初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

初心者が知っておくべき、対面証券のメリット・デメリット

初心者が知っておくべき、対面証券のメリット・デメリット

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★☆☆☆☆

これから株式投資をはじめようと考えている人の多くは、「ネット証券で口座開設するから、大手の対面証券の口座は必要ない」と感じているでしょう。それでも、対面型の対面証券を利用するメリット・デメリットも知っておくに越したことはありません。

今回は、対面証券で口座開設をするメリット・デメリットについて見てみましょう。

対面証券のメリット:担当者がつく

対面証券では、口座開設した人に顧客の投資家に金融商品の紹介や情報提供をする担当者が付くことがあります。大手証券会社では、担当者も業界に精通しているので情報も非常に豊富であり、情報収集の手間が省けるのはメリットと言えます。

対面証券のメリット:有利な商品を紹介してくれることがある

担当者は金融商品も紹介してくれますが、その中には高い確率で利益が得られる商品が含まれていることもあります。よく知られているところでは、新規公開株(IPO)があります。

IPOで主幹事証券を務めていれば、株式の割当数が多くなるため、IPOの当選確率は高くなります。そのため、抽選で株を手に入れられる可能性を高めるために、対面証券にも口座開設している個人投資家もいます。

対面証券のデメリット:担当者の営業がある

対面証券のデメリットは、担当者がつくことで営業があることです。担当者も重点的に販売するべき商品やノルマがあり、会社の方針で商品をすすめてくることがほとんどです。

もちろん、最終的に投資するかどうかを判断するのは投資家本人であるため、損失を出しても自己責任です。担当者が営業する商品は話をうのみにするのではなく、良いものかどうかを自分の目で客観的に判断できるようになっておく必要があります。

対面証券のデメリット:担当者のレベル差がある

担当者についてのもう一つのデメリットは、「担当者によってレベルの差がある」ことです。証券会社の営業担当者によっては、業務に追われるあまり、担当している投資家よりも知識が乏しいこともあります。

また、知識を「自分の成績をあげるため」にフル活用している担当者も珍しくないので、担当のレベルにかかわらず、適切な取引ができるように気を付ける必要があります。

対面証券のデメリット:手数料が高い

対面証券は対面型サービスを提供するために、店舗や店舗を運営する人など、少なくないコストをかけています。これらのコストをまかなうため、ネット証券と比べると取引手数料は高止まりしています。

個人投資家にとって、高い手数料はデメリットでしかなく、少額で株式投資するには対面証券は適していないと言えます。

対面証券のデメリット:すぐに注文できない

対面取引やコールセンター取引では、店舗やコールセンターの営業時間内でないと注文を受け付けてくれません。そのため、素早い取引には向かない取引方法と言えます。

対面証券の中には、オンライン取引を提供しているところもあるので、すぐに注文をしたいなら、口座開設を検討してもよいかもしれません。

まとめ

投資初心者には明確なメリットに乏しい対面証券ですが、IPO投資の成功率を高めたいなどの明確な目的があるなら、対面証券の口座開設が必要になることがあります。

失敗しない口座開設のためにも、対面証券のメリット・デメリットを踏まえて、必要な取引ができる対面証券での口座開設を考えましょう。

» 投資初心者にもわかる株の買い方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。