょう。

初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。