初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

サヤ取り投資のメリット・デメリット

サヤ取り投資のメリット・デメリット

株の知識レベル:★★★★★

信用取引の手法で「空売り」「信用買い」はよく知られています。では「サヤ取り」はどうでしょうか。投資初心者の人にはなじみがない言葉かもしれません。
このサヤ取りを覚えておけば、投資手法のバリエーションが広がります。今回はサヤ取り投資とはどういうものか、そしてメリットやデメリットについてもご紹介します。

サヤ取りとはどういう取引のこと?

サヤ取りとはどのような取引のことなのか詳しく見ていきましょう。
まず通常の信用取引ですが、投資する銘柄の株価が今後下落すると思えば「空売り」して、下がった後に買い戻します。反対に上昇すると思えば「信用買い」して、上がった後に売ります。反対売買した後の差額で利益を得るものです。
一方、サヤ取りは、似たような値動きの銘柄を組み合わせ、2つの銘柄の株価に差(サヤ)が出たところで、上昇している銘柄を空売りします。そして、同時に下落しているもう1つの銘柄を信用買いします。その後、サヤが縮小されるタイミングで反対売買を行い、利益を狙うのです。

サヤ取りする銘柄の選び方について

「似たような値動きの銘柄を組み合わせる」と言いますが、銘柄の選定方法はあるのでしょうか。
自分で株式市場を観察し、本・雑誌も使って丹念に銘柄選びをする、という方法でもできますが、効率が悪すぎます。サヤ取りをする人の多くは専用のパソコンソフトを使って銘柄を選定し、取引をしています。ソフトによって多少の違いはありますが、ペアにする銘柄や空売り・信用買いのタイミング、反対売買のタイミングまでもアドバイスしてくれるのです。
サヤ取りアドバイスのソフトは、商品によって価格も違いますし、サービス内容も違います。もちろん、使い勝手も大事でしょう。詳細は投資情報会社のサイトで紹介されていますので、サヤ取りをしてみたい人は参考にしてください。

サヤ取り投資をすることで何ができる?

サヤ取りの最大のメリットは「リスクヘッジ」です。
どうしてリスクヘッジができるのか、簡単な例を挙げてみます。順を追って見ていきましょう。

  • 4月1日…銘柄A、Bともに株価は800円
  • 4月5日…銘柄Aの株価が1,000円、銘柄Bの株価が700円に変動(サヤが発生)。同日、Aを空売り、Bを信用買い
  • 4月30日…銘柄A、Bともに株価が800円に戻る(サヤの縮小)。同日、反対売買

損益は、

  • 銘柄A…1,000円で空売り、その後800円で買い→200円の利益
  • 銘柄B…700円で空売り、その後800円で買い戻し→100円の損失

銘柄Bの取引だけならば100円の損失でしたが、銘柄Aのおかげで相殺され、100円の利益が出せたことがお分かりいただけると思います。

リスクヘッジだけではない!サヤ取りのメリット

リスクヘッジはサヤ取りの大きな魅力です。しかし、サヤ取りのメリットはこれだけでなく、他にもあるのです。
サヤ取りをしていれば、市場が開いている間に株価チェックする必要がなくなります。信用買い・空売りどちらかのみの取引(片張り)の場合、タイミングが来たらすぐに反対売買をしなければ利益を得ることができない場合があります。そのため、機会を逃さないようにずっと株価の動きを見ているという人も多いようです。
逆にサヤ取りはサヤが縮小した時点で反対売買をすればよいので、日中株価を観察する必要がありません。一日一回程度、株価をチェックし、サヤが縮小していないか確認すればいいので、忙しくて信用取引を諦めた人にも最適な投資手法です。

注意点もある?サヤ取りのデメリット

注意点もある?サヤ取りのデメリット

リスクヘッジもでき、株価チェックも最小限でいいため、サヤ取りはメリットばかりのように思えますが、デメリットもあります。
最大のデメリットは短い間に大きな利益を得ることが難しいことでしょう。空売り株で儲けが出ても、反対の信用買い株で損をする可能性は高くなります。複数の銘柄の損益を相殺して利益を狙っていくので、どうしてもコツコツと利益を積み重ねていく取引になります。「一度に大儲け」をしたい人には向いていません。
また、信用取引は空売り・信用買いから6カ月以内の反対売買が必須です。6カ月以内に利益が出そうになくても反対売買をしなくてはいけません。いくらリスクヘッジができるとはいっても、大損を出す可能性もゼロではないことは覚悟しておきましょう。
また、簡単に銘柄選びができないのもデメリットの一つです。専用ソフトをそろえる初期投資も必要なため、始めるのが難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

資金面のこともお忘れなく!サヤ取りのコストについて

現物株取引、通常の信用取引のように雑誌やインターネットの情報だけで銘柄を探すのは非常に困難なため、サヤ取りの銘柄選定には専用パソコンソフトが必要です。有益な情報は有料で提供されていることがほとんどのため、このソフトを購入する資金も準備しておかなければいけません。
そして、同時に2つの銘柄を信用取引することになりますので、証券会社に支払う手数料も2銘柄分、銘柄によっては品貸料や逆日歩の金額も準備してください。
資金に余裕を持った状態で投資することをお勧めします。

まとめ

サヤ取りは、信用取引をしてみたいが大損が怖い、少しずつ利益を積み増していきたいと考えている人に非常にマッチした投資手法です。また、株価をずっとチェックする必要もないため、超短期よりも短期~中期的に投資をしたい人にも向いていると思われます。信用取引をするならば、ぜひサヤ取りも取り入れることをあわせて考えてみてください。

総合評価
(0)

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。