初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

株式市場を荒らすだけ?「ヘッジファンド」はどういう存在なのか

株式市場を荒らすだけ?「ヘッジファンド」はどういう存在なのか

横山研太郎
横山研太郎
記事の難易度:★★★☆☆

株式市場に大きな影響を与える存在であるヘッジファンドは、その影響力の大きさと比べるとその実態は驚くほど知られていません。

ヘッジファンドの仕組みや影響力の知らずに株式投資をすることは、株式市場の動向を見誤ることにもつながりかねません。今回は、ヘッジファンドがどういうものなのかを見てみましょう。

ヘッジファンドはどんな投資をするグループか

ヘッジファンドとは代替投資(オルタナティブ投資)の一種であり、株式や債券などに限らず、金融派生商品をはじめとする金融商品に金融工学(クオンツ)に基づく投資戦略で投資をすることで、どのような相場環境でも運用収益を狙う機関投資家です。

ヘッジファンドは暴落局面でも利益が出る金融商品にも投資することで、損失を限定するだけではなく、利益を追求するのが特徴です。

ヘッジファンドの投資対象は幅広い

どんな状況でも利益を出すことができるようにするため、ヘッジファンドは株式や債券に限らず、不動産や商品、先物など多様な金融商品に投資します。

その対象には先物取引やオプション取引などハイリスク・ハイリターンなものも含まれ、積極的に利益を追求する姿勢の表れとも言えます。この点で株式や債券だけにしか投資できない投資信託とは大きな違いがあります。

個人投資家がヘッジファンドに投資できるのか

基本的に個人投資家はヘッジファンドに投資することはできません。多くの投資家から資金を集めると、規制にかかり、どんな状況でも利益を出すための自由な取引ができなくなってしまいます。

ただ、最近では「ヘッジファンドを投資対象とする投資信託」も登場しているので、間接的に個人投資家もヘッジファンドに投資できる環境が整いつつあります。

ヘッジファンドでも必ず利益をあげられるわけではない

ヘッジファンドは非常に高度な投資手法を駆使して資産を運用していますが、常に安定した利益を出しているではなく、ファンド運用者(ファンドマネージャー)の投資戦略の誤りによって大きな損失を出すことも珍しくありません。

市場の暴落局面で一部のヘッジファンドが大きな利益を出すとそのヘッジファンドは注目を集めますが、その一方、大きな損失を出したことが報じられることも珍しくありません。

市場への影響力が大きいヘッジファンド

個人投資家レベルではヘッジファンドの取引の影響を感じる機会はほぼないものの、その存在は無視することはできません。ヘッジファンドの投資戦略や取引内容によっては、株式市場そのものに影響することもあるからです。

実際に過去にはヘッジファンドの投資戦略の崩壊をきっかけとした金融危機も起きています。市場の注目を集めるヘッジファンドがどのような投資戦略を採用しているかを知ることは、利益追求やリスク回避の一環として欠かせません。

株式市場の活性化には必要不可欠なヘッジファンド

ヘッジファンドはどのような相場でも利益を出すことを目標としています。そのため、暴落局面での値下がりを増幅する役割が大きく、批判を受けています。

その反面、暴落局面で積極的に買い向かうヘッジファンドもあるなど、一概に悪い存在とも言い切れません。ヘッジファンドが活発に取引することで、相場に一定の流動性が生まれるとも言えるのです。

まとめ

個人投資家には直接的な関係はないと思われるヘッジファンドですが、こうして見てみると、金融市場の中で大きな存在感を持っていることがわかります。

自分には関係ないからと考えるのではなく、どのように動いてくるのかを理解して、投資戦略を考えるようになっておきたいものですね。

総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。