初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

今後の予測を立てるのに便利な移動平均線

今後の予測を立てるのに便利な移動平均線

徳田陽太
徳田陽太
記事の難易度:★★★☆☆

個別銘柄の分析手法には、経済の基礎的要件(ファンダメンタルズ)から分析するファンダメンタルズ分析と、チャートのテクニカル指標を参考にするテクニカル分析に分けられます。

テクニカル分析に欠かせないのが移動平均線です。そんな移動平均線ですが、実際の分析ではどのように使うのでしょうか。

今回は、移動平均線の基礎知識と、具体的な利用方法について確認していきましょう。

終値平均の折れ線グラフである「移動平均線」

テクニカル指標としての移動平均線とは、一定期間中の終値平均をチャート上にプロットすることで折れ線グラフにしたものです。

代表的な25日移動平均線であれば、25日間の終値を結んでチャート化します。A社の25日間の終値平均が500円だったとします。このような場合には、終値平均の500円を25日目に記入する訳です。

次に記入するのは、2日目から26日目までの平均値、3日目から27日目までの平均値…と繰りかえすことで、移動平均線が作成できるのです。

移動平均線は短期、中期、長期で使い分ける

移動平均線には25日移動平均線から200日移動平均まで、採録期間によってさまざまな移動平均線があり、それぞれ異なる特徴を有します。大ざっぱにまとめると、採録期間が短いほど短期間の、長くなるほど長期間の値動きを把握するのに向いているといえます。

移動平均線の算出方法は大きく3種類に分けられる

移動平均線の算出方法は、単純移動平均(SMA)と指数平滑平均(EMA)、加重移動平均(WMA)の三つに分けられます。

最も直近の価格に重点を置くのがEMAであり、直近の価格に近いものほどチャートに影響力を持たせるように計算式を設定しているので、比較的近い将来起こりうるトレンドの把握に優れています。

どのタイミングの価格を重視するかで使い分ける

移動平均線の算出方法によってその結果も微妙に異なるため、使い分けが必要です。初心者には直近価格に重点を置いたWMAかEMAがおすすめですが、特段、こだわりがなければトレンドをつかみやすいEMAが良いでしょう。

ローソク足との関係性からトレンドを判断する

基本的に、移動平均線の上にローソク足があれば強気のシグナルとなり、移動平均線よりも下にあれば弱気のシグナルになると言われています。

上昇トレンドの下でもできるだけ安値で拾うための判断に、移動平均線が使われるのです。

サポートラインとレジスタンスラインとしての役割

移動平均線は強気相場ではサポートライン、弱気相場ではレジスタンスラインとして機能します。

強気相場と弱気相場で一定のラインを抜けると、それなりのエネルギーがともなっているので、トレンド転換の強いシグナルになるので、注目を集めます。

まとめ

移動平均線はもっとも基本的なテクニカル指標ですが、その使いかたは実に幅広く、場面に合わせた最適な算出方法を理解して利用することが欠かせません。

初心者でも視覚的に判断しやすい移動平均線を、今後の先行き判断に利用してみてください。

» 投資初心者でもわかる株価チャートの見方
総合評価
(0)

証券会社を選んで口座を作ろう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。