株の教科書.com

0

銘柄選び:低位株・ボロ株のメリット・デメリット

銘柄選び:低位株・ボロ株のメリット・デメリット

株の知識レベル:★★★☆☆

「低位株やボロ株に投資してもうける」という話を聞くことがあります。

この「低位株」「ボロ株」とは一体どのようなものなのでしょうか。そして、誰でも簡単にもうけることができる株式なのでしょうか。

注意しないといけない点がないのかも非常に気になります。今回は低位株・ボロ株に投資するメリットやデメリットをご紹介します。

低位株・ボロ株ってどのような株のこと?

低位株・ボロ株と呼ばれていますが、きちんとした定義があるわけではありません。よく言われているのが、

  • 低位株=500~300円程度の株
  • ボロ株=100円以下の株

という区別です。

低位株・ボロ株は、他の上場株式と比べて株価が非常に低くなっていますが、これは業績がいい、もしくは期待できる割にまだ人気が出ていない「割安株」とは違います。

低位株・ボロ株への投資を考える時は、どうしてこんなに株価が低いのかという理由をきちんと分かってから行わなければなりません。

次はどのような株が低位株・ボロ株になっているのかについて、さらに詳しく見ていきたいと思います。

どうして低位株・ボロ株になっている?その理由とは?

低位株・ボロ株が割安株と違うことは先述しました。ではなぜ株価が非常に低くなっているのでしょう。

株価の低さには業種も関係します。同業他社が多い業種、すでに成長している業種は株価が低くなる傾向があります。

例えば、「銀行」は低位株がとても多い業種です。

都市銀行から地方銀行まで上場企業数が多いため、投資対象が分散されて、株価が低く抑えられてしまうことが考えられます。

また目新しい材料が出にくいことも影響しているでしょう。

他には「海運」や「繊維」、「鉄鋼」分野も、業種としては安定しているものの、業績が大きく成長するのは難しいと思われているため、低位株が多くなっています。

では、ボロ株についてはどうでしょうか。

こちらは業績悪化の影響を受けて株価が下がっているところが多くなっています。

今までの業績や財務内容、今後の見通しを見てから投資するのが賢明です。

大きな単位で売買できる低位株・ボロ株

大きな単位で売買できる低位株・ボロ株

低位株やボロ株に投資するメリットですが、やはり大きな単位の取引ができることに尽きるでしょう。

投資資金を100万円持っている場合、株価1000円の株式は1000株しか買えませんが、株価100円の株式ならば1万株も買うことができます。

低位株やボロ株は、大きな単位で保有することで少しの値動きで利益を得ることもできます。これを狙って低位株・ボロ株を専門にしている投資家もいるくらいです。

またそこまで大きな単位を持たずに、小さい単位(1000~2000株)で低位株・ボロ株ばかりをたくさん持っているという投資家もいます。分散投資でリスク回避といったところでしょう。

短期売買に利用される低位株・ボロ株

低位株・ボロ株を好んで売買する人のほとんどが短期売買も好む人たちです。

特にボロ株は業績に関係なく株価が動く仕手株にされることが多くあります。

少数の投資家が大量の株を持つことができるので、投資家の思惑をそのまま株価に反映させることが可能です。

株式投資の初心者には全くお勧めできませんが、市場が開いている間ずっと株価チェックができる人、マネーゲームに参加してみたいという人は低位株・ボロ株から銘柄を探してみるのもいいかもしれません。

低位株・ボロ株の売買にデメリットはある?

値動きが大きく、短期間で利益を得ることもできる低位株・ボロ株ですが、デメリットもあることも忘れてはいけません。

これらの株式は業績があまり良くないことも多いため、株価が期待よりも上がらない可能性もあるのです。

短期売買を狙って大量保有していても売り時期が見つからないということもあるので注意してください。

また、ボロ株ですが、最悪の場合は経営破たん、上場廃止で株券が無価値になることも想定しておかなければなりません。

上場廃止してしまったら、いくらかの損ではなく、投資した金額が全く戻ってこなくなります。株価にも会社の動向にも注意を払っておきましょう。

そして、前述もしましたが、低位株・ボロ株は仕手筋のターゲットにされることが多々あります。

値動きが魅力的だからと気軽な気持ちで手を出して大損をしてしまったでは、元も子もありません。

株式投資初心者は、仕手筋が買いを始めたら、すぐに手を引く方がいいのではないでしょうか。

大損しないためにできることとは

低位株・ボロ株の投資を考えているならば、どの銘柄を選ぶかは大事です。

なるべく経営が安定している会社を探す必要があります。

会社四季報やヤフーファイナンス等を使い、最新の情報を得るようにしてください。

そして、投資した後は、毎日株価チェックを行うようにしましょう。

安定している会社を選んだからと言っても、低位株・ボロ株はいつどのような変化が起こるか分かりません。

変化があれば、すぐに売却できるように体制を整えておきましょう。

まとめ

低位株・ボロ株は、大量保有し短期売買で利益を得ることができるという魅力があります。

しかし、同時に倒産リスク、マネーゲームに巻き込まれるリスクもはらんでいます。

投資する時は、このリスクも確認した上で行うようにしましょう。

証券会社で営業・窓口職を4年ほど経験。
営業経験談・苦労話・面白話なども沢山持っています。4歳と1歳の子育て中です!
総合評価
(0)
Pocket