初心者でも株の買い方がわかる!株の教科書.com

0

初心者でもわかる株価チャートの種類と見方

株を売買するときの判断基準として株価チャートがあります。チャートの内容は、初めて見る方には何を表しているのか全くといってよいほどわからないと思います。

ただし、相場の流れを読み取り、売買タイミングを見定めることができるチャートは、株取引をするうえで欠かせないとても重要なものです。ここでは、そんな株価チャートの種類や基本的な読み方を理解していきましょう。

チャートの種類と見方

株式投資の基本は「安いときに買い、高い時に売る」。言葉では簡単ですが、実践は難しいものです。株の値段が上がる時、下がる時など、株価の動きを分析するための株価チャートとは、いったいどういうものなのか確認してみましょう。

1 チャートの王道、ローソク足

株価チャートで一番ポピュラーなものはローソク足チャートでしょう。初心者の方でも、一度は目にしたことがあるかもしれません。ローソク足を知って、株売買の精度がアップさせましょう。

2 移動平行線とは?

ローソク足と一緒に覚えておきたい基本的な指標、移動平行線。株価の平均値から大まかな値動きの流れを分析しましょう。

チャートパターンを知っておこう

株価が上がるとき、下がるときには、その傾向がチャート上にパターンとして現れます。ある程度のパターンを知っておくことで、これから株価が上昇するのか下降するのか、おおむねの予想をつけることができます。では、そのチャートパターンにどんなものがあるのか、確認してみましょう。

1 移動平行線から知る、トレンドシグナル

代表的なチャートパターンに、ゴールデンクロスとデッドクロスがあります。どのように見つけたらよいのか、そしてどのように読み取ればよいのか、それぞれの特徴を見てみましょう。

2 ローソク足の基本

ローソク足の基本的なシグナルを見ていきましょう。つつみ線・はらみ線は初心者でもわかりやすい形状で、トレンド転換を読み取る上で重要です。どちらも必ず覚えておくようにしましょう。

3 ローソク足を読み取る

ローソク足は、そのヒゲの付け方でも読み取れることがたくさんあります。また、ヒゲと陽線・陰線の組み合わせによっても意味する動きが変わってくるのです。ローソク足の形状によって異なる読み取りのポイントを学習しましょう。

4 知っておきたいトレンド指標

チャート分析をする際に知っておきたい、いくつかのチャートパターンをご紹介します。複数のローソク足が組み合わさることで、値動きの変化を知ることができます。これらのパターンも基礎知識として確認しておきましょう。

チャート分析に対する考え方

たくさんのチャートパターンを見て、頭が痛くなった方もいるかもしれません。最後に、ローソク足と移動並行性への考え方と、なぜここまでチャートを分析する必要があるのか、という点についても触れておきます。初心者のいまだからこそ、基本的なチャート分析に慣れておくことをおすすめします。

» 株のはじめ方トップへ戻る

証券会社を探そう!

免責事項

株の教科書.com(以下、当サイト)で提供している文章、画像、動画等のコンテンツ(以下、コンテンツ)は、作成時点で得られた情報を元に作成しております。その内容について作成時および未来において正確性、安全性は保証しておりません。

当サイトは投資に関する知識、技術情報の提供を目的としており、特定の銘柄、投資対象、投資行動、運用手法を奨励するものではありません。お客様ご自身の投資に関わる一切の行動につきましては、ご自身の責任の下でご判断ください。投資、資産運用によって発生した損益はお客様ご自身に帰属するものとし、当サイト掲載の情報に基いて発生した損害について一切の責任を負うものではありません。