初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株に向いてないからFXを始めるのは正解か?

株に向いてないからFXを始めるのは正解か?

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★☆☆☆

さまざまな方法がある資産運用ですが、人によって向き・不向きがあり、中には株式投資には向いていないと自覚している人もいるかもしれません。しかし、「株式投資には向いていないけれども、外国為替証拠金取引(FX)には向いている」という人はまずいません。

今回は、株式投資には向いていないけれども、外国為替証拠金取引(FX)には向いているという人がなぜいないのか、その理由を見てみましょう。

株式投資に向いていない理由はなにか?

自分のことを「株式投資に向いていない」と言う人は、そのほとんどが株式投資で利益を出せていない人です。その理由として、「株式投資の銘柄選びで失敗している」というものや、「投資できる金額が多ければ、買える銘柄が増えて勝てるはずだ」といったものが考えられるでしょう。

実は、FXは株式投資に比べてハイリスクな取引になりやすく、「株式投資よりもFXが向いている」と考えるのはとても危険です。

FXはレバレッジが利く分だけリスクが高い取引

大きなレバレッジを利かせることができるFXでは、より少ない資金で大きな利益を出すことができるように思えます。実際、株式投資では信用取引で約3倍という株式投資のレバレッジと比べて、FXのレバレッジは最大25倍と非常に高くなっています。

25倍のレバレッジを効かせていると、1%の変動が25%の値動きを生むことになります。高レバレッジの取引では、一度の損失で資産の多くを失う原因になるのです。

FXは取引ルールも複雑

FXは株式投資よりも取引ルールが複雑なこともリスクを高める理由です。特にレバレッジを利かせた取引をしているときには、取引ルールを理解していないと命取りになるリスクがあります。

FXには巨額の損失から投資家を守るため、一定の証拠金率を下回ると取引が強制的に決済される「ストップロス(ロスカット)」というルールがあります。これは、信用取引の強制決済に似たルールですが、より大きなレバレッジをかけられるFXでは、ロスカットの確率は高くなります。

FXは通貨ペアを選ぶだけなので自由度は低い

FXでは通貨ペアを選んで取引するだけで、株式投資のように日本国内に限っても4,000あまりの個別銘柄から投資するものを選ぶような複雑さはありません。

また、取引量が多い通貨ペアに絞ると、「ドル/円」や「ユーロ/円」に限られるなど、通貨ペアの選択の自由もないと考えることもできます。このように、FXは取引の自由度が意外と低いのもネックです。

為替レートを動かす原因が非常に多い

FXでは2か国間の通貨を扱うため、少なくともその2カ国についての情報を仕入れる必要があります。より詳細な予測をするのであれば、世界の政治・経済の動静にも注意を向ける必要があります。

株式投資なら、その会社自身の成長性を見いだすことができれば、少なくとも「持ち続ける」という判断ができます。ある時点での決済が求められるFXと比べると、株式投資はこれだけでも有利と言えます。

値動きが気になる人には難しい

株式投資で場中の値動きが気になるなら、FXには間違いなく向きません。為替レートは常に変動しているため、値動きが気になって仕方なくなります。

これでは、仕事にもプライベートにも悪影響しかありません。資産運用はあくまで普段の生活があってのもの。取引時間が限られる株式投資でも値動きが気になるなら、FXには絶対に手を出すべきではありません。

まとめ

このようにさまざまな理由から、「株式投資に向いていないからFXを始める」のは間違いだと言えます。

株式投資に向いていないと思ったとしても、他の投資を考える前に、なぜ株式投資でうまくいかないのかを考えましょう。そして、どうすれば利益を出せるようになるのかを考えていく方が、投資で成功する近道だと考えます。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。